• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「自分を見る」機能で眼鏡の概念を変える

ジェイアイエヌ田中仁社長に聞く

  • 片山 さつき

バックナンバー

2015年12月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 超高齢化社会に入った課題先進国、日本。人生の最期を「寝たきりや介護を受けて暮らす」人が相当数いる国とも言えます。

 この課題に挑もうと提唱されたコンセプトが、IoHH(Internet of Human Health=インターネット・オブ・ヒューマンヘルス)です。IoT(モノのインターネット)のコンセプトと技術を活用し、人の健康状態や健康管理をオンタイムで可視化して予兆をつかみ、「未病」の段階で成人病や認知症を含むリスクを明確化して対応していこうという構想です。

 「一億総活躍社会」の大前提といえるこのコンセプトを踏まえ、提唱者である片山さつき参議院議員が、キーパーソンと徹底討論したのが書籍『未病革命2030 予兆をつかめば社会とビジネスが変わる』。このコラムでは同書から対談の一部を抜粋して掲載します。

 今回は、ジェイアイエヌの田中仁氏と、ウエアラブル端末の可能性を考えます。

片山:田中さんの会社では、生体情報を測定できる眼鏡JINS MEME を発売されましたね。私たちの考えているIoHH(Internet of Human Health)では、ウエアラブルで測定できるものが重要なキーデバイスになるので、とても興味があるんですが、そもそもそういう機能を持つ眼鏡を開発しようと考えたのはどういうきっかけだったんですか。

田中 仁(たなか・ひとし)氏
ジェイアイエヌ社長。1963年群馬県生まれ。1988年ジェイアイエヌを設立、代表取締役社長に就任。2001年アイウエア事業「JINS」(ジンズ)を開始。2006年大証ヘラクレス(現JASDAQ)に上場。2011年『Ernst&Youngワールド・アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2011』モナコ世界大会に日本代表として出場。2013年東京証券取引所第一部に上場。著書に『振り切る勇気 メガネを変えるJINSの挑戦』(日経BP社)がある。(写真:陶山 勉)

田中:眼鏡は1300年頃にイタリアで生まれてから約700年経つのですが、いろいろなほかの製品と比べて、あまり進化していないといいますか、基本構造は変わっていないのです。もちろんそれはいい部分でもあるのですが、我々はその眼鏡の歴史を変える企業になりたいなと思っています。

 もともと眼鏡は医療器具です。今改めてその眼鏡の機能にフォーカスし直して、現代の眼鏡はどんなことができるべきだろうということを考えた中から、パソコン・スマホ用の眼鏡JINS PCですとか、最近発売した生体情報を測定できる眼鏡JINS MEMEが生まれてきたのです。

片山:パソコン用の眼鏡は大ヒットしましたよね。普通の眼鏡とは何が一番違うんですか。

田中:パソコン用の眼鏡は、ブルーライトというパソコンとかスマホから出る青色光をカットするのです。ブルーライトはエネルギーが強く目疲れを引き起こすだけでなく、脳を活性化してサーカディアンリズムを狂わせてしまいます。だから、子供が夜にゲームをすると眠れなくなるのです。

片山:興奮しちゃうんですね。

田中:そうなんです。それをなるべく和らげよう、紫外線から目を守るサングラスと同じように、ブルーライトの波長をカットするという発想から生まれた眼鏡なのです。

 ある人が言っておられましたが、人類にはまず太陽の光があって、その後、炎をつくり出したと。炎の波長というのは太陽の波長とかなり近いのです。それから何万年かして電球が出たわけですが、これもほぼ炎と同じ波長です。

コメント0

「IoHHが日本を救う」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

誰もやらない領域を根気強く続けられるかが成功の秘訣。

田坂 正樹 ピーバンドットコム社長