• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

霞が関文学としての森友文書

2018年3月26日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今週のはじめに財務省が森友関連文書の書き換えを認める方針(←方針かよ)を発表して以来、世間の空気は微妙に険しくなっている。

 論点は多岐にわたるが、ざっと考えて以下のような疑問点が浮かぶ。

  • 改ざんに関与した官僚は何を隠蔽したかったのか。
  • 彼らは、何におびえているのか。
  • 「佐川(宣寿・前国税庁長官)の(国会での)答弁と決裁文書の間に齟齬があった、誤解を招くということで佐川の答弁に合わせて書き換えられたのが事実だと思います」という麻生太郎財務相の説明が示唆している「誤解」とは、具体的に誰のどのような認識を指しているのか。
  • 佐川氏の答弁が虚偽でなかったのだとすると、その真実の答弁と齟齬していたとされる決裁済みの文書の方に虚偽が含まれていたことになるわけだが、その「虚偽」とは具体的に何を指すのか。そして、その「虚偽」と、文書の改ざん部分は整合しているのか。
  • 通常、国会答弁では、質問側が事前に内容を通告する。とすると、当日、佐川氏とともに答弁した首相は、事前に情報を共有をしたはずなのだが、その共有していた情報とはつまるところ改ざん済みの文書ではなかったのか。
  • 改ざんのタイミングは、佐川氏が国会で答弁をした後ではなくて、安倍総理が森友学園の認可や国有地の払い下げについて「私や妻が関係していたということになれば、首相も国会議員も辞める」と答弁した2月17日の後なのではなかったのか。

 どれもこれも、簡単に答えの出る問いではない。
 これらの謎は、今後、国会の審議やメディアの取材を通じて少しずつ明らかになることだろう。

 いずれにせよ、私のような者が取り組むべき仕事ではない。私の力でどうにかなる課題でもない。
 なので、当稿では、「言葉」の問題に焦点を絞って、森友文書改ざんの背景を考えてみることにする。

 今週は、しばらくぶりに熱心にテレビを見たのだが、なかでも印象に残ったのは、さる民放の情報番組にゲストとして出演していた元官僚の女性のコメントだった。彼女は、改ざん前の決裁文書を読んだ感想として、

「通常、この種の文書の中に個人名を書くことはない」
「ところが、この文書には政治家の個人名とその個人の関わり方が具体的に詳述されている」
「交渉過程をこれほど執拗に記述した文書は見たことがない」
「異様さを感じる」

 といった感じの言葉を漏らしていた。
 なるほど。

 私は、官僚の書くこの種の文書に詳しい者ではないのだが、それでも、件の決裁文書の異様さはなんとなくだが、感知し得ている。たしかに、あの文書は「異様」だった。

コメント112件コメント/レビュー

言外の言葉がホントのことを語っている、のであれば、
あなたが書かれた文章も裏の裏まで読まないといけない、とおっしゃってるのだと思いますが、
たかがコラムにそんな時間をさく必要はないように思え、
そんな文章を書いて売っている意味って一体なんだろうと思えてしまいます。
大変なお仕事ですね。(2018/04/04 12:56)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「霞が関文学としての森友文書」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

言外の言葉がホントのことを語っている、のであれば、
あなたが書かれた文章も裏の裏まで読まないといけない、とおっしゃってるのだと思いますが、
たかがコラムにそんな時間をさく必要はないように思え、
そんな文章を書いて売っている意味って一体なんだろうと思えてしまいます。
大変なお仕事ですね。(2018/04/04 12:56)

なるほどなと思いました。改ざんされた書類を見て『私も妻も関与していないのは明らかだ。」と明言する総理を見てどういう読解力の持ち主なのだろうと思いましたが、彼を支持する層も同様、稚拙な読解力しかないのでつじつまが合ってしまうということなんですね。ただ総理の発言は官僚が用意したものであると考えると、ちょっとわけがわからなくなってしまいます。総理の読解力であれば、このような結論に導かれると想定して用意されたものだったのか。。。あるいは総理のアドリブなのか。。。(2018/03/31 18:24)

「増税一本やりなのは、長年自民党がこさえた借金1000兆を返さなきゃならん以上、
どうしようもない。」

典型的な、財務省に洗脳された人だね。

財政赤字は、バブルがはじけて不況になったからですよ。バブルの時は黒字でした。
逆に財政赤字をもっと増やして、財政出動していれば、デフレから脱却して、税収も増えたのに。

政府の負債(国の借金ではない)は、日本国がある間、永久に借り換え続ければいいので、返さなくていいのですよ。(2018/03/27 12:30)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO