• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

忖度と揚げ足取りで日本は回る

2017年4月28日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今村雅弘復興相が辞任した。

 この4月の25日に、東日本大震災について「東北でよかった」などと発言したことの責任を取った形だ。後任には衆議院の東日本大震災復興特別委員長で、環境副大臣などを務めた自民党の吉野正芳氏が指名されている。

 当然の判断だと思う。
 ただ、辞任の経緯には、釈然としないものを感じている。
 以下、説明する。

 辞任の直接のきっかけとなった25日の発言が、無神経かつ粗雑な言葉だったことは間違いない。多くの人が既に指摘している通りだ。

 とはいえ、大臣を擁護する意味で言うのではないが、今村氏の発言の真意は、

 「地震が東北で起こったことはめでたいことだった」
 「東北が地震被害でめちゃめちゃになったことは歓迎すべき事態である」

 というところにはない。
 彼が本当に言いたかったのは

 「首都圏で同じ規模の地震が起こったらもっとひどい被害が出る」
 「われわれは東北での被害を教訓として、いずれやってくるであろう大都市の地震に備えなければならない」

 ということだったはずだ。
 講演の全文を読めば、今村氏の真意が東北の地震被害を寿ぐところにはないということは誰にでもわかる。

 とすれば、今回の不適切発言は、前回の

 「(自主避難は)本人の責任だ」
 「訴訟でもなんでも起こせば良い」

 という暴言の悪辣さに比べれば、ずっと罪は軽いのではなかろうか。
 少なくとも私自身はそう思っている。

 もっとも、既に1枚イエローカードを貰っている状況下で、失言に失言を重ねた結果が今回の辞任であったことを考慮すれば、レッドカードが出たことそのものは当然の帰結だ。私は、そのこと自体に不満を述べているのではない。

 私が納得できずにいるのは、むしろ、

 「前回の失言(および記者会見の一方的な中断という暴挙、ならびに東電株を8000株も所有していたという、そもそもの前提の部分にあった利益相反の不適格さ)の折に、すっぱりと辞任していなかったこと」

 だと言って良い。
 私の目には、不適格な大臣を任命権者のメンツのために延命していたことが、今回のみっともない辞任劇を招いたように見えるのだ。

コメント98件コメント/レビュー

言葉の精度というより、話者の本質を掴み、それに対して的確に反応する正攻法を野党やマスコミが行わず、揚げ足取りに終始しているから、それをネットも真似する。
森友の核心が官有地の不当な払下げだとするのなら、周りの地価、廃棄物回収費用など、情報を積み上げて理論を構築することではないか。それこそが、マルクス先生が資本論を構築するために行った手法だろう。「夫人に頼んだのだろう、正直に言え!」では、江戸・明治の取り調べだ(笑)。
かつて小泉首相は、論理破綻しながらも、人の心をつかみ郵政民有化をした。野田首相は、尖閣国有化と消費増税をしながらも、口先では人心を転がした。
これらに正対する冷静な事実の把握が無かった。
涙にごまかされない、女心の裏表を知らないと、百年の不遇を得る。(2017/05/09 16:54)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「忖度と揚げ足取りで日本は回る」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

言葉の精度というより、話者の本質を掴み、それに対して的確に反応する正攻法を野党やマスコミが行わず、揚げ足取りに終始しているから、それをネットも真似する。
森友の核心が官有地の不当な払下げだとするのなら、周りの地価、廃棄物回収費用など、情報を積み上げて理論を構築することではないか。それこそが、マルクス先生が資本論を構築するために行った手法だろう。「夫人に頼んだのだろう、正直に言え!」では、江戸・明治の取り調べだ(笑)。
かつて小泉首相は、論理破綻しながらも、人の心をつかみ郵政民有化をした。野田首相は、尖閣国有化と消費増税をしながらも、口先では人心を転がした。
これらに正対する冷静な事実の把握が無かった。
涙にごまかされない、女心の裏表を知らないと、百年の不遇を得る。(2017/05/09 16:54)

ネットイナゴよろしく、本稿に批判的なコメントを何度も寄せておりました。が、コメント欄に微妙な人ばかり選んで載せているのではと指摘したらそれだけが掲載されてしまいました。

そうです。私も立派に微妙な人です(笑)。小田嶋氏の言い訳を重ねた冗長的なだけの文章から真意を読み取れる読解力を自慢する人や、教育勅語をそのま信望してそうな人と、同列に並べられる名も代案もなき批判者です(笑)。

安倍政権に対してはアメリカとの関係や国際社会の責任上、成立させないといけない法律もあるのだと思い、擁護したい立場ではありますが、まあ言動かゆるんでいるのは確かだと思い危惧はしています。
またその原因は憶測に基づいた批判だけが垂れ流されることで批判者が狼少年化しているせいだと思ってもいます。
今はまだ言動のゆるみ程度ですが、本物の独裁、本当の極右政権が誕生した時に、言論人たちはそれを語る言葉を持てるのでしょうか。(2017/05/09 11:26)

小田嶋氏への賛同者のコメントも批判者のコメントも、ちょっと変な人ばかりを選んで載せてないですか?

小田嶋氏が推察している、安倍首相が自分の顔潰されたから辞任云々はあくまで証拠のない推察であって、1回目の失言は、そこまで失言かという人も多いと思う。

言論界の空気はむしろこの4年ほど安倍政権への批判、一部には極右という偏見に基づいてリベラルな経済政策まで批判しているところも見受けられる。小田嶋氏はそうした空気をしっかり読んで、言論の自由が保証された安全地帯から批判しているだけです。それが勇気ある反体制に見えるとしたら目が曇っている。

一部の強烈な政権支持者にも賛同できかねるのですが、マスコミがこんな空気だと、政権支持が固定化されてますます政権の言動がゆるむでしょうね。(2017/05/08 11:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長