• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

トランプという「いやがらせ」

2016年3月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 ここしばらく、アメリカ合衆国(以下アメリカ)の大統領候補指名選挙に注目している。

 振り返ってみれば、前回のオバマさんの時も、その前のブッシュさんがゴアさんと接戦を演じた選挙戦の折りも、熱心に経過を追いかけていた記憶がある。

 で、いつの間にやらアメリカの選挙システムや州単位での票読みの特徴や、民主党と共和党の主張の違いならびに支持母体の変遷などなどについて、雑多な知識をかかえこんだ変なおじさんになっている。

 今回の大統領選についても、自分としては珍しく、こまごまと勉強している。

 アメリカ政治のアナリストになりたいとか、人前に出ていっぱしの解説をカマしたいとか、そういう野心を抱いているのではない。

 ただ、興味と関心のおもむくままにバックナンバーを掘り出しにいったり、雜誌の特集ページをクリップしたり、各方面の資料を収集しているうちに半可通になってしまったということだ。

 感触としては、サッカーにハマりはじめた当時の感覚に近い。

 お気に入りの選手のプロフィールを暗記して、世界各国にあるリーグのチーム名とそのチームが拠点を置いている都市の名前をマトリックスにハメこんで、フラッグの模様とチームカラーを頭に叩き込む。私はたぶん、その種の、体系を為さない知識を拾い集めるみたいにして暗記する過程そのものが好きなのだと思う。で、そうやって頭の中に詰め込んだ知識を、一から順番に並べてみせてテーブルの向こうに座っている人間をびっくりさせるみたいな厄介なマナーを、どうしてもあきらめきれなかったりしている。まあ、イヤなオヤジです。

 ただ、サッカーの場合でも同じことなのだが、然るべきカリキュラムに沿って勉強したわけでもなければ、芝の上で実際にプレーしたわけでもない素人が、ただただ量としての知識だけを頭の中にひたすらに溜め込んでいる状態は、実は、色々な意味で使いモノにならない。

 私の場合で言うと、原稿で失敗するのは、そういう、自分がなまじの知識を持っている分野である場合が多い。

 素人の臆断は、薄っぺらであることを免れ得ない。
 が、それはそれでかまわない。

 書き手が謙虚な姿勢と素直な書き方を心がけてさえいれば、無知そのものが、そんなにひどい結果を呼び寄せることはない。書いている内容がうまく展開した場合には、結果として、素人ならではのまっすぐな疑問を投げかけることができる。そうなればしめたものだ。もちろん、これは分野にもよることだし、一概には言えない話なのだが、とりあえず、正しい疑問を投げかけることのできている原稿は、時に、正しい答えを提示している原稿よりも、読者を魅了することもあり得る。

 ところが、書き手が、テーマについてあらかじめある程度の情報を持っているケースでは、彼は、虚心にテーマに向かいにくくなる。と、出来上がってくる原稿は、薄っぺらな上に小生意気で、しかもあらかじめの偏見から外に出ようとしない、始末に負えないものになったりする。

 アメリカ政治について、いま、無警戒に思うところを書くと、おそらく、私は、この半年ぐらいの間に色々なところから仕入れてきた知識を、右から左に受け売りするタイプの、どうにも説教くさいテキストを生産することになるはずだ。

 できれば、それは避けたい。

コメント55件コメント/レビュー

このコラムの8か月ほど先の未来から一言。
トランプ氏が大統領戦に勝ちましたよ。(2016/11/16 08:58)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「トランプという「いやがらせ」」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このコラムの8か月ほど先の未来から一言。
トランプ氏が大統領戦に勝ちましたよ。(2016/11/16 08:58)

さすがは小田嶋さん。いいことをおっしゃる。確かに「いやがらせ」になってますね。
前のコメントで「ビートたけしが総理大臣を目指す」という話が出てましたが、なかなかに面白い。彼は天才ですから何かやってくれそう。投票しちゃうかも知れません。今のなんにもできない政権へのいやがらせで。(笑)
トランプ氏が日韓の核武装を容認する発言をしたとき、オバマ大統領は「外交政策や核政策、朝鮮半島や世界の多くを知らない者の発言だ」と批判したらしいですが、そう言うお前だって北朝鮮問題をちっとも解決できていないよね? トランプ氏のアイディアは乱暴かも知れないが、暴走する北朝鮮に対しての有効な手段にはなり得るよね? と言いたいです。
こんなに無能な現政権に対しては、私で無くともいやがらせしたくなりますよ。(2016/04/12 11:54)

日本でいえばビートたけしが突如「総理大臣を目指す!
」と言い始めたような感じではないか。
日本国民はかなり熱狂すると思いますが。(2016/03/13 06:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長