• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー

2018年1月12日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ベッキーにタイキックが浴びせられた場面は、ユーチューブにアップされた動画で視聴した。

 経緯は以下の通り。
 まず、ベッキーに対して、タブレットの中に収められていたインスタ画像を経由して、唐突に「タイキック」による洗礼が宣告される。テレビ画面には、「ベッキー禊(みそぎ)のタイキック」というテロップが出る。ベッキーはいやがっている。やめてくれと懇願する。しかし、踊りながら登場した女性格闘家は、ベッキーを机にもたせかけて固定すると、その尻に容赦のない回し蹴りを浴びせる。出演者一同は、笑い転げている。

 「いいの入った」

 と、字幕入りで囃し立てている。なんだろうこれは。
 動画をひと目見て

 「ああ、これは炎上するだろうな」

 と思った。
 個人的な見解を先にお知らせしておくと、私は、この番組の中の少なくとも「ベッキータイキック」のパートは、俗悪な企画であり、悪趣味なパフォーマンスだったと思っている。

 ただ、私が「ああ、これは炎上するだろうな」と感じた理由は、必ずしも番組の俗悪さのみによるものではない。

 私がこの動画を見て、炎上を予感したのは、この企画が、この数年来何度も燃え上がってはくすぶっている「ポリティカル・コレクトネス」がらみの面倒くさい論争に、燃料を与える要素を大量に含んでいると思ったからだ。

 まず、建前論を申し上げておく。
 前提として、暴力はよろしくない。

 次に、いやがっている人間に暴力を発動することはさらによろしくない。
 とすれば、いやがっている人間に暴力を強いる映像を娯楽として消費することは、さらにさらによろしくない。

 ということは、「ベッキータイキック企画」は、完全にアウトだ。
 どこをどう切り取っても、擁護できる要素はひとっかけらも存在しない。
 以上が議論に入る以前の大前提だ。

 さてしかし、ベッキータイキック企画は、単なる「暴力」ではない。
 画面でそう見えているとおりの「強要」でもおそらくない。
 言ってみれば「暴力」を素材としたエンターテインメントだ。

 ということは、ここで展開されている「暴力」は、ボクシングのリングの中でやりとりされている制御された動作としてのパンチが、文字通りの暴力とは一線を画したスポーツ競技の一所作であり、アクション映画の中で繰り出されているキックや背負い投げが、あらかじめ設定された台本の範囲におさまる虚構であるのと同じ意味で、いずれにせよ文字通りの「暴力」そのものではない。おそらく、現場的には「お約束」として処理されるコールアンドレスポンスの一部といった程度のものだ。

コメント95件コメント/レビュー

私の気に入らないものを映すなと言う気はないけれど
あの番組をお笑いとしてとらえ擁護する人がこんなにも
いることに吐き気がします。
する側はイジリでも、される方はイジメなんですよ。
「イジメは楽しいからなくならない」と擁護している人は言っているのと同じです。(2018/01/16 20:11)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「タイキックは禊ぎにならないと知るベッキー」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私の気に入らないものを映すなと言う気はないけれど
あの番組をお笑いとしてとらえ擁護する人がこんなにも
いることに吐き気がします。
する側はイジリでも、される方はイジメなんですよ。
「イジメは楽しいからなくならない」と擁護している人は言っているのと同じです。(2018/01/16 20:11)

>いじめは昔からあるから、とかいうと結局思考停止するように思う

とのことですが、それらしいコメントのいくつか、思考停止しているようには見えませんが。
思考停止しているのは、テレビがない時代からいじめがあるという事実の指摘に背を向けて、テレビのせいにしようとする側では?
他人にバカ(思考停止)というやつほどバカ(思考停止)であるという、ありがちな事例ですが。

テレビのせいにするのはラクですよね。
いじめの原因の多くが、テレビよりもしつけにあるという現実に目を向けるよりも。
しつけのせいとなったら、すべての人の親が当事者です。

そのシンプルな事実とあわせて考えても、いじめをテレビのせいにする人達と、親の怠慢を指摘する人達のどちらが思考停止かは、明らかと思います。

すなわち、テレビのせいにして、子供たちをどうしつけるべきか、いじめをなくすために何ができるか、『当事者として』考えることを放棄する人々こそが、思考停止だということです。(2018/01/16 20:05)

お笑いだからいいだろうとか、いじめは昔からあるから、とかいうと結局思考停止するように思うけど。テレビにおける暴力やセックスの表現の基準は、日本は先進国と自称するも甘いんじゃないかとは、指摘され続けているし。
もうすこし倫理的であるべきじゃないのというポリティカルコレクトネスとお笑いだからとかいじめは昔からあるからという本音派との衝突ですかね。。。。
そこで、番組を提供するテレビ局はいかにあるべきか、が問われるってことか?(2018/01/16 10:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長