• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー

2018年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 昨年の大晦日は、紅白歌合戦を見なかった。

 感想を求めるタイプの仕事の発生に備えて、一応、録画予約はしておいたのだが、その録画も未見のままだ。おそらく、この先も見ることはないだろう。

 経験上、1週間以内に再生されなかった録画の99%は一生涯視聴されない。

 というのも、録画予約は、録画した番組を視聴するための予備動作であるよりは、放送中の番組をリアルタイムで見ないことを自分に納得させるための手続きみたいなものだからだ。かくして、われら21世紀のテレビ視聴者は、配信されている映像作品を視聴することによってではなく、録画済みの未視聴番組をファイルとして蓄積することで満足感を得る、読まない蔵書家みたいなものに変貌している。この先10年もすれば、録画やファイリングという旧世代による指しゃぶり行動も廃れて、コモディティ化したオンデマンドの動画素材に対して、誰も飢餓と欲望を抱いていないウソみたいにクールな時代がやってくるのだろう。

 それでも、例年、紅白歌合戦については、自分が日本人であることの最後の砦を守るみたいな気持ちで、飛ばし飛ばしにではあっても、なんとかリアルタイムで見ることを自らに課していたのだが、いよいよ私も本格的に浮世離れしはじめたようで、今回は、あっさりと見過ごしてしまった。

 2017年の最後の夜は、DropBoxの中に散逸して行方不明になったいくつかの画像ファイルを捜索しているうちに、いつの間にか過ぎ去っていた。

 まあ、成果の乏しかった一年にふさわしい年越しだったと言えばその通りで、当方としては、なんとも申し上げようがない。

 その、一年の最後の日の夜に配信された番組のひとつが、年明けになって炎上している。
 現在は、炎上がひとまわりして、騒いでいた人たちがわれに返って沈黙している段階だ。

 つまり、炎上そのものは既に沈静化したと言っていいわけで、振り返るには良いタイミングだ。
 ということで、今回は、大晦日に放送された炎上案件についてあらためて考えてみることにする。

 炎上したのは、31日の夜に日本テレビ系列で放送された『ダウンタウンのガキの使いやあらへんでSP 絶対に笑ってはいけないアメリカンポリス24時』という番組の中の一コーナーだ。

 実を言うと、今回とりあげるつもりでいる「ベッキータイキック(タレントのベッキーさんに対する、タイ式ボクシングのボクサーによる回し蹴り)」案件とは別に、もうひとつ、出演者の一人である浜田雅功さん(以下出演者については敬称を省略いたします)が、映画「ビバリーヒルズコップ」のコスプレとして、顔を黒塗りにして登場したことが、別の文脈で炎上している。この件に関しても、個人的に色々と思うところがないわけでもないのだが、話題の拡散を防ぐ意味で、今回はスルーしておく。また別の機会に書くことがあるかもしれない。

コメント99件コメント/レビュー

10年以上同じ内容でやってる特定の番組が突然たたかれる。
女性(芸人)がひどい扱いされる番組は他にいくらでもあるのに。

もし「バラエティにおける暴力」「子供への影響」をきちんと考えようという姿勢があるのならそれは議論に値すると思う。
そうならば、大手マスコミで記事を書いてお金をもらっているならば、プライドをもってもっといろいろ調べてバランスよく議論してください。

この記事からはそんな真摯な姿勢はまったく感じられない。
なぜか今、対象が極端に限定されて論じられる。
「とにかく何となく気に入らない」という筆者の気分だけは伝わってくる。

結局松ちゃんはじめ安倍さんと仲良くしている風な有名人が気に入らないんでしょ。
そうとは明確にいわずに、
「俺たちの正義感を害するような言動をする奴は別件だろうがあら捜ししてたたいてやる」
っていうお得意の印象操作。

ポリティカルコレクトネスを、適用する対象を選択的に、自分にとって「敵」とみなした人をたたくために「都合よく利用している」としか見えません。(2018/01/17 17:22)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

10年以上同じ内容でやってる特定の番組が突然たたかれる。
女性(芸人)がひどい扱いされる番組は他にいくらでもあるのに。

もし「バラエティにおける暴力」「子供への影響」をきちんと考えようという姿勢があるのならそれは議論に値すると思う。
そうならば、大手マスコミで記事を書いてお金をもらっているならば、プライドをもってもっといろいろ調べてバランスよく議論してください。

この記事からはそんな真摯な姿勢はまったく感じられない。
なぜか今、対象が極端に限定されて論じられる。
「とにかく何となく気に入らない」という筆者の気分だけは伝わってくる。

結局松ちゃんはじめ安倍さんと仲良くしている風な有名人が気に入らないんでしょ。
そうとは明確にいわずに、
「俺たちの正義感を害するような言動をする奴は別件だろうがあら捜ししてたたいてやる」
っていうお得意の印象操作。

ポリティカルコレクトネスを、適用する対象を選択的に、自分にとって「敵」とみなした人をたたくために「都合よく利用している」としか見えません。(2018/01/17 17:22)

芸人なんだから芸を見せろ。
あんなもんを「芸」とは言わんだろ。
「お笑い」ってのはレベルが低いな。
あれで笑える視聴者のレベルも推して知るべし。
そんな輩と議論したって平行線でしょ。

擁護派は、あの映像を自信もって全世界に発信できるのかねぇ・・・
また一つ、日本が誤解される要因ができたように思うが。(2018/01/17 11:25)

いろいろと文句を言っている皆さん、最も効果的な対抗策は

「嫌なら見るな」ですよ。

このキャッチフレーズのお陰で視聴率トップの座から見事最下位に赤字転落したTV局がありましてね。電波利権と広告代理店の強力タッグで磐石と見えたマスコミ業界も意外と脆いものですよ。(2018/01/17 09:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者