• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

悲劇が偏見を強化する

2016年5月27日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 沖縄で20歳の女性が米軍嘉手納基地に勤務する軍属の男性に殺害される事件が起こった。

 東京の東小金井でも、同じ20歳のシンガーソングライターとして活動していた女性が、ストーカーの男に刺されて意識不明の重体となる殺人未遂事件が発生している。

 二つの事件に直接の関連は無いが、若い女性が襲われたショッキングな出来事だっただけに、反響は大きい。
 今回は、二つの事件への世間の反応を見比べることで、われわれが、軍隊や基地や芸能界のビジネスにどんな気持ちを抱いているのかを考えてみたい。

 こういう痛ましい事件が起こると、当然の反応ではあるのだが、人々は、悪者を探しにかかる。

 もちろん、悪者は、いずれの事件においても犯人だ。

 犯行についての95%以上の責任は、ただただ犯人の一身に帰せられなければならない。この点は誰の目から見てもはっきりしているはずだ。

 ところが、この種のあまりにも理不尽な犯罪を目の当たりにすると、人々は、犯行への見方を単純に処理することができなくなる。で、中には、犯人を責めるだけでは満足できず、犯人以外の悪者を探しはじめる人々が現れる。

 沖縄の事件では、犯行の当事者たる犯人もさることながら、その犯人の所属母体である「基地」ならびに「軍隊」の存在が強く非難される展開になっている。

 というのも、これまで、沖縄では、米軍の関係者による暴行事件や不祥事が途切れることなく続いていたからだ。

 しかも、琉球新報の調べによれば、在日米軍の兵士と軍属の法的地位を定めた日米地位協定で、米軍関係者による「強姦」が起訴前の身柄引き渡しの対象とされているにもかかわらず、1996年以降に摘発された米兵35人中、8割強に当たる30人が逮捕されず、不拘束のまま事件処理されていたことがわかっている(こちら)。

 こうした状況を踏まえて考えれば、沖縄の人々が、この事件を、単なる偶発事故とは見なさず、基地という環境がもたらした必然の災厄であると受けとめるのはむしろ当然の反応と言って良い。

 別の見方をする人々もいる。
 たとえば、中山成彬衆議院議員は、女性の告別式があった5月20日に、こんな文言をツイッターに書き込んでいる。

《沖縄で米軍属による殺人事件が発生した。結婚前の愛娘を殺された身内の悲しみと怒りは深い。折角のオバマ大統領の広島訪問に冷水を浴びせた。原爆投下には謝罪しない大統領も謝罪せざるを得ない。辺野古移転反対の活動に弾みをつける。折からの県議選にも影響する最悪のタイミング。今から沖縄に出発。》(こちら

 この「最悪のタイミング」というフレーズは、ほかにも何人かの政府関係者や閣僚が報道陣に対して語ったと伝えられている。

 こういう事件に直面して、「タイミング」という言葉が出てくるのは、その言葉を発した人間が、被害者やその遺族の立場や心情よりも、事件がもたらす政治的な波及効果の方をより強く意識しているからだ。

 たとえば自分の家族が急死した時に

「こんな忙しい時に葬儀なんて最悪のタイミングだ」

 と思う人間はまずいない。そう考えてみると、何気ない一言ではあるが、この「タイミング」という言葉は、その言葉を発した人間の内心をあまりにも雄弁に物語ってしまっている。

コメント45件コメント/レビュー

6/3付け「なぜ安倍さんは謝らないのか」が、(私は基本的に安倍さんの方向性に賛同する者ながら)非常に的を射た記事であったため、こちらの記事も拝読したものの、内容が無いようでしたので残念です。

断定的・盲目的・一面的な批判に終わらず、建設的な解決案の提示に努めてもらいたいものです。それとも、悲劇のせいで氏は偏見が強化されてしまったのでしょうか・・・?(2016/06/13 14:31)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「悲劇が偏見を強化する」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

6/3付け「なぜ安倍さんは謝らないのか」が、(私は基本的に安倍さんの方向性に賛同する者ながら)非常に的を射た記事であったため、こちらの記事も拝読したものの、内容が無いようでしたので残念です。

断定的・盲目的・一面的な批判に終わらず、建設的な解決案の提示に努めてもらいたいものです。それとも、悲劇のせいで氏は偏見が強化されてしまったのでしょうか・・・?(2016/06/13 14:31)

「米軍への風俗のススメ」はマッチョイズムとも本音と建て前の関係とも、ましてや女性蔑視とも無関係だと思います。
一言でいえば、男性の性欲解消を憲法で定める幸福追求権や人格権に含めるか否か、といった問題でして。
これは障碍者と性の問題にも深く関わってきます。

もちろん「男には性欲解消する権利がある。だから女は黙って兵隊さんに体を差し出せ」なんて言ったなら、これほど酷い女性蔑視もありませんが。
自ら性的サービスを提供し、対価を得たい女性にそれ相応の道筋をつける、さらに言えば彼女たちの身体の自由及び社会的尊厳が守られる、つまり差別などがされないように動くのは政治として間違ってはないはず。
逆に言えば「女性が体を売ることは悲劇だ」もしくは「悲劇と定義づけるべきだ」という感情論こそ女性蔑視であると思います。

アイドルの問題に関して。
もしアイドルがテレビの世界の住人で、手の届かない存在であり続けるのだとしたら、ファンは「自分が恋い焦がれる相手に自分の存在すら認識してもらえない」という生き地獄を耐え続けることになってしまうわけです。
テレビで見てちょっといいな、と思うぐらいならともかく、アイドルが好きな人の好きの度合いをなめすぎておられるのではないでしょうか。
アイドルの人生の一部になることが自身の人生の目的、とまで思いつめた人間が多数いる以上。
距離が近くなるのはしょうがないことなのです。(2016/06/01 21:39)

もちろん、女性への犯罪は許されない。その意味で、事件への抗議運動が起きることは不自然ではないし、おかしくもない。しかし、この抗議が一歩間違うとヘイトスピーチに落ちる可能性を持っているのも確かだ。

たとえばその運動が、米軍に管理責任を問い、綱紀粛正を求めるところまでは正当だ。犯罪者を出した会社の社長が謝罪するのと同じ。
しかし「米軍があるからだ」と言った時点で「米人は不道徳で危険な存在だ」と決めつけることになり、それは国・人種への偏見につながる。

米軍であるかないかに関わらず、女性への犯罪は許されない。その視点を忘れてはならない。(2016/06/01 10:57)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

時間をかけて、そばに置いて付き合わないと、本当に好きなのかどうかは分からない。

中尾 浩治 テルモ元会長