• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

文春砲の雷鳴を聞きながら

2016年3月25日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この夏の参院選に自民党からの出馬が噂されている『五体不満足』の著者、乙武洋匡氏に不倫交際の過去が発覚したのだそうだ。

 なるほど、と、感想は以上の4文字に尽きる。
 今回は、これ以上この話題に乗っかる気持ちになれない。

 個人的にまるで興味が無いわけでもないのだが、ここのところ、週刊誌報道の後追いばかりやっている気がしていて、そのことを、わがことながら、なさけなく思っているからだ。
 もうすこし率直に、うんざりしていると言い直しても良い。

 今回の乙武さんのネタは、週刊新潮のスクープ報道らしい。
 今年に入ってから、週刊文春による暴露報道が毎週のように続き、それに呼応するように、ライバル誌である週刊新潮もいくつか続報や新ネタのスクープを抜く流れになっている。

 で、ネット上では「文春砲」という言葉がやりとりされている。それほど、両週刊誌、特に文春の取材力と記事作成能力が目立っているわけだ。

 今回は、週刊誌報道がリードする2016年の上半期を振り返りながら、どうしてこんなこと(文春の一人勝ち状況)になってしまっているのかを考えてみたいと思っている。

 最初に結論を言ってしまうと、私は、ここしばらく、文春&新潮の存在感が突出して見えるのは、彼らの取材力の結果というよりは、新聞およびテレビの退潮を反映した状況なのだと思っている。

 特に、芸能分野についてのスキャンダル記事は、ずいぶん前から文春、新潮の独壇場になっている感がある。

 ほんの10年ほど前までは、スポーツ新聞各紙に、それぞれ、スクープを抜くだけの力があった。
 あるいは、彼らが取材力を失いはじめたのはもっと前なのかもしれない。
 ともあれ、少なくとも20年前には、まだまだスポーツ新聞には侮りがたい実力があった。
 当時は、テレビのワイドショーも独自の人員と予算を備えていた。

 写真週刊誌の存在も大きかった。フォーカス、フライデー、フラッシュの主要3誌は、芸能スポーツのみならず、政治経済分野でも、毎週のように世間を驚かすスキャンダルを暴き立てていた。

コメント52件コメント/レビュー

紙だろうが電子媒体だろうが、読み手が欲しているのは情報であって、媒体じゃない。
今の人がスマホ本体が欲しくてスマホ買ってると思ってるの?スマホ使って得られる利便性にカネを払ってるんでしょ。

そういう意味じゃ取材力の減少ではなく、単に新聞社/雑誌社の商売のやり方が下手過ぎるだけという結論になりませんかね。

大昔の酒屋のような、「抱き合わせ販売(要らない記事も漏れなく付いてくるという意味)」ばかりやってるようじゃ客も離れていくってもんだ。(2016/04/01 10:52)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「文春砲の雷鳴を聞きながら」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

紙だろうが電子媒体だろうが、読み手が欲しているのは情報であって、媒体じゃない。
今の人がスマホ本体が欲しくてスマホ買ってると思ってるの?スマホ使って得られる利便性にカネを払ってるんでしょ。

そういう意味じゃ取材力の減少ではなく、単に新聞社/雑誌社の商売のやり方が下手過ぎるだけという結論になりませんかね。

大昔の酒屋のような、「抱き合わせ販売(要らない記事も漏れなく付いてくるという意味)」ばかりやってるようじゃ客も離れていくってもんだ。(2016/04/01 10:52)

▼ ネット上だけで倫理観や正義感を振りかざす奴等は嫌いです。同じく、当事者でない人間がその人の行為を裁こうとするのも大嫌いです。ですので、
>ショーンの嘘は、犯罪としては裁けないが、こうして、ネットの世界で糾弾するべきだ。
こんな阿呆な事言う人間に対しては思いきり見下します。絶対に人として劣っている。▼ 自分の中で善悪、倫理の基準を持てていないのですよ。芯がない。だからこれに関しては価値基準を外に求めてしまう。世の中で『何となく決まっているルール』みたいなものに全力に乗っかることで、それが自分の価値基準と勘違いする、こういう人間が最近は本当多いですね。彼等は善悪倫理の価値基準が自分で持てていないので、「何故良くないのか」の説明ができません。それすら外部に求める。良い例が、ベッキーがテレビに出ると「子供に説明がつかないだろう!」とクレームを入れる親。説明はつくよ、頭悪いの?▼ これが教育が良くなかったのか何かは分かりませんが、兎に角良くない傾向です。善悪倫理について、自分で考え、自分で判断することができなくなっている。自分にとって心地よいかそうでないかでしか判断しない。こんな人間が増えると、あなたの考える『美しい国』ではなく『醜い国』になってしまいますよ、安倍総理!▼ 今の時代なら、松谷天光光さんは園田直氏と結婚できなかったどころか、両名共議員辞職してるかもしれませんね。(2016/03/28 16:52)

街頭インタビューすら、よく観てみると同じ人間がインタビューに答えている。やらせでしかない。4Kテレビを録画不可能にしようと考えてる連中は、こういう不都合な真実がばれるのが嫌なんでしょう。(2016/03/28 16:40)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長