• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

約100回の夜を越えて

2015年6月26日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 この原稿は、いま、自宅のパソコンで書いている。

 5日後に迫った退院に向けて、準備のために自分の家に帰っているからだ。
 夜の時間帯に用事があって、病院の門限までに戻れない日は、外泊せねばならないということでもある。

 ともあれ、外泊している。

 考えてみれば、自分の家に戻っている状態を「外泊」と呼んでいる現今の状態が、そもそもおかしいといえばおかしい。変だといえば変だ。

 私は、自宅に適応できずにいる。
 で、眠ることがかなわず、真夜中に原稿を書いている。

 なぜ眠れないのか。
 まずそのことについて書こう。

 家に戻ってみてあらためて思うのは、自分がこの3カ月あまりの入院生活を通じて、すっかり病院の暮らしに適応してしまっているということだ。

 たとえば「眠る」ということひとつをとっても、私は病院でなければ安眠できない「型」のようなものを身につけている。

 はじめから説明せねばなるまい。
 そもそも、私が入院したのは、脚を折ったからだ。

 で、病院は、その折れた脚と折り合いをつけるために、さまざまな利便を提供してくれている、実に快適な場所であったわけだ。
 ここが大切なところだ。

 骨折事故当日からしばらくの間、また、手術からまだあまり時間のたっていない期間、患部である左脚は、痛んだり腫れたり熱を持ったりしている。その脚を、少しでも不快でない状態に持って行くべく、病院では、電気式の冷却液循環装置につながった冷却パッドが待機し、動かすことのできない足先に血栓を作らせないために強制的に足の裏を揉みほぐす空気圧式のマッサージ器が投入される。

 最も症状の重い段階を過ぎても、脚は、まっすぐに伸びなかったり、たやすく充血したり、しびれがちであったりする。そして、その種の漠然とした不快感は、入院患者が最も忌むところの不眠に直結している。

 そこで、病院のスタッフは、充血しがちな脚を高い位置に保つために枕やクッションを用意し、曲がった脚が眠っている間に倒れないようにするために細かい詰め物を揃えてくれる。

 そうこうするうちに、脚の痛みは消え、腫れや曲がりも軽快して行く。
 と、その時々の脚の状態に合わせて、ベッドの上での脚の定位置も、その都度、微調整を経ながら、最適化されて行く。

「何を細かいことを」

 と思っている人は、眠りをバカにしながらこれまで生きてこられた幸運な人間であるのだろう。

コメント15件コメント/レビュー

ま、何はともあれ、退院できて良かったですね。私も3ヶ月入院経験あるので、その間の社会との接点の少なさにストレスを感じたものです。やはり、外に出る事は頭にも心にも必要ですね。何気ない風景に目が惹きつけられたり、空の表情に感動したり。内側だけでは文章も絵画も写真も感性が鈍り、表現力が乏しくなっていく。スランプが来たら、とにかく外を見ること。そして外に行くこと。小田嶋さんもそうやって元気になってくださいな。(2015/07/04 22:04)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ま、何はともあれ、退院できて良かったですね。私も3ヶ月入院経験あるので、その間の社会との接点の少なさにストレスを感じたものです。やはり、外に出る事は頭にも心にも必要ですね。何気ない風景に目が惹きつけられたり、空の表情に感動したり。内側だけでは文章も絵画も写真も感性が鈍り、表現力が乏しくなっていく。スランプが来たら、とにかく外を見ること。そして外に行くこと。小田嶋さんもそうやって元気になってくださいな。(2015/07/04 22:04)

潮風が吹いている。ふと見ると小田嶋さんが貝殻を拾おうと…屈んで大丈夫なんですか!と駆け寄ろうとすると…頒布業者が…と声が聞こえ、振り向くと…いつしか浜はごった返し、ボトルキャップやらボールや雑誌、スマホに各種家電、打ち寄せられた物が掻き集められ、屋台で売られ、トラックで運ばれ、ヘリが飛び…いやはやエントロピーですなぁ、と通りすがりの人。なるほど知力体力財力尽くしての現状維持も現状変更も文明複雑化の一途かぁ…記憶となって見かけ上の時間可逆性を獲得するまで…って、太陽がある限り閉鎖系ではアリマセン…おお。てな事で、小田嶋さんの文と虹を希望として、ここ(地球)で生きていく所存です。
退院おめでとうございます。(2015/07/01 14:50)

●奇しくも私は小田嶋さんに先立って3月に入院を計画し、小田嶋さんに遅れて4月に入院し、一足早く5月に退院している身なので、境遇へのシンパシーは人一倍かと自認します。  

●一般的に長い人生では、アクセントを挟むほうがアクセント無しと較べて出力の品質は向上する傾向にありますから、なんらかのメリットは必ずあると期待しております。

●隣国大統領が外遊後に胃痛で長期休養したあとの第一声が些細な反日コメントだったので大いに脱力したのが記憶に新しいのですが、小田嶋さんも退院後のブランク明け第一声こそが「静かにじっくりよーっく考えてみた結果、これこそ一番大事だと思った」ネタのはずなので、剋目してお待ちしております。(2015/06/27 22:01)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授