• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

カタルーニャの住民投票、なぜ認めるべきか

民主主義国家はその統一を当たり前と思ってはならない

  • FINANCIAL TIMES

バックナンバー

2017年10月6日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

(画像:James Ferguson/Financial Times)

 「我々は、彼らが望む映像を与えてしまった」──。

 スペインのある政治家は、同国カタルーニャ州が10月1日に強硬実施した住民投票の日、独立派のデモの参加者を警官が殴打する様子を捉えた映像が報道されたことで、同州の独立派は政治的な勝利を手にしたと言える、と失望した様子で語った(編集部注:カタルーニャ州は、中央政府の強い反対にもかかわらず同日、スペインからの独立を問う住民投票を実施した)

 そうした映像は、カタルーニャ州における独立派に勢いを与え、海外からも独立派の主張に対する共感を高める可能性が高いからだ。

 幸いなことに、死者はまだ出ていない。事態がこのまま沈静化する可能性はある。しかし、スペイン政府は、今回のような独立派をかえってあおるような対応方法を再考する必要がある。

現代国家は合意によってのみ統一を保つべき

 欧州の大半の国家は確かに、暴力によって1つの国にまとめられてきた歴史を持つ。だが、現代の国家は、合意によってのみ統一を保たれるべきである。

 スペイン政府がカタルーニャ州と結んできた合意について、同州の自治権を強化する方向で見直すことはできるはずだ。しかし今回の事態を受け、スペイン政府は最終的にカタルーニャがスペインからの独立を問う住民投票を正式に実施することを認めざるを得なくなる可能性が高まった(編集部注:10月3日、カタルーニャ自治州のプッチダモン首相は、数日以内にカタルーニャの独立を宣言する考えを示している)

コメント7

「FINANCIAL TIMES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官