• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

日産・三菱自連合はEV帝国を築けるか

三菱自とスピード婚、日産の“勝算と不安”

2016年5月13日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

三菱自・益子社長と握手し、取材陣のカメラに笑顔を見せる日産・ゴーン社長

「早かったので驚いた」

 社名を「スバル」に変更する富士重工業の吉永泰之社長は、日産自動車と三菱自動車工業の資本提携についてこう話した。

 三菱自動車による軽自動車の燃費偽装が、表面化したのは4月20日。それから、ゴールデンウィークを挟んでわずか22日後に、日産が2370億円を出資しての資本提携の発表である。

 この点を、日産のカルロス・ゴーン社長は「(2011年から)5年間にわたり三菱自とアライアンスを続けてきて、信頼関係はあった。今回の偽装問題が、提携を早めた面は否定しない」と話し、一方の益子修三菱自会長は「軽自動車以外の分野でも、話し合いはしてきた」と打ち明ける。

「お父さんが倒れて、結婚が決まったカップル」

 日産のある首脳は話す。

「偽装が発覚する前から、両社に提携拡大への機運があったのは事実。互いに惹かれ合っているカップルがいたものの、どちらも告白はしない状態が続いていた。そこに、女性の父親が急死するという突然の不幸が起こり、一気に結婚合意に至った、とまぁ、こう説明すればわかりやすいだろう」

 では、これからどうなるのか。

「まずは、三菱自が現在の偽装問題に決着をつけなければならない。共同購入やプラットホーム共通化、電気自動車(EV)戦略の拡大などの具体策は、その後だ。そもそも三菱自は、三菱グループという親戚を頼って経営を再建した。経営的には立ち直ったが、深い部分の心根は治ってはいなかった。外部(の日産)が入ることで、今度こそ再生して欲しい」

 今回の提携は、ゴーン社長と三菱商事出身の益子会長とのトップ会談で即決させていったもの。日産、さらにはルノー日産アライアンスは、提携を機に三菱商事との関係を深くさせて、これまで弱かったアジア地域での販売力の増強につなげる、など、いくつもの可能性が考えられる。

 ただし、注目したいのは環境技術の中心であるEVにおいて、盟主としての存在感を高めていけるかどうか、だろう。

 三菱自は2009年、量産型EV「i-MiEV」を世界で初めて商品化した会社。一方の日産は、テスラモーターズの新型車の“予約分”を除けば(こちら)、いまでもEVの盟主であるのは間違いない。

コメント2件コメント/レビュー

我が家では、太陽光発電+スマートV2Hシステムとリーフ、アウトランダーPHEVの構成となっている。世間を見ると、トヨタが採用していないシステムに懐疑的な感じがしている。しかし、使ってみて、これほど便利なシステムはない。 食わず嫌い的な面が有るように思うため、法改正等使い始めれば一気に拡大するのではないか。 ガソリンスタンドの経営は苦しく、早晩、山間僻地や都会でガソリン供給問題が発生すると思われる。輸送コストや、ガソリンスタンドの地下タンク取り替え費用は省燃費車やEVのある程度の普及で一気にスタンドの廃業に拍車を掛けると思われる。時代の流れだと思う。日産三菱にとって、千載一遇のチャンスかも知れない。(2016/07/13 08:10)

「永井隆のニュースもう一掘り」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

我が家では、太陽光発電+スマートV2Hシステムとリーフ、アウトランダーPHEVの構成となっている。世間を見ると、トヨタが採用していないシステムに懐疑的な感じがしている。しかし、使ってみて、これほど便利なシステムはない。 食わず嫌い的な面が有るように思うため、法改正等使い始めれば一気に拡大するのではないか。 ガソリンスタンドの経営は苦しく、早晩、山間僻地や都会でガソリン供給問題が発生すると思われる。輸送コストや、ガソリンスタンドの地下タンク取り替え費用は省燃費車やEVのある程度の普及で一気にスタンドの廃業に拍車を掛けると思われる。時代の流れだと思う。日産三菱にとって、千載一遇のチャンスかも知れない。(2016/07/13 08:10)

PHVが日の丸トヨタの主流であるが、メインに内燃機関とモーターを両方持って走るのは無駄であり、内燃機関のみかモーターのみが本来である。
現時点では電池がまだまだ重くて内燃機関のみが効率的であり、ハイブリッドと言わないがブレーキロス、排気ロスを小さな発電機で回収して燃焼効率を高めた内燃機関が最も進んでいる。
但し近い将来はプラグインEVの時代になる。この事はガソリンエンジンを最高に高めた日本の自動車メーカーにとっては折角の武器を失うことになり、抵抗がある。しかし日本メーカーが抗ってもモーターの効率、制御し易さ、安さには勝てまい。 しかしEVには馬鹿でかい電池を持たない限り、充電スタンドが不可欠で、ガソリンスタンドと同様に多数の充電スタンドが普及するまでは大変不便である。従ってEV普及に阻止には充電スタンド普及阻止をすればよい。
しかし僻地以外ではEVと充電スタンドの普及は近い将来だろう。日本の自動車メーカーは本気でEVと充電スタンドの性能向上・普及に取り組まないと、日本の自動車はガラパゴス化するだろう。(2016/05/25 14:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長