• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

HINOMARUに詫びる理由なし

2018年6月15日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 いよいよロシアワールドカップ(W杯)がはじまった。

 私にとって、サッカーのW杯ほどわくわくさせてくれるイベントはほかにない。4年に一度、世界一周旅行に旅立つみたいな心持ちだ。あと何回見られるだろうか。

 死ぬ前に、もう一回現地でナマの試合を観戦してみたいと思っている。生活に余裕ができたら、次の大会か、それが無理ならそのまた次の大会を機に、半月ほどスケジュールを空けて開催地を訪れてみたいものだ。

 今大会は、自国の代表チームとは距離を置くつもりだ。応援とは別の気持ちで、各国の精鋭の戦いを観賞しようと思っている。それでも十分に楽しいはずだ。

 日本代表が勝つようなことがあれば、私は喜ぶだろう。しかし、負けることになっても、それはそれで溜飲が下がるはずだと思っている。両面作戦だ。勝てば勝ったで選手を誇りに思うし、負ければ負けたで自らのサッカーファンとしての見識を誇りに思うことになる。どっちにしても、私は拍手を惜しまない。

 と、そんなことを考えている折も折、ツイッターのタイムラインに奇妙な文字列が流れ込んできた。どんなテキストであるのかを示すために、引用できれば良いのだが、それはできない。シャイロック、じゃなかったジャスラックが目を光らせているからだ。日本音楽著作権協会に登録している音楽家の楽曲を引用すると、著作権使用料が発生する。このことが、わたくしども文筆家を様々な場面で苦しめている。

 今回は、ある楽曲の歌詞について書こうと思っているのだが、その歌詞を読者の目前に引用して示すことができない。このことを、私が大変に心苦しく思っているということをどうかご理解いただきたい。

 歌詞検索サイトにリンクを張っておこうかと思ったが、これが著作権の侵害になるものなのかどうかに、私は確たる知識を持っていない。

 ゆえに読者諸兄は、自ら曲名を判断し、各自検索して欲しい。もし、ジャスラックが何かを言ってきたら、歌詞のサイトも消されることになると思う。そうなったら、読者諸兄には、できれば架空の歌詞を暫時思い浮かべながら次行以降を読んでほしい。

 ご確認いただけただろうか。
 ごらんのとおり、不思議な歌だ。

 私は、初見で
 「うひゃあ」
 と思った。

 「気高きこの御国の御霊」
 「たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」
 「さぁ いざゆかん 守るべきものが 今はある」
 といったあたりの言霊の幸ふところに感じ入ったからだ。

 まあ、あえて言うなら、君が代風、軍歌風、愛国歌風といったあたりの周辺にある何かではあるのだろう。

 私個人は、この歌がどうだということではなくて、こういう出来物が、民放のサッカー放送のテーマのカップリング曲として選ばれる時代がやってきたことに強い印象を持たずにおれなかった。

 平たく言えば、びっくりした、ということだ。

コメント84件コメント/レビュー

「軍歌みたいな歌を歌うな、コンサートは潰せ」
「アーティストが自由に歌を歌う権利を奪うな、反対運動は潰せ」
どちらが言論弾圧だろう

正直、どっちもどっち以上の何物でもない。
最後の二ページほどは、蛇足だったのでは。
オチは、ちょっとクスッとしたけども。(2018/06/19 12:14)

オススメ情報

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「HINOMARUに詫びる理由なし」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「軍歌みたいな歌を歌うな、コンサートは潰せ」
「アーティストが自由に歌を歌う権利を奪うな、反対運動は潰せ」
どちらが言論弾圧だろう

正直、どっちもどっち以上の何物でもない。
最後の二ページほどは、蛇足だったのでは。
オチは、ちょっとクスッとしたけども。(2018/06/19 12:14)

現在の先進民主主義国家のいくつかにも血を血で洗った立国の歴史を国歌に歌う国々がいくつもある。今となっては時代錯誤となりかねない(初めて聞くとおぞましさにひくような)歌詞も、民主化や独立を勝ち取った歴史の重さを国民が心にとどめるためには必要不可欠と思うから続いているのではなかろうか(現状維持バイアスもあるかもしれないが)。幕末に内乱が起きたとはいえ、地方と中央の勢力争いの域を出ないようにも見える日本の近代化においては、圧政を打倒し民衆の開放を勝ち得た歴史を経たわけではなく、いい具合に上の方でやってくれた人たちのおかげで今の国があるので、有難味が身に染みてないと、お花畑を蝶になって舞いたいと思うやつも出てくる。下手をこくとまたいつ己の身を力で引き裂かれるか判らないという危機感を内包しない民主主義はいかがなものかと思うぞ。我等の御霊は我等の(奉ずるところの)御霊、とでも読めばいいんじゃね。(2018/06/19 11:18)

小田嶋さんは軍歌はいけないモノ、封印しておくモノという認識がベースとしてあるようです。
それは個人の意見や思想なのでいいと思いますよ。
そこで私から申し添えておきたいのが、世界中の多くの国で国民から最も信頼を寄せられる組織が軍なのです。この事実は厳然としており揺るぎません。時に政府が腐敗し官僚の横暴や賄賂がすべてにおいて優先されるような国体が崩壊の瀬戸際に追い詰められたとき国民は軍にその救済を求めてきた歴史は隠しようがないことですね。軍政、発展途上国では珍しいことじゃありません。まぁ軍事政権に対抗する旧権力側も反政府武装組織を編成して内乱を起すのが常なので国民が軍政で幸福になっているかは微妙ですが。
小田嶋さん、一度なぜどんな経緯で「軍」という組織が発展して来たのか、お調べください。
旧石器時代の集落あたりの「戦士」ぐらいに遡って。連綿と続いているんです。存在意義が。
そこから戦争の様相を学んでください。戦いに勝った方の栄誉栄華は広く知れ渡っているでしょうが、負けた方の国や民族がどうなったか?特に女子供です。
これらを知った上で、「軍が存在しなければ争いは生じない」という結論なら何も言いません。
しかし多くの場合、私の経験上、進歩的で責任感がある人は180度考えが変りましたね。
進歩的だけど責任感の欠片もない人はそのままでしたけど。
自身で導き出した結論を聞かせてください。(2018/06/18 10:23)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外の取引先のやり方に合わせたら、それが違反だとなったわけです。

藤田 伸治 藤田観光バス代表取締役