• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

教育勅語はなぜ必要か

  • 小田嶋 隆

バックナンバー

2017年4月7日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 政治家が備えているべき資質の中には、困難な場面で感情的に振る舞わないことも含まれている。
 大臣である以上、記者の質問には回答せねばならない。答えられないのなら、その理由を伝えなければならない。仮に、質問者の態度が失礼であったのだとしても、そこは、冷静にたしなめるなりして、会見は会見として粛々と完了しておく必要がある。まあ、建前だが。

 ツッコミどころを整理すると

1.怒鳴るのは論外。

2.「自己責任」というのは、復興担当大臣が気軽に振り回して良い言葉ではない。

 というのも、社会とは責任を分かち合うシステムであり、政治はその責任を調整する手続きだからだ。特に復興を担当する大臣は、被災地の人間をサポートする任務を担っている。とすれば、復興をサポートするはずの人間の口から出た「自己責任」という言葉は、レストランのシェフが「自分で料理しろ」と言ったり、学校の先生が「自習しろ」と言ったのと同じで、職務放棄と見なされても仕方がない。

3.東京電力の株を8000株所有しているという報道があった。神経を疑う。

 といったあたりになるわけだが、これらについては、新聞各紙で既に指摘されているところでもあるので、ここでこれ以上深追いすることはしない。

 当欄では、今村大臣が記者を怒鳴りつけたあとの意外な行動について考える。
 個人的に、暴言そのものよりも、そっちの行動の方が強く印象に残ったからだ。

 会見があった4月4日の夜、私は暴言会見の動画を視聴した上で、以下のようなツイートを投稿した。

《今村復興相は、記者を怒鳴りつけた後、きちんと日の丸(だと思う。画面の左にある何か)にアタマを下げて、その後にまた記者を指差して怒鳴ってから退場している。なんというのか、人間に対する礼儀は踏み外しても、権威への服従のマナーを失っていないところに本物の奴隷根性を見た。感動した。》(こちら

 このツイートには、大きな反響があった。
 現時点で7000件以上リツイートされている。
 評判が良かったというのとは少し違う。
 どちらかといえば「荒れた」「炎上した」と言った方が正確だろう。

 たくさんの反応が返ってくるツイートが優れたツイートだとは限らない。
 実際には、このツイートのような、挑発的だったり悪質だったりするツイートの方が表面上の注目度は高かったりする。
 まあ、下品なダミ声の方が客を誘引する力は強いということに近い。

 私自身、このツイートは言い過ぎだったと思っている。
 具体的にどこが言い過ぎだったのかというと、「奴隷根性」という表現がよろしくなかった。

 今村大臣が、日の丸にアタマを下げる一方で記者を怒鳴りつけていた態度は、私の個人的な趣味とは相容れないものだ。
 が、そんな観察は私の側の一方的な思い込みに過ぎない。

 大臣が日の丸に一礼したことは、大臣個人の道徳観なり倫理観なりマナー意識の現れとして、尊重されてしかるべきものだ。赤の他人である私が、「奴隷根性」と決めつけて良いことではない。

コメント196

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授