• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「清原」に見える我らの痛ましさ

2016年2月5日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 元野球選手の清原和博氏が……と、一行目の冒頭のフレーズをタイプした時点で、その「元野球選手の清原和博氏」という主語のなんとも言えない据わりの悪さに気持ちをくじかれている。

 はじめに、「呼称」の問題を片付けておきたい。
 とはいうものの、片付くものなのかどうか、実のところ、確信が持てない。

 誰もが知っている有名な誰かが厄介な事件に巻き込まれると、いつも同じ問題が表面化する。
 私たちは、事件の渦中にある人物をどういう名前で呼ぶべきなのか、毎回、頭を悩ませる。

 基本的な前提として、わが国のマスメディアでは、いわゆる「公人」の名前を、敬称を略した「呼び捨て」で表記するならわしになっている。

 まず、この点から考えてみよう。
 清原元選手が現役の野球選手であった時代は、どの新聞も

「8回裏、清原の打ったセンター前タイムリーが…」

 と、彼の名前を敬称略で表記していた。
 テレビのアナウンサーも、

「清原の白スーツが…」

 などと、むき出しの苗字だけで呼びかけるのが通例だった。

 呼び捨て呼称には、おそらく、二つの意味がある。

 ひとつは、その名前が、「注釈や肩書抜きで通用する有名人」である旨の含意だ。明石家さんま、北野武、木村拓哉、羽生結弦、麻生太郎といったビッグネームは、なんの説明も伴わない本人の名前だけで、あらかじめ万人に認知されている。大臣やスケート選手や芸人としての肩書や注釈も要らない。名前だけですべてを説明することができる。

 もうひとつの意味は、呼び捨てにされる名前が「親しみ」とともに発音されているということだ。

 友だちや家族に準ずる親しい存在であるからこそ、他人行儀な敬称や敬語はむしろ無用になる。彼らの名前の末尾には、「さん」や「氏」とは別の、カジュアルな接尾語が付く。松ちゃん、吾郎ちゃん、ともちん、サシコ、まゆゆ…と、名前の前後に付く装飾は、愛称、ニックネームから自他の未分化な幼児的な呼びかけに至るまでのあらゆるバリエーションを含むことができる。

 その、親愛の対象であったセレブリティーの名前に「氏」なり「さん」なりの敬称が付く事態は、その「公人」であった彼または彼女が、「公的」な存在でなくなったタイミングで起こる。

 スポーツ選手が現役を引退したり、レコード歌手が結婚して主婦になったりすると、その日から、彼らは名前の末尾に「氏」なり「さん」のついた、「パンピー」の扱いになる。

 引退した女優が久しぶりにテレビ画面に顔を出す時、彼女は、昔通りの名前では呼ばれない。必ず「さん」付けで呼ばれる。そうでないと様々な方面に対して失礼であるのみならず、業界的にケジメがつかないからだ。

 テレビ画面の中は、文化人枠の出演者にだけ敬称が付く。
 たとえば津田大介さんの出演場面では、敬称ないしは肩書付きの字幕テロップが表示される。
 一方、隣に座っているカンニング竹山の名前はそのまま呼び捨てで処理されている。

 が、出演料は、文化人の方が安い。
 逆に、呼び捨ての名前でキャスティングされている出演者には、その「芸」なり「存在感」に見合った高額なギャランティーが支出される。

 引退したマラソン選手が解説者として放送席に座る場合には、「さん」が付く。理由はたぶん、ギャラが安いからだ。邪推かもしれないが。

コメント38件コメント/レビュー

プロ野球に興味が無いので、呼称の問題について。 日本人の『自称』が相手によって目まぐるしく変動する事は、言語的文化的に特徴付けられていますね。 例えば教師なら、生徒には「先生」、同僚には「わたし」、校長には「わたくし」、娘には「お父さん」、妻には「俺」、親には「僕」、元上官には「自分」と、まさに取っ替え引っ替えです。 相手を見て態度を選ぶ、という国民性を根っ子の部分で持っている訳ですな、我々は。(2016/02/16 00:21)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「「清原」に見える我らの痛ましさ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

プロ野球に興味が無いので、呼称の問題について。 日本人の『自称』が相手によって目まぐるしく変動する事は、言語的文化的に特徴付けられていますね。 例えば教師なら、生徒には「先生」、同僚には「わたし」、校長には「わたくし」、娘には「お父さん」、妻には「俺」、親には「僕」、元上官には「自分」と、まさに取っ替え引っ替えです。 相手を見て態度を選ぶ、という国民性を根っ子の部分で持っている訳ですな、我々は。(2016/02/16 00:21)

俳優や歌手の方でも紳士的なイメージを大事にする方とあちらの方風になる方がいて自分は安易な誘惑に負けず紳士的なイメージ(良い人などとはいいませんそういう意味ではないです)を大事にする人のほうが好きです。ミスター清原も長嶋さんのような道を歩んでほしかったです。残念。西武時代の彼は見ていてすがすがしい感じがしたあのまんまでいてほしかったですわ。(2016/02/10 20:21)

彼等が高校野球で世間の注目を集めたのは、私が中学生の時でした。「桑田」「清原」のどちらかの切りぬきを下敷きにしている子が、クラスの半分位いたような。私は野球は観ませんが、とにかくすごい人気でした。
その後、桑田は裏取引で巨人へ、清原は西武へ。
ドラフト会議で憧れの巨人に入れず涙を拭う彼を見て、世間は「可哀想な清原くん」と同情を集めるとともに、ダーティな桑田に対し、清原にはクリーンなイメージを抱いた。
事実、これだけの転落をし、逮捕までされても、どこか「可哀想」という印象が私や同世代の間には根強くある気がします。
プロになってからは、新人王のあとは成績は振るわず、活躍する姿といえばオールスター運動会で常に優勝していたこと位。そんな哀れな姿を、本人が一番受け入れがたかったのだろう。
憧れの巨人に入った後も成績は振るわず、外見はどんどん「そっち系」になっていき(そもそも巨人に入ると皆そっち側に行ってしまう。おそらく色んな場所でちやほやされるからだろう)、刺青がどんどん増えて行く。様々な記事を読む限り、転落の始まりはその頃なのだろうと予想する。
スポーツ界でも芸能界の中でも自分の居場所がなかったのだろうなあ。
中途半端なプライドを保つために、薬に手を出すしかなかったのだろう。
キャラクター変更出来るくらいの柔軟さがあったら、ここまでの転落はなかっただろうに。
「番長」とか下らない呼び名に惑わされず、可愛いオッサンにでもなったら、元奥さんとも上手くやっていけただろうに。
更正して戻ることは非常に難しいケースだと思うが、誰か彼の助けになってくれれば良いなと思う。
全く野球にも彼にも興味のない私がそう思うほど、何かしらのスター性、カリスマ性は持ち合わせている人なのだろうから。(2016/02/10 10:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授