• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

この景色は「嫌だ」と思うことが大切です

ヘンな景観にも素晴らしい景観にも気付かなかった日本人

2015年12月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

バチカンのサン・ピエトロ広場(現状)©Alex Kerr
バチカンのサン・ピエトロ広場(改善)
大型駐車場ができたことによって、実に便利になりました。アスファルトは危険ですから、ご注意ください。(写真とキャプションはいずれも『ニッポン景観論』より引用) ©Alex Kerr

 冒頭の写真は、アレックス・カーさんが著書『ニッポン景観論』(集英社新書)の中で使った、日本の「景観テクノロジー」とバチカンのサン ピエトロ広場をモンタージュしたものです。

 添えられたキャプションのブラックユーモアに、思わず笑ってしまいます。

 しかし、笑った後に苦い思いにとらわれないでしょうか。

 日本にはすばらしい歴史的遺産や文化が各地にあります。それらは21世紀の有望産業といわれる「観光業」を支える資源であり、世界に比肩する大いなる資産(レガシー)です。それなのに、現実ではこのモンタージュのような光景がいたるところで繰り広げられ、その価値を損なっているのです。

 アレックスさんのユーモラスで辛辣な視点から浮き彫りになる、日本の景観が抱える問題点とは何か。それに対する有効な処方箋とはどういうものか。日本の都市とコミュニティについて、多くの取材を手がけてきた清野由美さんが聞き手になって、それらを探っていきます。

清野由美(以下、清野):アレックスさんは、日本の景観を批評するだけでなく、古民家と地域コミュニティが残る場所を見つけて、その再生をみずから仕かけています。

アレックス・カー(以下、カー):徳島県の祖谷(いや)、長崎県の小値賀(おぢか)、奈良県の十津川村と、いろいろなところで古民家を核にした地域再生プロジェクトを手がけています。

 例えば祖谷では、8棟の茅葺家屋を順番に改修して、一棟貸しの宿泊施設に再生しました。今年の春に全棟の改修が終わって、稼働が始まったのですが、国内からはもちろん、アメリカ、オーストラリア、フランス、ドイツ、シンガポールと、各国から個人旅行者が泊まりに来てくれています。

Alex Kerr(アレックス・カー)氏
東洋文化研究者、NPO法人「篪庵(ちいおり)トラスト」理事長
1952年米メリーランド州生まれ。12歳から2年間、父親の赴任に伴って横浜に住む。74年、イェール大学日本学部卒業。在学中に慶應義塾大学国際センターで日本語を研修。その後、オックスフォード大学ベーリオル・カレッジで中国学を修める。77年から京都府亀岡市に居を構え、書や古美術、日本の伝統芸能の研究に励む。90年代に米テキサスを本拠にする不動産ディベロッパー「トラメル・クロー」社日本代表を務め、2000年代に京町家を舞台にした滞在型の宿泊施設を運営する。その後、景観と古民家を核にした地域再生コンサルタンティングを手がけ、徳島県の祖谷、長崎県小値賀町、奈良県十津川村などで、古民家を滞在型宿泊施設に改修するプロジェクトをプロデュースする。亀岡(京都府)、祖谷(徳島県)、バンコク(タイ)の3カ所に拠点を持ち、世界中を回りながら、景観保存活動や講演、古美術品の収集、文化イベントのプロデュースなど多岐にわたる活動を行う。主著書に『美しき日本の残像』(朝日文庫、新潮学芸賞)、『犬と鬼』(講談社)、『ニッポン景観論』(集英社新書、不動産協会賞)など。(写真:楠本 涼)

公共事業で古民家改修

清野:プロジェクトは、どういう枠組みなんですか。

カー:祖谷の場合、事業主は祖谷がある徳島県三好市で、原資は国と地方自治体から交付される補助金です。僕が代表を務める「篪庵(ちいおり)有限会社」が資金面と改修デザインを含めた全体の枠組みを発案して、完成した後は、NPO法人「篪庵トラスト」が管理と運営を担います。

清野:ちょっと話が逸れますが、「篪庵」って、私は読めませんでした。竹かんむりに虎という字を「ち」と読むなんて、普通の日本人は知らないでしょう。

カー:「篪」は竹でできた笛のことで、古来、日本にあった楽器なんですよ。すごく繊細な音が出て、それが日本の田舎の景色にぴったり。昔からすごく好きなんです。

清野:話は戻って、祖谷のプロジェクトはつまり公共事業なんですね。

カー:そう、立派な公共事業です。

清野:でも、そのイメージは、これまでの公共事業とずいぶん違っていますね。今までの公共の地域おこしといえば、補助金で「○○館」といった観光施設、ミニテーマパーク、ミニゴルフコース、公民館、温泉浴場、大型駐車場などをつくりましょう、という類が多かったでしょう。

カー:僕が手がけるのは新築ではないんです。ベースはその地域に残る建物。過疎で人が住まなくなった空き家を持ち主から提供してもらって、そこを改修します。例えば祖谷では、築100年から300年にもなる茅葺農家があります。そんな家は、柱と梁がどっしりしていて、実に貫禄があるんです。

 改修の際は、外観と内部の様式を徹底的に保存します。同時に、水回り、暖房、断熱を完璧に整えます。ですから改修が終わると、外見はほとんど変化していない。「あんなに大変な工事だったのに、何も変わっていないじゃないか」と、みんなが軽く失望するくらいなんですよ(笑)。

コメント13

「これでいいの?日本の景観」のバックナンバー

一覧

「この景色は「嫌だ」と思うことが大切です」の著者

清野 由美

清野 由美(きよの・ゆみ)

ジャーナリスト

1960年生まれ。82年東京女子大学卒業後、草思社編集部勤務、英国留学を経て、トレンド情報誌創刊に参加。「世界を股にかけた地を這う取材」の経験を積み、91年にフリーランスに転じる。現在、慶應義塾大学SDM(システムデザイン・マネジメント)研究科修士課程在学中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック