いよいよロシアワールドカップ(W杯)がはじまった。

 私にとって、サッカーのW杯ほどわくわくさせてくれるイベントはほかにない。4年に一度、世界一周旅行に旅立つみたいな心持ちだ。あと何回見られるだろうか。

 死ぬ前に、もう一回現地でナマの試合を観戦してみたいと思っている。生活に余裕ができたら、次の大会か、それが無理ならそのまた次の大会を機に、半月ほどスケジュールを空けて開催地を訪れてみたいものだ。

 今大会は、自国の代表チームとは距離を置くつもりだ。応援とは別の気持ちで、各国の精鋭の戦いを観賞しようと思っている。それでも十分に楽しいはずだ。

 日本代表が勝つようなことがあれば、私は喜ぶだろう。しかし、負けることになっても、それはそれで溜飲が下がるはずだと思っている。両面作戦だ。勝てば勝ったで選手を誇りに思うし、負ければ負けたで自らのサッカーファンとしての見識を誇りに思うことになる。どっちにしても、私は拍手を惜しまない。

 と、そんなことを考えている折も折、ツイッターのタイムラインに奇妙な文字列が流れ込んできた。どんなテキストであるのかを示すために、引用できれば良いのだが、それはできない。シャイロック、じゃなかったジャスラックが目を光らせているからだ。日本音楽著作権協会に登録している音楽家の楽曲を引用すると、著作権使用料が発生する。このことが、わたくしども文筆家を様々な場面で苦しめている。

 今回は、ある楽曲の歌詞について書こうと思っているのだが、その歌詞を読者の目前に引用して示すことができない。このことを、私が大変に心苦しく思っているということをどうかご理解いただきたい。

 歌詞検索サイトにリンクを張っておこうかと思ったが、これが著作権の侵害になるものなのかどうかに、私は確たる知識を持っていない。

 ゆえに読者諸兄は、自ら曲名を判断し、各自検索して欲しい。もし、ジャスラックが何かを言ってきたら、歌詞のサイトも消されることになると思う。そうなったら、読者諸兄には、できれば架空の歌詞を暫時思い浮かべながら次行以降を読んでほしい。

 ご確認いただけただろうか。
 ごらんのとおり、不思議な歌だ。

 私は、初見で
 「うひゃあ」
 と思った。

 「気高きこの御国の御霊」
 「たとえこの身が滅ぶとて 幾々千代に さぁ咲き誇れ」
 「さぁ いざゆかん 守るべきものが 今はある」
 といったあたりの言霊の幸ふところに感じ入ったからだ。

 まあ、あえて言うなら、君が代風、軍歌風、愛国歌風といったあたりの周辺にある何かではあるのだろう。

 私個人は、この歌がどうだということではなくて、こういう出来物が、民放のサッカー放送のテーマのカップリング曲として選ばれる時代がやってきたことに強い印象を持たずにおれなかった。

 平たく言えば、びっくりした、ということだ。

バックナンバー

著者プロフィール

小田嶋 隆

小田嶋 隆

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

58%

まあ参考になった
 

15%

参考にならなかった
 

25%

ぜひ読むべき
 

58%

読んだほうがよい
 

11%

どちらでもよい
 

30%

いただいたコメントコメント82件

小田嶋さんは軍歌はいけないモノ、封印しておくモノという認識がベースとしてあるようです。
それは個人の意見や思想なのでいいと思いますよ。
そこで私から申し添えておきたいのが、世界中の多くの国で国民から最も信頼を寄せられる組織が軍なのです。この事実は厳然としており揺るぎません。時に政府が腐敗し官僚の横暴や賄賂がすべてにおいて優先されるような国体が崩壊の瀬戸際に追い詰められたとき国民は軍にその救済を求めてきた歴史は隠しようがないことですね。軍政、発展途上国では珍しいことじゃありません。まぁ軍事政権に対抗する旧権力側も反政府武装組織を編成して内乱を起すのが常なので国民が軍政で幸福になっているかは微妙ですが。
小田嶋さん、一度なぜどんな経緯で「軍」という組織が発展して来たのか、お調べください。
旧石器時代の集落あたりの「戦士」ぐらいに遡って。連綿と続いているんです。存在意義が。
そこから戦争の様相を学んでください。戦いに勝った方の栄誉栄華は広く知れ渡っているでしょうが、負けた方の国や民族がどうなったか?特に女子供です。
これらを知った上で、「軍が存在しなければ争いは生じない」という結論なら何も言いません。
しかし多くの場合、私の経験上、進歩的で責任感がある人は180度考えが変りましたね。
進歩的だけど責任感の欠片もない人はそのままでしたけど。
自身で導き出した結論を聞かせてください。(2018/06/18 10:23)

小田嶋さんが一方の代表的な意見と見ているこのツイート。

「右であれ、左であれ、自分の意見をいう自由は認められなくてはならない。歌詞が気に入らないから歌うなというのは、表現の自由を奪う行為。何故、「リベラル」は、この蛮行を批判しないのか?」
ここまではわかる。

「彼らは自由を愛するのではなく、我が国を憎悪しているだけではないのか?」
ここでいつもひっかかる。
何故いきなり「我が国を憎悪している」となるのか、こういう思考の飛躍、結構見かける。
「イコール中国や北朝鮮の味方」となると、さらにわからない。

なんか私の知らない所でそういう定説ができているのでしょうか?(2018/06/17 23:37)

 サッカー(特にW杯)が疑似戦争であることは明らかだ。リアルな戦争をしないためのガス抜きでもあるし、人間はアホみたいなお祭り騒ぎをしでかすものだということを4年に一度確認し反省する機会でもある。したがって、そのテーマソングが軍歌風であることになんの違和感もない。
 むしろ、意識的に軍歌をパロディ化するぐらいのシャレっ気が、アーティストには求められていい。サザン桑田とかだったらそのくらいのことはやりそうな気がするが。
 最近の若いアーティストは品行方正でナイーブすぎてふがいないなどと小言を吐きたくなるのは、私がジジイになったからか。
 まあ、少なくとも先回りして「サクラ散る」ぐらいのフレーズは入れて欲しかったところだが。

 椎名林檎はオリンピック御用達シンガーであるという程度の知識はあるが曲は聞いたことがない。
 文語を取り入れた曲で思いつくのはユーミンの「春よ来い」。これは文語を使う必然性が感じられる曲ではある。「源氏物語」的な雰囲気をうまく曲に取り込んだ。「本歌取り」などと同様に世界観を借りてくるというひとつの手法。
 それに対して宇多田ヒカルの「Traveling」は「平家物語」をそのまま借用している。「春の夜の夢の如し」。月日は百代の過客、行き交う人もまた旅人と松尾さんも言うように、Travelingは諸行無常の響きを16ビートで表現したものだろう。
 ロックといえば8ビートだが、この単純なリズムが教養乏しい一般大衆の支持を得て、それが権威や体制への反抗の象徴となったというのは理解しやすい。
 同様に大衆のための交響曲を書いたのがベートーベン。運命のノックの音が「ダダダダーン」なのは一般ビーピル誰にでもわかる。
 だから、ロックは「ロール・オーバー・ベートーベン」を目指したのだろう。
 ほとんど音楽素養のない私でもこの程度のご託は並べられるのだから、日本の公教育というのもバカにはでぎない。

 「赤信号みんなで渡れば怖くない」。赤信号は公権力の象徴なのだろうが、徒党を組んで渡るのはお上に対する反抗というよりは、クルマもきていないのに「赤信号」というルールを守りましょうというとりすました戦後民主主義に対する揶揄であり、それが大衆の支持を得たのだ、と小田嶋さんは言う。
 さて、そのときのリズムは何か。そうか、ツービートか。(2018/06/17 22:08)

コメント(82件)を読む/書く