• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

テスラよりミラージュの方が、環境に優しい?

生産~廃車までのCO2排出量評価が大事、電池大型化は問題

  • FINANCIAL TIMES

バックナンバー

2017年11月17日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米EVメーカー、テスラの量産車「モデル3」のCO2排出量は、生産から廃車までの全ライフサイクルで見て1km当たりに換算すると、一部のエンジン搭載車よりも多くなるという(写真:picture alliance/アフロ)

 三菱自動車の小型車「ミラージュ」は、一見して環境に優しい革新的なクルマには思えない。内燃機関(エンジン)で走り、排気管から排ガスを撒き散らすガソリン車にすぎないからだ。

 しかし、部品の調達から燃料、部品の再利用に至るまで、つまりクルマが誕生する過程から廃車までの全ライフサイクルで弾き出した二酸化炭素(CO2)排出量で見ると、話は違ってくる。発電によるCO2排出量が多い地域で使用すると、米テスラが販売する一部の電気自動車(EV)よりも、エンジンを搭載しているミラージュの方が環境に優しいことになるのだ。

EVだからといってCO2排出量が常に低いわけではない

 米マサチューセッツ工科大学(MIT)のトランシク・ラボの調査によると、米国の中西部でテスラのセダン「モデルS P100D」に乗った場合、ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量を走行1km当たりに換算すると226gになるという(下記の表を参照)。これは、独BMWのエンジンを搭載する高級大型車「7シリーズ」の同385gに比べれば格段に少ないが、ミラージュだとわずか同192gにとどまる。

■EVは本当に環境に優しいのか
クルマの生産から廃車までのCO2排出量(クルマを米中西部で利用した場合)
出所:米MIT トランシク・ラボ/Financial Times

 MITのこのデータは、ノルウェー科学技術大学が昨年発表した研究結果とも一致する。つまり、「ライフサイクル全体で見ると、従来のエンジンを搭載する小型車より大型EVの方がCO2排出量は多い」ということだ。

コメント52件コメント/レビュー

比較してる車格が違うのが間違いと指摘するコメントが多数見受けられますが、内燃機関 vs EVの単純な二元論ならそうかもしれませんが、「環境のためと言って大きなEVに乗るのなら、小さなガソリン車の方が環境に優しくなるかも知れませんよ?」という趣旨であれば正しい比較です。何が何でもEV、と急性的に全てをEVに置き換えることが果たして本当にエコ・フレンドリーなのか?単純な二元論でなく、広く深く考察しなければならないと思います。(2017/12/01 12:50)

「FINANCIAL TIMES」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

比較してる車格が違うのが間違いと指摘するコメントが多数見受けられますが、内燃機関 vs EVの単純な二元論ならそうかもしれませんが、「環境のためと言って大きなEVに乗るのなら、小さなガソリン車の方が環境に優しくなるかも知れませんよ?」という趣旨であれば正しい比較です。何が何でもEV、と急性的に全てをEVに置き換えることが果たして本当にエコ・フレンドリーなのか?単純な二元論でなく、広く深く考察しなければならないと思います。(2017/12/01 12:50)

CO2で温暖化は嘘だ、って主張する人多いですけれど、じゃぁ、海洋酸性化も嘘ですかねぇ。
お魚や貝が今のようには食べられなくなるかもしれないですよ。

大気中のCO2濃度がぐんぐん上昇しているのは間違いない事実なので、そこから目をそらすことはできません。
80年代には0.03%と教わっていましたが、今や0.04%を超えてますからね。
産業革命以前と比較すると1.5倍。

温暖化が嘘とは思いませんが、温暖化以外にも大規模な環境破壊要因になってることは覚えておいた方が良いでしょう。

※まぁ、CO2排出権取引など、とかく欧州発の環境政策には胡散臭いことも多いわけで、懐疑的になるのも分かりますけど。(2017/11/24 11:29)

>(2017/11/20 12:02)樣

>車を買わない=車を作らない=車を使わない=人が減れば解決

よろしい、ならば戦争だ。

それは冗談ですが、現実的で無い解決策を提案するのは無意味です。
我々は先に消費文明を堪能した、これからそこにたどり着く人にはそのうまみを教えず、ただ耐える事だけを強要するのはあまりにも傲慢でしょう。
かといって再生可能エネルギーに頼りすぎるわけには行きません。
どんなに太陽電池を並べても、風力タービンを林立しても、送電線無しには電気は届きません。それらの維持コスト、及び再生可能エネルギーの不安定な効率等も含めて試算するならば、どうしても化石燃料あるいは核によるサポートは切り離せなくなります。
また、先進国の国民が同時に自動車に充電を始めると、あっという間に現状の送電網は容量的に破綻します。「安い夜間電力で充電」なんて普及期には夢のまた夢になります。
高性能電池はリサイクルも非常に困難です(リユースは楽ですが)。
そういったことも含め、この問題は総合的に考えなければいけないのですが、文中にもあるように「排気管が無いからエコ」という短絡思考が蔓延している現状に不安を感じずにはいられません。(2017/11/23 14:20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授