• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

戸籍謄本開示と魔女裁判について

2017年7月14日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 こういうことが当たり前になれば、開示しないところについてさらに公開圧力が増すのは目に見えている。悪い前例ができれば、日本中にあまた散らばっているはずの帰化者や混血の子どもたちが影響を受ける。彼らだけではない。帰国子女や、外国生まれで出生地の国籍をあらかじめ併せ持って生まれてきた日本人や、ほかの民族の血筋に連なる日本人や、あるいはたまたま異国的な風貌を持って生まれてきた子供のような、「誰の目にも一目瞭然で日本人とわかる典型的な多数派の日本人」とは別の、「マイノリティーの日本人」が、様々な場面で、戸籍の全面開示を求める圧力にさらされることになるはずだ。こういうバカな近未来を招来してはならない。

 今回述べたいことの本筋ではないし、ここが論点で荒れるのは面倒だが、改めて述べれば、私自身の「二重国籍」の件自体についての認識は、昨年の9月に当欄で書いた内容から基本的には変化していない。

 ひとことで言えば、蓮舫氏が、日本国籍を有している以上、国会議員として、また、公党の代表として執務するにあたって、法律的な問題はないということだ。

 彼女のもともとの国籍(台湾籍)が、どの時期にどういう経緯で処理され、現在どういうことになっているのであれ、また、その自分の過去の国籍についての彼女自身の認識が事実に即した正確なものであったのであれそうでなかったのであれ、すくなくとも、蓮舫氏が、現に日本国籍を有している限りにおいて、その余のことは言ってみれば瑣末事で、大筋としてはたいした問題ではないのだと考えている。

 つまり、二重国籍であるのだとしてもそれがただちに法律違反にはならないということだ。

 相手が政治家であれ公務員であれ、二重国籍を「疑惑」と呼び、それを問題視し、戸籍の開示を迫ることは、外国籍を持っている(あるいは持っていた)日本人に対する差別と言っても過言ではない。

 何人かの人が既に指摘していることだが、わが国では、2007年に、ペルーの元大統領であり、日本とペルーの二つの国籍を有する明らかな二重国籍者でもあるアルベルト・フジモリ氏が、国民新党(当時)から参院選に立候補した事例がある。この時、フジモリ氏の立候補は当局によって何の問題もなく受理された。二重国籍であることを理由に彼の立候補に異を唱える声も特に出なかった。本国のペルーで、大統領が二重国籍であることを隠していたことが批判されていたにもかかわらず、だ。とすれば、今回、蓮舫氏の二重国籍だけが問題化されているのは、話のスジとしておかしい。

 蓮舫議員に関して
 「中国のスパイだ」
 といった種類の中傷が、いまだにネット上にあふれていることからしても、彼女の国籍に執着する人たちの質問は、あまり真に受けるべきものではない。

コメント172

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「戸籍謄本開示と魔女裁判について」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

グローバル市場でいい仕事をしたければ、まず「世界に通用する見識」を磨くことだ。

中谷 巌 「不識塾」塾長、一橋大学名誉教授