• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 マインドなき大臣が更迭されない理由

レビュー

とても参考になった
 

56%

まあ参考になった
 

17%

参考にならなかった
 

26%

ぜひ読むべき
 

55%

読んだほうがよい
 

12%

どちらでもよい
 

31%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

素晴らしいコラムでした。どうでもいいメディアの報道で大臣が更迭されるのはいい加減もううんざりです。メディアの報道内容が無責任すぎて、大臣の資質のどうこうを考える気持ちにすらなれない。もうずっと長いことそう思っています。別に大臣の問題に限らない。とにかく攻撃が目的になっている報道が目につく。しかも、こちらがうんざりしていることにメディアの側は気がついていない。情報をおしつけられるこちらの側の気持を代弁してくれる人が必要です。(2017/05/15 13:38)

コメントの
>野党を批判し続ける人は、いまの日本を課題に思っていない人たち

こういう論理関係が破綻している印象論だけで批判するの方がおかしいだろう。

「野党批判」→「日本を課題に思っていない」事が繋がらない論理。
そもそも与党だろうが野党だろうがマスコミだろうが、批判すべき所は批判するのだよ。
マスコミ含めて、擁護は「野党」や「マスコミ」への物に偏っている位だ。
ココでの擁護とは、問題を「追求しない」「指摘しない」という所が大きいけどね。

正直、大臣の発言はどうかと思う所があるが、
実際の所、大臣に必要な能力って何だ?大臣の仕事って何だ?
中身より表面が大事なら、模範的行動が取れる役者を据えて置いたほうが良いと言う事だ。
政治家が名誉?高給取りの口実として大臣を使うよりマシだ。
大臣職につく先の知識や職務能力など怪しいものだがどうせコロコロ変わるなら。
どの道マスコミも大多数の国民も、ロクに判断能力がないから
判断できる範囲のモラル、発言、見た目や振る舞いしか評価できずに噛み付く。
マスコミ側は専門分野の見解を国民へ説明するのを放棄して馬鹿でも出来る事しかしない。(2017/05/02 17:17)

まぁ野党を批判し続ける人は、いまの日本を課題に思っていない人たちということであり、変える勇気もない人たちなんだろう。この記事の小田嶋氏を、政権批判イコール非国民としてレッテル貼る人たちは、同じ失敗を繰り返すだろう、戦前に回帰したい人たちなんだろう。もっと日本のことを、本質面から考えないと。(2017/04/30 11:31)

冒頭の山本幸三地方創生担当大臣の発言については、博物館や美術館の目的が、観光、と理解しているところに、そもそも能力や常識の無さを露呈しており、このような勘違いが頭を支配している人間に大臣を任せて大丈夫なのか、という疑問の段階なのでとりあえず様子見で済んだのだろう。一方、今村復興大臣は、東日本大震災に関連して「まだ東北のほうだったから、よかった」との発言で首が飛んだのは、”よかった”という語に皆が引っ掛かった為と考えられる。今村復興大臣が言いたかったことは、「関東で今回の大震災が起こっていたらもっと大変だった」ということだったはずで、前振りに言ったことが爆弾発言だった。前振りを言わずに、「関東で今回の大震災が起こっていたらもっと大変だった」とだけ言えばよかったのだ。両者に対して、マスコミの報道は大きく異なり、苦労している東北の人々の擁護者のように振舞って報道を行え、恐らく、正義の味方として気持ちがよかったのだろうと考えられる。このことから、マスコミが一般の人から距離を置かれるようになったのは、単純に、正義の味方、皆の擁護者と振舞えることが最近減ってきたため、無理に正義の味方だぞとやってしまい、皆にそっぽを向かれることが増えたのではないだろうか。(2017/04/27 11:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

(マンションの即日完売という)異常な状況が、普通のところに戻ってきたのです。

沓掛 英二 野村不動産ホールディングス社長