• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「クラッシャー上司」が米国を率いる

2017年2月3日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 トランプ新大統領が就任して、2週間弱が経過した。

 この10日間ほどのうちに、これまでの米国の常識からは考えられなかった大統領令が矢継ぎ早に発令され、そのうちのいくつかは、米国のみならず世界中に混乱を引き起こしている。

 その大統領令のひとつに異議を唱えた政権首脳の一人が、いきなり更迭された。

 中東・アフリカ7カ国からの渡航を制限するトランプ氏の大統領令について、従う必要はないとの考えを司法省に伝えていたサリー・イェーツ司法長官代理が解任されたのだ。

 報道によれば、イェーツ氏は、オバマ前政権下で司法副長官を務め、トランプ政権になっても政権側の意向で長官代行を務めていた。彼女は、1月30日に今回の大統領令が合法であるとの確信が持てないとし、司法省は擁護しないとの見解を明らかにした。で、自身の見解を明らかにしたその1時間後に解任された。

 なんと電撃的な人事であろうか。
 まるでテレビ用演劇プロレスの人事往来シナリオそのものではないか。

 ホワイトハウスは、解任にあたって発表したステートメントの中で「米国市民を守るための法令執行を拒否し、司法省を裏切った(英語では"betrayed")」と非難し、同氏の行動は政治的なものだと説明している。さらに「イェーツ氏は、国境警備に弱腰で不法移民問題にも非常に疎かったオバマ前大統領に指名された」旨も付記している(こちら)。

 政府の最高機関であるホワイトハウスが、その公式な声明文の中で、職を離れる人間に対して、このような罵倒に近い表現で言及した例が過去にあったものなのかどうか、私は詳しい事情を知る者ではないのだが、いずれにせよ、こんな言い方で解任を言い渡すケースが極めて異例であることは確かだと思う。

 解任の意図なり意味なりは、職を解いたという事実を通して、既に、これ以上ない形で端的に、本人にも世間にも広く周知されている。

 とすれば、ホワイトハウスが、その公式ステートメントを通して、既に職を辞して一般人となった人間の背中に向けて、追い討ちをかけるようにして非難の言葉を投げかけなければならなかったのはいったいなぜなのだろうか。

 答えは、トランプ大統領その人の心の中にしか求めようがない。
 要するに、この声明文の中にある非難の文言は、トランプ大統領が一連の人事を

 「ムカついたから」

 という14歳の子供みたいな感情に基づいて執行したことを示唆するとともに、大統領自身が、そのこと(自分が感情的な判断を下す人間であること)を隠そうともしていないことを意味している。

 大統領が怒りの感情にかられて人事の判断をしたのだとすれば、それはそれでかなり恐ろしいことだ。
 が、より恐ろしいのは、彼が怒りの感情を隠そうとしていないことだ。

 私自身、犯罪を犯したわけでもない個人に向かって「betrayed」という言葉を使って非難する政権のやりざまに、不吉なものを感じないわけにはいかなかった。

 というのも、権力者というのは、怒りの感情をほのめかすだけで、その権力の及ぶ範囲のすべての人間に恐怖を感じさせることができる存在であり、その意味で、自身の悪感情を隠さない人間が米大統領の座に就いたことは、ホワイトハウスがまるごと、もっと言えば、世界中が、この先、恐怖の中で暮らさなければならなくなったことを意味しているからだ。

 おおげさなことを言っているように聞こえるかもしれない。
 が、怒りというのは、それほど破壊的な作用をもたらすものなのだ。

 つい最近『クラッシャー上司 --平気で部下を追い詰める人たち--』(松崎一葉著 PHP新書)という本を読んだのだが、その中に、部下を鬱病や退職に追い込む(つまり部下を「潰す」)上司の典型例がいくつか出てくる。

コメント117件コメント/レビュー

私はこの15年ロンドンで仕事をしていますが、どの国でも多かれ少なかれパワハラはあるように感じます。ただ、東芝のような闇に陥るパワハラは日本人特有の生真面目な気質と関係があるのではないかと思っています。トランプやブレクシットに対応するにあたり、生真面目に戦わないで、ちょっと肩の力を抜いて相手のすきや間違いを利用して対応すべきでは。柔道などで相手の体重を借りて大きな相手を投げるような、そんなことをしていかないといけないんじゃないか、と思っています。(2017/02/20 05:06)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「クラッシャー上司」が米国を率いる」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

私はこの15年ロンドンで仕事をしていますが、どの国でも多かれ少なかれパワハラはあるように感じます。ただ、東芝のような闇に陥るパワハラは日本人特有の生真面目な気質と関係があるのではないかと思っています。トランプやブレクシットに対応するにあたり、生真面目に戦わないで、ちょっと肩の力を抜いて相手のすきや間違いを利用して対応すべきでは。柔道などで相手の体重を借りて大きな相手を投げるような、そんなことをしていかないといけないんじゃないか、と思っています。(2017/02/20 05:06)

「自分は今、百年後の世界史年表に赤い太字で大書きされるような事態を目の当たりにしてるのだ!」と思いながらトランプ大統領就任以降のニュースを見ているんですが、数日前イランの偉い人が言ったように、ある意味アメリカが隠そうとしてきた汚い面(白人至上主義・人種差別・女性蔑視・キリスト教原理主義・正義面しつつ自国の利益の為に圧倒的な国力でやりたい放題etc)がむき出しになって、しかも国民の約半分がそれを支持してるわけだね、と冷ややかな思いもします。
各都市や空港で必死にデモをしている人達や、司法の力で大統領令を止める力がきちんと働いていたり、メディアが政権に真っ向から立ち向かっている様子を見ると「さすがアメリカだなあ」と感心もしていますが。

トランプ政権はあと4年間続きます(何もなければ)。どうなるんでしょうか。
「これ以上おかしな事にはならないだろう」という甘い予想や期待は、「まさかアメリカ国民があんな男を大統領に選んだりしないだろう。結局はヒラリーが勝つに決まってる」「本当に大統領になればマトモになるだろう」という大方の予測が二度も大外れになったのを見ると、しない方がいいんじゃないかとしか思えません。
自分の今一番の懸念は「本当にエルサレムに米大使館を移すんだろうか」という事です。(他にも一杯ありますが)ほんとに今後数年の世界情勢は一体どうなるんでしょうか。(2017/02/12 10:33)

橋下氏とトランプ氏の手法って似ている気がします。まず、相手を叩いて自分の土俵に上がらざるを得なくしてから自分の有利に交渉を進めて妥協を引き出す。自分のやり方に賛同を得られないと猛反発するところも似ている気がします。
さらに、橋下氏のこれまでの発言からは生まれながらにして持てる者と這い上がろうとしない持たざる者への嫌悪が感じられますから、おっしゃる通りの理由でトランプ氏に好意的なのもわかる気がします。

ともかく破壊を、後のことはともかくつらい現実を忘れられるひと時の夢を、と彼を支持する人は相当数いそうです。そして、トランプ氏本人は自分は偉大で選ばれた人間であり、他者と競争し勝つことでそれを皆に知らしめ、皆から賞賛を受けたい、と思っているように思います。なので、次回の大統領選に再選し、歴史上もっとも偉大な大統領になるために部下や外国やメディアが何と言おうと、そうしたトランプ的キャラクター、手法を支持する選挙民のために「トランプ」を演じ続け、雇用の創出等の選挙民に支持される実績作りに邁進しそうです。(2017/02/08 23:09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長