• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 戸籍謄本開示と魔女裁判について

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

国籍がふたつあっても、「わたしは日本のために働きます」という意志と宣言(証拠)があれば何国の方でもよろしい気はしますが…でも、何かあった時に疑う人は疑いますよね。「手心を加えたんじゃないか?」「こう言ってるけど本心はどうなんだ?」「ないない言ってるけど、本当はあったんじゃないか?」とか。…あれ、日本国籍のみであろう首相も言われてることですね。まとまらない。すみません。(2017/07/24)

「二重国籍」の問題と「戸籍謄本開示」の問題は別問題。

何があっても蓮舫氏は(一部であっても)戸籍謄本の開示をすべきではなかったし、周囲も戸籍の開示を求めるべきでなかった。

マイノリティに対する差別につながりかねない行為を代表自らが行ったのだから、これは民進党の自殺行為。極めて残念。

グローバルな時代、二重国籍者が増える一方、国籍に関する決め事は(我が国の承認の有無にかかわらず)それぞれの国家の法令によって決められているので国籍の離脱は容易でないこともある。法の建前から言えば、国家権力の行使に関わるものが二重国籍であっては困るが、今後、二重国籍者の国籍離脱あるいは他国の国籍を離脱したとみなすルールをきちんと作っておかないと、いずれまた魔女裁判が繰り返されるであろう。(2017/07/24)

経歴詐称による公職選挙法違反(時効だが)については、どう考えているのでしょうか?
法を作る立法府に奉仕する人間が、知らなかったので過去法律違反を犯していましたという言い訳がまかりとおる社会でいいと思っているとでも?(2017/07/24)

公職選挙法では、二重国籍は違法ではないのに、経歴詐称は違法。何故、違法ではない二重国籍について声を上げる人々が、一国の総理大臣にして衆議員議員の経歴詐称について声高に違法だと叫ばないのか?本質は、好き嫌いだということですよね(2017/07/24)

「反対意見が多い印象でしたが、この記事をとう読めば蓮舫氏擁護ととれるんだか。
そういう読解力なしのバカだけが批判してるんだなと納得できたコメント群でした。」
人のことをバカという人が一番バカだもん。(2017/07/20)

オーストラリアの二重国籍だった国会議員は辞任しましたよね。オーストラリアのような多民族国家でも、一旦辞任するのがやっぱ筋なんでしょうね。辞任すれば、戸籍を公表する必要もない。きっちり国民になって出直しますとすれば。。。。(2017/07/20)

 この問題を、勝手に「もう終わったこと」とする意見に承服しがたい。
 国の進むべき方向を決める立場の人間が、この国の未来に自分の人生を預ける存在でないことは、ゆゆしき問題だと考え続けている。
 二つの国で生きる権利を持つものは、両国の利害が対立したときどちらにつくのか。
 今、中国と日本の利害は対立している部分が多い。「2番ではいけないんですか」という彼女の発言が今取り上げられるのも、「事業仕分け」の大義名分に隠れた利敵行為を疑われているからだ。
 あなたの識見に敬意を抱いてきたが、今回は非常に偏った意見で残念に思う。(2017/07/20)

反対意見が多い印象でしたが、この記事をとう読めば蓮舫氏擁護ととれるんだか。
そういう読解力なしのバカだけが批判してるんだなと納得できたコメント群でした。(2017/07/19)

戸籍開示そのものに対して意味がないでしょうけど、本人の自爆結果かと、
企業がクレーム対応(隠ぺい含む)ミスで炎上しているのとおなじような感じで
返答に一貫性がなく、おまけに内容ミスが指摘されるという悪循環
正直、最初に代表後問題視されたときに
精査したところ、国籍放棄手続していなかったので×月〇日に手続きをしました
ですむところだとおもいました。
ここまで大ごとになったのは一貫性・説得力がなかったからだと。
最後は蛇足ですが
故に与党も野党第一党も支持率を落とし、都知事選では(実際にほとんど進んでいない、期待感のみの)ファーストが大勝することになったのでしょう(2017/07/19)

今回の問題は「過失なんちゃら」程度の罪であることは理解しております。

ただし、「法の前には平等である」必要があると思います。

蓮舫であろうがなかろうが、敵味方だろうが「無罪ではない」。

事実と結果を捻じ曲げてしまっている。(2017/07/19)

国境とは、国籍とはと考えさせられるなぁ。企業のCEOになるのに国籍は関係ないですよね。国籍に関係なく活躍する人が尊敬される。国境は、為政者の徴税権の範囲ですよね。権力が及ぶ範囲というよりも、金を取れる範囲。だから、為政者は国境に固執する。それが転じて、為政者の国境を守ることが国民の義務となる。でも、庶民にとって国境ってなんだろうか。独裁国家の為政者に支配されるのは嫌だ。しかし、民主主義的に選ばれる為政者であれば、国の範囲はあまり関係ないようにも思うが。為政者は金の取れる範囲を気にする。金を払うものは、民主主義的に選ばれるなら誰にでも為政者を託すことは可能なような気がするが。社長の国籍がなんであろうと、給与と公平な評価が保障されるなら、社員には関係ない。実際にそのような企業はたくさんある。国家って何なんでしょうね。近代国家ができて、200-300年くらいですか。これって、無政府主義的発想ですか。(2017/07/19)

小田嶋さんの言ってることは的外れです。
蓮舫氏は嘘をついてるから非難されるのです。結局開示したのは、戸籍謄本じゃないし。
彼女は昔から自分の事を、台湾人だとか中国jのハーフだとか言って、それを売りにして活動されてましたよね。何か変ですね。(2017/07/19)

やっぱり党首は二重国籍でしたね。ふつうはこれで党首辞職、議員辞職なんですが小田嶋さんをはじめとする擁護派はそれでも支援するのかしらん。

嘘をついていたことも認めていたので魔女裁判でも何でもなく ただのダブルスタンダード民進党党首であったことの証明が終わっただけです。人の批判をするよりも自分のことを見つめなおす必要があるだけです。これは小田嶋さんにも当てはまっちゃうのかもしれませんし、このコメント欄で一所懸命まともなコメントを非難していた方々や小田嶋さんのコラムを激賞した方も反省いただけると幸いですがたぶんダメでしょう。蓮舫氏と同等にダメな素質が身についているので。(2017/07/19)

今日の蓮舫会見で、一番問題だと思ったのは、
【再発防止策】が蓮舫から発言されていないことです。

「(戸籍公開は)これ限りにしてもらいたい」と要求する前に、
【再発防止策を示す】のが
日本の企業では、当たり前のことなのですが。(2017/07/18)

本日午後6時、とうとう蓮舫が二重国籍であることを白状しました。

【自衛隊の最高指揮官が二重国籍者】というのは、
どう考えても納得いきませんが。(2017/07/18)

なぜスパコンの話をもって彼女を批判するのかなあ。スパコンなんて世界1位でも5位でも何位でも別に良いんだよ。そのスパコンをどう使うか、何をアウトプットとして出すか、が問題でしょうに。ウン百億円かけて世界一のもの作って、それが何も生み出さなかったら意味ないじゃん。これを以って彼女を売国的だという輩は、所詮その程度の残念なレベルの人と思われても仕方ないよ。(2017/07/18)

>蓮舫氏は自分や自党に甘く、他人に非常に厳しい

いやそれは皆さんのことではないですか(笑)

かたや情報弱者でロクな判断ができないと言われるし、我々国民も舐められたものですね。(2017/07/18)

法律を守っているのか、否かが問題で、差別に利用する人が居るのかも知れないが、法治国家に生きている異常、当然、従っていることを証明をして欲しいだけである。証明の方法として、手っ取り早いのが戸籍謄本の開示なのであるが、それ以外に方法があるのであればそれでも良いのである。蓮ホウ代表の場合は、これ以外に、台湾国籍を有していないことを証明するのでもよかったのである(台湾が承認国でないのであれば、端から二重国籍者ではないので、そう言っても良かったが、そうすると中華人民共和国が絡んできたかもしれない)。
今回の記事を読んでいて、根本的に分からないことは、
①二重国籍者は、基本、ある特定の年齢に達した時点で、1国を選択するという法律があるのか、ないのか?⇒別の記事ではこの法律はあると記載されていた。
②国会議員や、大臣、総理大臣は、日本国籍を有していれば、他国の国籍を有した二重国籍者でもなれるものなのか?
③ペルー大統領は二重国籍者だったが立候補できたとの事であり、蓮ホウさん以外にも二重国籍者の国会議員がいたということは、二重国籍を事前審査するようなことは全くされていないということなのか?
①と②、③は矛盾する内容で、記事を書く人が勝手に判断して書いているようで、一体どうなっているのか不明である。(2017/07/18)

そう言えば外国で、二重国籍が原因で議員辞職したところがありましたな。
国籍の透明性を問題にするのは日本に限ったことではない証拠ですね。

そういえばYahooニュースで二重国籍状態での立候補に違法性はないとミスリードする記事を出す団体なども湧いています。日本を弱体化させ内部から侵食する勢力のなんと多いことか、と驚きとともに恐怖を覚えます。

スイス政府発行の「民間防衛」という本が日本語に翻訳されて書店で購入できるので、お読みでない方は是非読んでみてください。
日本の現状が手に取るように理解できます。(2017/07/18)

日本在住の有名アスリートだって、日本国籍でなければ日本代表にはなれない。オリンピック代表やワールドカップ代表のなかに他国籍を疑われる選手が混じっていたら大問題。日本代表は日本国民というのが一般の国民の考え方。差別ではなく、日本代表選考の場に他国人が混ざる資格はないというだけ。スポーツ選手しかり、国会議員しかり。(2017/07/17)

国籍を変える問題は面倒です。 ずっと日本に帰化したがっていたのに母国が事務手続きを塩漬けにしているので半ばあきらめ顔の人もいました。 自分にはそこまで母国を捨てたい気持ちはないけれど、それが愛国心から来るのか日本語しか話せないからなのか曖昧なものを感じます。
日本人だから日本の国のために立派な政治家になるかと云えば、大概は地元の利権拡張のための取引に出てくるので日本が良くなるかどうかは二の次ですし。(2017/07/17)

「世間はもう忘れている」のでは無く、打倒安倍政権を目指すマスゴミが「世間はもう忘れている」状態にしようと思っていたものの、SNS等ネットの影響力を無視出来ず沈静化に失敗した為に、この問題が再度浮上して来ただけでは無いのでは?
何れにしても、自民党の小野田議員のように個人情報を伏せて、国籍の選択日が記載された戸籍謄本を見せれば終わっていた話かと思いますが、それが出来ないから「世間はもう忘れている」ている状態にならないだけですよ。(2017/07/17)

国籍問題を魔女狩り裁判にすり替えて、国籍問題を批判する輩を魔女狩りする言論統制。
支持率のブレ具合からいって日本人は戦争できる国民だから、一部マスコミは、過去の栄光をもう一度で、戦争反対を唱えながら、戦争させるために、魔女狩りがお好き。(2017/07/17)

政治資金規正法について書かれている方もおられましたが公職選挙法に於いてもここが問題なのと、
過去に経歴詐称で当選無効が発効していることを鑑みれば、蓮舫が日本人であると錯誤させるような言動をして当選していることが身分詐称にあたると考えられます。

いずれにせよ、二転三転する言動で失墜した、本人と民進党の信頼が回復するかどうかが、
これらがの疑惑が真実ではないと証明することにかかっています。

もしこれらの法に従う必要性がないというならば、過去にいわれのない疑惑で更迭されたり、
経歴詐称で当選無効になった方々に対しても補償をしなければならなくなりますが、
その辺の整合性をどのようにとるおつもりなのか、その見解を聞いてみたいですね。



第235条 当選を得又は得させる目的をもつて公職の候補者若しくは公職の候補者となろうとする者の身分、職業若しくは経歴、その者の政党その他の団体への所属、その者に係る候補者届出政党の候補者の届出、その者に係る参議院名簿届出政党等の届出又はその者に対する人若しくは政党その他の団体の推薦若しくは支持に関し虚偽の事項を公にした者は、二年以下の禁錮又は三十万円以下の罰金に処する。

第11条 次に掲げる者は、選挙権及び被選挙権を有しない。
1(略)
2 禁錮以上の刑に処せられその執行を終わるまでの者

第99条 当選人は、その選挙の期日後において被選挙権を有しなくなつたときは、当選を失う。(2017/07/17)

蓮舫さんの説明責任の必要性と、その証明を、することには危険性が含まれる。

危険性を「含む」ことに注意深くならなければいけない。

二重国籍を問題にしていない、説明に食い違いがあることを問題に。
差別問題ではない、説明に食い違いがあることを問題に。

結果的に含まれるのです。出自で差別するを、含む問題です。

愛国心やプライドを持つことの何が悪い、ではなく「排外・優越が含まれる」危険性があることと同様に。注意することが成熟。

私個人は「法務省の重国籍見解」「法」がソフトランディングだと考えている。法倫理からも、蓮舫の説明責任は差別補完する公開は不要、弁護士確認で可。今後、国籍選択は必要なのか議論は必要。(2017/07/16)

120%賛同します。 ただ、この記事を読んで、二重国籍は問題だと考えていた人たちが
考えを変えるとは思えません。 願わくは、態度を決めかねていた人たちが愚かな考え
に陥るのを予防する記事になれば良いと思いますが。(2017/07/16)

二重国籍が問題になるというが・・・
具体的に何が問題なのか教えてほしい

・法令違反>>日本は2重国籍禁止だから、ダメ>>これについてはわかる。はっきりとさせてほしい。

・日本ともう一つの国に関しての利害を考えて行動する国会議員は不適ではないのか>>仮に台湾や中国との2重国籍だとしてだ。べつに日本とかの国は国交断絶しているわけではないのだから、利害一致する部分もあればしない部分もあろう。その中にいろいろな意見の人間が集まってくるのは当たり前で、意見は多様性があるほうがいい。全員安倍首相のほうに向くなんて思っているほうがおかしいのではないか。

・隠しているのではないか、だから何かあるのではないか。>>戸籍は別に個人の大変重要なプライバシーであり、いくら公人とはいえ軽々しくと見せろというものではないでしょう。大体本当に二重国籍というのなら、戸籍の公開ではなく、警察や検察に申し入れして調べてもらうべき内容であり、法の番人が判断する。我々一般ができることは、その人が怪しいと思うのなら、選挙で落とすことだけ。


以上。(2017/07/16)

一番腑に落ちた意見が"蓮舫を追い詰めているのは総理、大臣、議員、公人とかだったら、どんなにささいなことであろうと一点の曇りも許さない。疑われたら疑われた側が問題ないことを証明しろ。 という理論で他人を追い込んできた過去の蓮舫自身だ。"というものでした。まさにその通り。差別とか何一つ関係ありません。(2017/07/16)

小田嶋さんの記事はいつも楽しみに拝読しているので、今回の内容は個人的には極めて残念。
今回の蓮舫氏の問題は、国籍差別の問題でも、国籍法の法的技術の些末な問題でもないのは明白なはず。
国務大臣という公権力者だった者が実は外国人「でも」あったという国民感覚からかなりずれた話。法制局も多国籍保持者が公職欠格であるのは、「当然の法理」と法制局も断じている。
そしてその説明を蓮舫氏は終始有耶無耶にしてきた。
国民は当然このような当然の法理に外れた公権力者について「知る権利」を有する。これはネット右翼でなくとも当然の市井感覚なのでは?
それだけ公人とは、一般の人よりも高いレベルで説明責任を求められなければならないし、嫌なら公職選挙に出なければ良いだけ。また多重国籍のまま公職につくことが真に正しい、時代にマッチした流れだというなら、それこそ堂々と公表してはいかがか?
なんでも差別と言えば、良いのではない。(2017/07/16)

ちょっと待ってください。
「魔女狩り」というのは今回の件では当たらないのでは?
以前の経緯がどうあれ、また党内の状況や経緯がどうであれ、今回は本人が公開すると申し出たわけで、それに対するあれやこれや、質問やツッコミに対してうまく説明できずに吊し上げられているのを指して、「魔女狩り」という言葉は当たらないように思うのですが。普通に説明すれば良いだけのことをうまくできないだけかと…。それさえもできない頭の弱さは感じますが。(2017/07/15)

何よりも驚いたのは、この問題を『もう終わった話』、『世間は忘れている』と認識されていること。何か発言されるたびにブーメランと言われていることをご存じないのか、耳に入らないのか。
やはり人間てのは、見たいもの、聞きたいものしか受け入れられないってことですか。
それにしても安倍さんは『バカ発見器』ってのはその通りですね。学歴もあってまともに見えた人が次々暴かれる。(2017/07/15)

近代民主国家である以上、誰が主権者たる国民であるかを規定するのは当然の事。
民主的な国家を標榜するほどその事に意識的にならざるを得ない筈で、それをウヤムヤにしたまま
党首に据えてしまった民進党の、それこそ今更責任問題化して内ゲバしている程度の話です。
政治家を志向しない一般市民には100%無関係なものです。(2017/07/15)

なぜ差別だとか魔女狩りだとか、誰もが正義だと言わざるを得ない理屈を持ち出すのかわからない。
選挙に出るにあたって、自分は日本に帰化したと公言していて、事実はそうではなかった。経歴詐称だ。この人やこの人が所属している組織は、人の誤りは徹底的に追求するが、自らのことは正せない。その姿勢を批判されているのではないのか。
問題が取り上げられた時に、いつも人に求めているのと整合的な対応を取っていればこのような状況になっていないのではないか。(2017/07/15)

国会議員の国籍の問題と人種差別を結びつけるセンスについては唖然としてしまいます。
単なる資格の問題であって、差別も何もないと思うのです。
でも今回の蓮舫さんの件に対して「排外主義者、純血主義者に屈してはならない!!!」と反論されている方がおられますが、
「え、そんな大げさな話か?」というのが率直な感想です。

私は、蓮舫さんは、騒ぎになった時点で、全てをオープンにして、
「手続き上の瑕疵がありました。すみません」
と一言謝れば、日本の大多数の人は”許した”と思います。
厳密な理屈として、二重国籍であることを隠して国会議員になっていたとか、
遡れば公職選挙法違反であったとかがあったとしても、
素直に謝れば、世間は許したと思います。
が、そうされなかった。
火は消えず、くすぶり続けてしまった。。。
というのが現状ではないでしょうか。

あと、魔女裁判の例えについても少し違和感を感じます。
モリとカケにおける安倍さんのつるし上げこそ、魔女裁判のようなものに思えるからです。
「ないものを示せ、我々の納得がいく(ストーリー)を自白しろ」と迫る彼も全く同じでしょう。

右も左も極端な人が目立ってきて、しょうじきうんざりです。(2017/07/15)

まったくその通り。
それにしても、肉声で向き合わないネット世界独特の空洞にハマりこんでいる人たちが、それ以外の人たちよりも、非寛容で攻撃的な傾向を強く持つのが、毎回のこのコメント欄でも感じます。(2017/07/15)

7月14日の、時事通信で以下の記事がありました。

豪議員、二重国籍で辞職=帰化時に手続き済みと誤解
【シドニー時事】オーストラリアの野党・緑の党に所属するスコット・ラドラム上院議員(47)は14日、二重国籍と知らずに過去9年間、議員活動をしていたとして、議員を辞職した。移民国家の豪州では二重国籍は珍しくないが、議員の二重国籍は憲法で禁じられている。

一般市民と国家権力を握る議員では、違う基準が採用されるのは当然。
恐らく、この様な情報は完全無視するのでしょう。(2017/07/15)

二重国籍が違法であるなんて、野暮をいう人はほとんどいないでしょう。
法整備のあいまいさが残る中での議論は、主張しっぱなしの、お前のかーちゃんデベソ状態となる。
一万歩譲って、蓮舫さんの過去の詐称問題を不問にした上で、お願いしたい。

次期選挙では、『二重国籍者であるが、国会議員に当選し、党首を維持し、ゆくゆくは首相の任を拝命し日本のために尽力したい』と高らかに宣言していただきたい。

これで当選してこそ、自らの信条と世間の評価が一致するのではないでしょうか。
※私は差別主義者ではありません。※(2017/07/15)

本人の発言の揺らぎがそもそもの発端で、過去の発言のなかにそれが本当であれば問題とされる発言があり、最近ではそれは(文字通りの意味ではないとの意味で)本当ではなかったといっているのである。国籍とうについて、公のばで嘘をついたのか、それとも今嘘をついているのか、どちらにしても人間性に問題があるというところが、最大のポイントである。現在の国籍を見せるだけでは、なんのいいわけにもならないのである。だから、見せる必要はないと思う。見せなくていいものを、世論によって提出させられたなどと、被害者ぶって同情を買おうというのか?そして、そういう戦法を支援する方々がわいてでくるのであり、この記事もその一つである。(2017/07/15)

説明の二転三転も非難すべきではないんですよ。というのは、自由民主党の小野田さんだって知らずに二重国籍だったわけですから(それだけ難しい話だということ)。そこだけがまずく、他は妥当ですね。

まぁ、蓮舫さんの国籍問題って、いじめなんですよ。複数のルーツを持つ人に嫉妬している人がいて、いじめているだけのこと。問題にするメディア(等)に「いじめ撲滅!」と言われても、(いじめているのはどっちだ!!!)と思われるだけになってしまいますね。(2017/07/15)

他の問題(特に政府や自民党がらみの不祥事)については、「違法かどうかではなく倫理的に問題」という態度を取り、蓮舫氏の件については「違法じゃないんだから問題ない」という、これほどまでに見事なダブルスタンダードを久しぶりに見ました。蓮舫氏本人に勝るとも劣らないダブルスタンダードぶりです。
それと、「多くの日本人」を勝手に語らないで頂きたい。多くの人は忘れていません。マスコミの記事が減っただけです。(2017/07/15)

> このような事情があったとしても、国籍を「忠誠の対象」と考えるタイプの思考の持ち主からすると、二重国籍が「二君に仕える」的な不忠の証のように見えるのかもしれない。が、そういう世界は、もう100年以上前に滅び去っている。

オーストラリアは滅んでいたんですね。

少しは外に出て、街を歩いては?(2017/07/15)

「二重国籍であろうが、日本国籍を有して選挙で選ばれているのだから問題はない」というのが小田嶋の意見なのですね。

法律的にどうなのかとか、「どの国と二重国籍であると明確にした上で選挙で選ばれたのか?」など疑問もありますがそれは置きます。

個人的には例えば「日本国の首相が、実は仮想敵国の国籍も持つ二重国籍者だった」という事態も起こりうることを危惧します。 もしそうなれば、韓国の国政壟断事件やロシアゲートどころの騒ぎではありません。

戸籍謄本の公開について色々な意見があると思いますが、政治家は閣僚になれば資産公開もしなければなりませんし、一般人の場合とは分けて個人情報の開示が必要と考えます。
「身体検査」の一環と考えれば、それほど不自然なこととは思いません。(2017/07/15)

蓮舫氏は市井の一市民ではなく、野党第1党の党首です。政権交代があれば首相になる存在です。その人の国籍を問題にすることがどうして「魔女狩り』になるのか、全くもって理解不能です。(2017/07/15)

いつもの論点ずらしですね。
問題だったのは 公党の党首の嘘つき疑惑です。経歴詐称や学歴詐称と同様の国籍詐称です。
その疑惑を解消する義務は本人にあります。外野の意味のない擁護コメントや擁護記事はノイズでしかありませんが情報弱者には響くようです。小田嶋さんにも響いていますがさすがプロコラムニストで論点ずらしでコラム完成です。そんなに大層な論理も必要ないですよ。本人がご自身の疑惑を
客観的に払拭すればよいのですから。一番簡単で確実なのが戸籍謄本の公開でそれ以外は疑惑の払拭には十分ではありません。申請書の写しなんて受理されたかどうかもわからないのでアウトです。一番怪しいのは本人のコメントです。嘘つき疑惑の本人のコメントもアウトです。だから、客観的な
証拠の提出が必要なだけです。それも結果を明示するもの以外はアウトです。自明ですよね。でもこれもわからぬ方々の擁護コメントも多いですね。本当に知能が退化しているのかもしれません。(2017/07/15)

このコラムから、どうすれば「憲法改正」「稲田」「中国共産党」なんて感想が出てくるのか、不思議で不思議で仕方がない。
たぶん、日本がダメになるのは、ダメな政治家達が跋扈する時ではなく、そんなフィルターを持つ人々が民衆の多数派になる時なのだと思う。
(すでになっている?!)(2017/07/15)

信頼性の高い国(親日国や先進国、そして反日がいない/少ない所)の出身なら、これほど問題にはならなかったかも。それに加えて、蓮舫氏の口だけキャンキャンで人徳の無さ丸見えでは、誰もついて行かないし、信用もできないし。嫌ですね!(2017/07/15)

日本テレビの世論調査ですが、【政権を担う可能性が低い野党の党首が二重国籍でも気にしない】という意味合いでの『問題ない』という回答だと思いました。
例えば民主党政権の際に、現役の首相が二重国籍だったら、果たして同じ結果になったでしょうか。

逆に、蓮舫氏が二重国籍の実情を隠したままでは自分が党首かつ政権を奪取する、というのが難しいと判断した上での公開なら、それは的を射ているでしょう。(2017/07/15)

毎度のことながら小田嶋さんの意見は、私の周りの左翼の人とほとんど同じなので、ああやっぱりそうきたか、という感想です。

疑惑がある以上、安部総理であれ蓮舫さんであれ、きちんと証拠を提示して説明すればよいと思うのが普通の日本国民の思う所でしょう。
忘れてたからもういいじゃん、という話ではないです。
自民党の二重国籍議員の時には差別だ何だと言わなかった人たちが今回大騒ぎしてることから、そういう連中なんだという証明になりませんかね。(2017/07/14)

リツイートで氏の意見を読みました。氏の立場の意見を読んで思うことは例えや根拠の提示があまりに酷いと感じることです。日テレの世論調査を持ち出したところでそれは世論の意見でしかありません。私も含めて蓮舫議員に不満を持っている方の意見は、説明をちゃんとしていないということではないでしょうか。ニュースを読む限りでは今頃の戸籍謄本開示も民進党内部から起こっており、これは明らかに都議会選挙の自民の敗因分析から還元した党立て直しのアピールにしか思えません。巷でいう排外主義や差別主義者がトリガーになっていないと思います。話がそれましたが、氏の文書にあるフジモリ氏の例えも立候補の段階の話です。蓮舫議員の党首の立場と同列で考えることが適切なのでしょうか。魔女裁判の例えも飛躍しすぎていると思います。要はこの問題は氏も認めているとは思いますが、最初から説明不足の蓮舫議員の国会議員としてもしくは党首としての立場に問題があるのだと私は理解しています。それを擁護する側および批判する側の例え及び根拠があまりに酷く感じる次第であります。(2017/07/14)

二重国籍の状態を放置していた。
なぜか。
それは、その方が「都合」がいいからだ。

その「都合」が、私益のためであったとすれば…
 ⇒彼女は尊敬できる人間ではないので、
  国会議員としての資質があるかを疑う。

その「都合」が、ほかの誰かのためであったとすれば…
 ⇒究極の事態が起きた場合に日本に忠誠を誓うのか疑わしいので、
  国会議員になるべきではない。(2017/07/14)

小田嶋氏は意図的に問題を矮小化している。
問題は、蓮舫氏が過去の経歴(20代中盤にテレビのコメンテーターに成った時に「台湾人の視点からコメントしたい」と述べており、「高校生の時に父親が手続きを済ませて居ると思っていた」等という明らかな矛盾がある)から『その場しのぎの嘘』をつき続けた、という事実が、日本の総理大臣に成るかも知れない人間として資質が有るかどうかという視点が完全に欠落しており、彼の論こそ「意味不明」である。
また、家族のプライバシーと言いつつTVでは家族の顔も名前も曝すという矛盾ぶりである。(2017/07/14)

蓮舫さんの原点は、2位じゃダメですか?だと思います。台湾と言うより中国 の利益代表とのイメージが多くの人に有るのでは無いでしょうか?世界中に中華街を作り地域に同化せず。北京オリンピックの時の在外中国人の本国の命令にそった行動を見て、脅威 を感じない方がおかしいと思います。まともな人は、人種差別ではなく、彼女は日本では無く中国の為に働いてると感じているのでは?彼女を支持するのは、同じ女性だからだと言う以外の声を聞いた事が有りません。(2017/07/14)

小田嶋さんの考えに共感します。
政治家が政治的発言や政治的手法で批判されることは当然ですが、出自で人間を差別したり判断すべきではない。日本国籍を有し法的になんら問題が無いなら戸籍謄本の開示など必要ありません。
そういう当たり前のことが通らない息苦しい世の中になっているとしたら残念です。(2017/07/14)

 日本の政治自体が日本国籍すら持たないアメリカ人に依存、従属しているのだから、いまさら政治家の東アジア二重国籍を問題にしたところで何の意味もない。
 アメリカ従属を放置してアジアの二重国籍者を排斥するという日本人のこの卑屈なメンタリティについて小田嶋さんに分析をお願いしたい。 (2017/07/14)

相も変わらずの小田嶋氏の記事に苦笑してしまった。蓮舫氏の2重国籍の問題は、氏自身の発言がころころと変わっており、説明になっていなかったことにある。そして、この問題は過去にさかのぼって蓮舫氏の議員資格などに遡及することなのである。日本国籍を有しないものが、過去に国会議員や国務大臣になっていたのであれば、また、過去に国籍に関する法令違反をしていたのであれば、重大な責任を問われるからである。
この件に関して、少なくとも小生の周辺の有権者はほとんど2重国籍の問題を忘れている者はいない。皆政治の話の時に蓮舫氏は自分や自党に甘く、他人に非常に厳しい(論理的ではなく感情的思考に立脚してだが)と話す。この2重国籍の問題は、日本のメディアはおおむね避けている。なぜならば、朝鮮半島出身者の国会議員の国籍問題に波及するからである。特に民進党や自由党である。
最後に、そもそも本記事で魔女裁判という言葉を用いているが、それを言うのであれば、森友問題や加計問題などで安倍政権に悪魔の証明ともいうべき難癖を付けて魔女狩り中のメディアや民進党などの野党にも言うべきであろう。(2017/07/14)

今回の蓮舫自身の戸籍公開・二重国籍問題の説明に関する記事をいろいろと読んだが、一番ピントはずれの記事だ!(2017/07/14)

googleで「小田嶋隆」と検索すると隣に「ダブスタ」と出てくる日も近いでしょう。
いや、「ブーメラン」や「論点ずらし」もありですね。
いつも疑問なんですが、小田嶋氏や蓮舫など左翼はダブルスタンダードや
ブーメランが恥ずかしいことだって思わないのですかね。
それが左翼だって言われれば、まぁその通りなんですが。(2017/07/14)

小田嶋さんのコラムは信頼がおけます。参考になります。
このコラムを読んで「小田嶋さんが蓮舫を擁護している」とは私には思えません。政治的センスがないときっちり批評もしているわけで(そこも同調 幹事長に野田を据える時点でもう…)誰かを庇っているとしたら、自分ではどうしようもない『生まれ』を理由に、批判されたり排斥されかねない人のことでしょう。

一緒になって蓮舫を叩かない人は、自分のの仲間ではない、安倍や自民党を批判する者は敵だという脊髄反射しかできない人がコメントを賑わせていますが、それらが何のてらいもなく掲載されている事実が、そういう輩を屁とも思ってないという表れに思えて、また痛快です。(2017/07/14)

小田嶋氏は蓮舫氏が日本国籍を有しているから問題ないという見識をお持ちのようだ。
これは物書きとしては恥ずかしいと思う。問題なのは重国籍者という疑惑だ。日本以外の国籍を有している者が、どうして日本国オンリーのために働くと思えるのか?
以前、米国大統領だったオバマ氏が国籍疑惑が出たとき、すかさず公のエビデンスを取寄せ自身の国籍疑惑を晴らした。国家のリーダーや国法を定める立法府に携わる者なら当然の行動だと思うが如何か?
ついでに申し上げるが、蓮舫氏の過去マスメディアに掲載された発言(芸能人時代も含め)を時系列に検証、または台湾と日本の国籍関連法律を照らし合わせて「国籍離脱」が未完である事はほぼ間違いないと巷間言われており、その検証内容をネットでも閲覧できますよ。
一度ご自身で念入りにお調べしてから記事をアップされたほうがよろしいと思います。(2017/07/14)

魔女狩りって、安倍首相に対してはOKだけど、レンホーに対してはだめなのかね?
魔女狩りを批判するなら、安倍首相に対する難癖もやめよう。
安倍首相の政策には、ダメな政策が多々ある。アベノミクスが名前だけで、実際には骨太どころか、「骨抜き」になっている問題。移民を進める問題。働き方改革で、さらに働きにくくなる問題。
テロ準とか、憲法改正は賛成だ。
安倍首相の政策(ほとんどが官僚が作った政策だが)の何がだめか、なぜダメかを議論すべきである。(2017/07/14)

そもそも今回の都議選の敗北原因を蓮舫の国籍問題と結びつける民進党議員がアホ。
蓮舫など関係なく民進党が政権を担う受け皿ではないと明白になっただけだ。
ま、都民ファが国政に出ても国民の支持は得られまいが。大阪維新の二の舞になるだけ。(2017/07/14)

たとえば
「彼女は中国共産党党員だよ」
とか
「じつはこっそり日本第一党の党員らしい」
といった状況でも同じ論旨になるのでしょうか。(2017/07/14)

> 議員になっている時点で、国籍の問題はクリアされているはずじゃないか

なるほどなるほど。

経歴を詐称しようが学歴を詐称しようが、当選してしまえばそれらのウソは自動的にクリアされる、のですね。

それなら中学校も卒業していない私の父が「ハーバード大学卒業のMBA持ちで、元参議院議員です。」などと称して立候補しても、とにかく当選さえしてしまえば大丈夫ですね。

大変勉強になりました。
ありがとうございます。(2017/07/14)

まあ,バカとかアホとかいう以上の言葉を書かなければ,小田嶋氏に反対するコメントでも掲載されるようなので,相対的にはマシなコラムだが,いちいち反論して潰さないといけないコラムは単なるプロパガンダであり日本国民を洗脳するサヨクの道具にすぎない.日経はこういうコラムを放置するならば,●日新聞や某TV局と大差ない.(さて,掲載されますかな?)(2017/07/14)

「日本国籍しか持っていない人間は善人で防衛大臣でも総理大臣でも任せられる。」「しかし,2重国籍の人間は信用できない。」ということなら,習近平の写真でも用意して「踏んでみろ!」というのがよろしいのでは。小田嶋氏の議論は真っ当だ。「基本的人権」の心配をしているのだから,日本国民として当然の懸念だと思う。「公人」への信任をどのように確保するかは,きわめて政治的な問題であり,政治家の責任の問題でもある。それはその通りだ。だが,安直に個人情報をさらし者にするのは,それを後進に対して強要することになる危険性がある。なし崩し的にファシズムに落とし込まれていくような日本を渡しは見たくない。その意味でも,蓮舫氏は公党の代表としては不適格ではないかと思う。もちろん,これは公党たる「民進党」の「品格」が問われている問題だから,今後を見極めたい。
 一方で,小田嶋氏の手法としての「煽り」にも少々疑問を感じる。この手法は小田嶋氏に限らず,論点を明確にするためのきわめて有効な方法であり,本質をあぶりだすための有効な質問手法でもある。だが,それが問題を「平板化」して,本来その問題に内在する構造を単純化し矮小化して,結果として,聴衆をは「白痴?化」させる危険性をはらんでいる。その点を踏まえて,もっと読者を考えさせる「多問題型」「多次元問題空間型」の問題提起を「たまに」やってみていただいてもよいのではなかろうか。それをやっやら「小田嶋らしさ」は失われるだろうから,きわめて高度な「営業妨害」を試みていると自覚しつつ…(2017/07/14)

蓮舫議員の国籍は、中国国籍を含む3重国籍ではないかと言われています。二重国籍でも問題だと思っていました。忘れたことなんかありません。小田嶋さんはずれてます。

この程度のことを説明できない人に国会議員でいる資格はないと思います。人種差別とは全く関係ないです。(2017/07/14)

ツッコミどころ満載ですね(笑)。
そもそも小田嶋氏の文章は論理性に欠けておりこういうテーマで論をぶるとたちまち火だるまフルボッコになる傾向がありますが、2点だけ。

違法でないから問題ない
→もりかけ問題も違法ではありませんよね。もっというと野党の追及している問題はほとんどが違法ではない問題でしょう。
倫理的にどうかという問題はもちろんありますけどね。

フジモリ氏
→蓮舫氏も立候補時は問題にされておらず、問題になったのは民進党党首に立候補した時だと記憶しています。国会議員が2重国籍で良いかどうかは、日本国籍を持てば合法であり問題ないとは個人的には思いますが、党首としてならどうかは、党員にとっては問題でしょう。少なくとも、既に忘れ去っている(と主張しておられる)国民にではなく、身内の民進党議員に対しては説明義務はあると思います。実際、火の粉はそこから上がりましたからね。じゃあなんでそんな奴党首にしたんだよ、と言いたくもなりますが。

ふと思ったのですが、何かの間違いで、安倍首相なり、菅官房長官が2重国籍だったら、小田嶋さんはどう言うのでしょうか。国籍の問題はデリケートだ、と言いつつ相手によって態度を変えるのは、それこそ差別なんですけどね。
昨今のアベ憎しの発言から、間違いなく攻撃対象とされるかと思いますが、どうなんでしょうか。(2017/07/14)

戸籍謄本開示が、即二重国籍離脱の証明にならないと思いますので、意味がないと思います。
ですが、二重国籍であっても法律違反でないから、問題ないという意見には反対です。
特に国会議員は、国益を背負う決定をしないと、いけないからです。
穿った味方をすれば、民主党政権時に蓮舫議員は、スーパーコンピューターの予算にケチを付けてました。(2位じゃダメなんですか)
今、スーパーコンピューター世界一の高速マシンを持っている国は、中国です。(実用に耐えるかは疑問ですが?)中国のスーパーコンピューターに有利に働くようにしたとは思えませんが(単にコストが高いので)、二重国籍であったならば、結果的に国益を損なう方向に誘導したのではと疑いたくなります。
このコラムが、世間に転がる意味不明です。(2017/07/14)

小田嶋さん、「蓮舫」を「稲田朋美」に変換して(小池百合子でもいいです)ご自分の書いた文章を読み返してみてください。(2017/07/14)

個人のことより、国のことを優先して欲しいし、与党には政策論争で挑んで欲しいです。(2017/07/14)

日本では日本国籍を取得するとき忠誠の宣誓?がないと思うけど、そこに問題があるんじゃないかと思います。
二重国籍者で日本を愛してる方もいるようですが、忠誠心をお持ちかという点で疑問を感じます。
それは故なきことではないから二重国籍は問題なんだと思います。(2017/07/14)

小田嶋さんの説、よくわかりました。忘れていたことを思い出させてくれましたし、国籍だけでなくいろいろな状況の人たちが日本にもいるということを教えてもらいました。またそれに関する問題の提起にも納得します。この問題について騒いでいる人たちは、「日本国籍を持っていれば、誰もが日本の国益を優先して振舞うものだ」という期待や信仰を持っているのだと思います。実際にはそうでもない人もいるようですが・・・。(2017/07/14)

単純に経歴詐称にあたりそうな点が問題だと感じます。
公職選挙法違反ではないでしょうか。

過去に学歴詐称して起訴された議員がいましたが、あれと同じです。

過去の経歴について虚偽の説明をしていたことが明らかになれば違法。
で、これまでの説明が一貫していないからちゃんと説明責任を果たして欲しい、というだけの話では?(2017/07/14)

記事の内容には大して興味もなく、無根拠に日本を貶めて「現実がわかっている自分は違う」と悦に入りたいだけの輩がコメントしているようだが、こういうコメントを「査読」して掲載しているのはどなたなのやら。(2017/07/14)

「法に反しているから」、「外国のスパイだから」、や「国益を損ねるから」という理由で非難するのは構わないが、「二重国籍だから」という理由だけで叩くのはやめよう、いう主張であれば賛同できる。客観的事実でレッテルを貼るのではなくあくまでその人の人間性で判断しよう、とうのもぎりぎり理解できる。その結果、この人は全然信用できない、というのが私の意見。
それにしてもコメントの中に「総理になるかもしれない」という言葉を使う人が複数いるが、ほんとにこんなフレーズを使う人が何人もいるのか?同一人物?同じグループに所属する人たち?(2017/07/14)

オダジマさんの記事は、大いに賛同のときも疑問符のときも、貴重な意見として楽しく読んでいます。しかるに、本件に限らず最近「こんな人たちに負けるわけにはいかない」と街頭で叫んだアホ党首に象徴されるような?国民を分断するような、弾圧的反論を、しつこく投稿する輩が多い(?少人数多投稿?)のにあきれてしまう。まあ大丈夫だとは思いますが、オダジマさん萎縮しないでください。応援しています。日経ビジネスさんよ、彼らの脅しに屈したらダメですぜ。スポンサーの性格上、日経ビジネスは経営管理側=体制派であったとしても、言論弾圧に屈し表現の自由を放擲するならば、言論機関としての自らの存在を否定することになりますよ。(2017/07/14)

どうでもいいですね。民進党は消滅するだろうし、その党首がどんな人物でも全く気になりません。
しかし、少なくとも政府の閣僚以上は二重国籍を禁じて、日本の国益を追求してもらいたい。
私腹を肥やすことを禁じるために財産は公開するのに、国籍はうやむやというのはおかしいでしょう?
要するに国家と国民のために働く最低限の根拠を示すわけです。
(ちなみに政治家の貧乏自慢もどうでもいいことで、マスコミは金額ではなく、閣僚になってから財産がどう増えたのかを検証して欲しいものです)(2017/07/14)

二重国籍問題、派手に意見が分かれるテーマですが、蓮舫支持派の一部が意図的に「国籍」と「民族」をからめているのがきわめて差別的と思います。

日本だと国籍は手続きをすれば変えられるし、それによって「日本国籍者」として日本政府の保護を受ける存在になります。そこに変更不可能な「民族」をねじ込んで情緒的にかき回す。これ日本国籍取得後きちっと手続きを踏んで単一の日本国籍者として暮らす人たちに対して「貴様らは故郷を捨てた外道だ」と言わんばかりの侮蔑に近いんじゃないでしょうか?

あと蓮舫議員がボコボコになっているのは「魔女狩り」というより、「日頃偉そうにしていた教会の司祭がスキャンダルばれて信徒につるし上げられる」といった状態かと。(2017/07/14)

ずいぶん最初のほうに
>>そもそも日本人なんて、アメリカと同様、元を正せば全員が移民だ。何が純潔の日本人かなんて定義できない。高々戸籍制度ができた明治以降の話だ。つまり問題となるのは国籍だけ。

と書いている人がいますが、600年前にサルから人になる分岐が出来て30万年前に今のホモサピエンスがアフリカで現れて其処から世界中に分布して行ったのですから全ての人類は「元を正せば全員が移民だ。」論には当てはまりますがそれは論理として無理がありますけど。
「高々戸籍制度ができた明治以降の話だ。」論についても私はごくごく田舎の人間ですが300年は先祖が遡れますがそんな人は日本国中にいっぱい居ますよ。(2017/07/14)

公的書類の開示云々の話には、小生も今さらとは思ったが、小田島さんの感覚とは真逆の意味である。現代の世界も、国籍は重要である。公人、私人というけれど、いろいろな書類では、国籍の記載を要求されることが多い。米国なら、国籍どころか、居住権の有無も問われることがある。大抵の国は、二重国籍を認めているが、その国での公的地位(高位の公務員など国家機密へのアクセスが起きうる職務)の場合は、当該国の国籍だけであることは当然と考えられている。日本は、この点で、全く例外で、日本が二重国籍を認めていないと言っても、現に、二重国籍者はいるわけだし、そういう人たちに多国籍離脱を義務づけることができるわけでもない。蓮舫氏の件は、こういう状況下で起きているので、蓮舫氏が公的地位にあり、総理大臣にもなりうる立場であるということは、他国の国籍を保持していることとは馴染まないが、本当の問題は、日本の法体系の不備という深刻な点にある。この点に関して、法学者、特に、憲法学者の意見を聞いてみたい。また、蓮舫氏の公的書類開示は、メディアに対してする必要は本来なく、国会の内閣委員会の秘密会辺りでの開示で、出席委員が確認し、「確認した」と委員長が言えばよいことで、もちろん、その詳細は、委員の守秘義務のもとにある。もちろん、メディアには蓮舫氏個人に開示を要求できる権利はない。(2017/07/14)

今回、蓮舫氏は、戸籍を開示することにより、何を証明できると思ったのでしょうか?

二重国籍が問題であるということであれば、台湾(中国?)の国籍が過去からなかったということを証明することが必要であるので、日本国籍を証明しても何ら説明にはならないのではないでしょうか?

そもそも、何を求めて戸籍開示要求をしているかがわかりません。

政治家として、自分の国籍は説明できるべきと思い、蓮舫氏の説明は支離滅裂と思いますが、戸籍を開示することが何の説明になるのかわからないので、要求するほうも、開示する方も何だかなあとしか思えません。(2017/07/14)

民進党の都議連会長松原の責任問題をうやむやにしようと今井原口に仕掛けさせた内紛にまんまと載せられて騒いでいる人たちって何。(2017/07/14)

原節子主演の「青い山脈」を見た。戦後の民主化時代に、強固に残存する戦前の封建遺制を風刺する名画である。ある女学生が若い男子学生と話し合っていたところを見かけた同級生が、男女交際は女学校の良き伝統と良き校風を乱すけしからぬ行為であると称し、話し合っていた事実にさらにみだらな尾ひれを付けて周囲に言いふらし、件の女学生を自主退学させようとする。これに対し、主演先生役の原節子が吊るし上げしたがるいじめ役女学生らを批判すると、(情緒的に)涙を流して母校の伝統を傷つけたくない乙女の真心を訴える。ネトウヨ君らのこの記事に対するコメントは、いじめたがりの乙女らの集団心理と全く同じコンテキストで出て来るものである。個人として確立しておらず、集団心理・明確に定義できない「日本性」なるものへの従属心理への盲従に依ってしか自己の存立基盤を確認できぬ小人心理と言おうか。嘆かわしきかな。(2017/07/14)

コメントにある批判のあらかたが想定済みで、予め本文中に答えがある。お見事。(2017/07/14)

うーん、前回のコラムが秀逸だっただけに内容が残念だ。
先日、「何故、安倍が嫌いか?」というコラムで色んな政治的経緯があった上で安倍というキャラが嫌いになったと理由を長々と書いていましたが、要はその内容がそのまま蓮舫氏に当てはまってるという事じゃないでしょうか?
要は、対案を全く出さずにヒステリー気味に反対反対と言っているだけの政治家としての資質、行動等が日本の政治として役に立たないどころか害悪と見ている人が多いという事でしょう。
仕事らしい仕事をしていない政治家なのに野党第一党の党首で国籍も不明、疑惑に対して何度も答弁がコロコロ変わるとなったら「こいつ、ヤバい」を感じるのが人間として当たり前の反応と思います。
まぁ、トランプ批判は出来るが習近平の批判が出来ないところと共通しますが、リベラルが胡散臭いと感じるのは、こういったダブルスタンダードに他ならないと感じますね。(2017/07/14)

今回は、定番の炎上ネタですね。
前回の小池ネタでは、都民ファースト大躍進という報道に引きづられたのか、反権力の小田嶋さんは、小池知事を落とすべくかきついこと言わざるを得ず、でも思いのほか賛同が多くて戸惑った反動か?・・と思うくらい、炎上必至の論理展開ですね。

二重国籍は「禁止」とは書いてないと思います。でも、離脱しなければならないという規定はあるので、ということは、二重はダメですよという解釈になるのでは?

それと、「今」二重国籍かどうかは誰も聞いてないです。
今までの話が二転三転してるので、それをはっきりさせるに最良の書類が戸籍謄本であるだけです。
しかも、国会議員だし。

いつも、小さな小さな違反とまで言えないことで、説明責任だの(それはアナタにあるんだけど)、説明の整合性がないだの(本当はあるんだけどね)、丁寧な説明がないだの(してるんだけど聞いてないんだよね)と言ってるんだから、ちゃんと、それを実現して欲しいし、実現するには謄本しかないでしょ。

まあ、早速、謄本は公開しないとか言ってるので、結局ごまかそうとしてるようですが、これで終わりでしょうね、彼女も民進も。
目出度し。(2017/07/14)

蓮舫のことをとやかく言うのであれば、自民党にも、蓮舫のことが騒ぎになって慌てて手続きした国会議員がいるのを忘れてはいけない。彼女も国籍を見せるのだろうか。別に見たくもないが。
以前の報道で、蓮舫の手続きに際して、「中華民国」発行の書類なので、日本側で受理されなかったというものがあった。「中華民国」ということが問題なのであれば、台湾の人が中華民国のパスポートで入国するのも問題だろう。明らかなダブルスタンダードであり、同様に台湾との二重国籍の人は、日本国籍一本にできないという、差別にもなる話だ。
一番の原因は、蓮舫自身がこの件を重要視していなかったということだろう。
日本国籍であっても、他の国の言いなりになっている国会議員は少なくない。国籍のことばかりをとやかく言うのはいかがなものか。(2017/07/14)

日経は,国会で前川の証言だけ取り上げて加戸前知事の証言を無視したそうだが,このコラムでも言論の自由全開ですね.(2017/07/14)

二重戸籍が嫌なんじゃありません。ノーベル賞作家を監禁の果てに不作為で殺害するような国家と、本人のみならず子息たちも繋がっている可能性がある(子息には中華人民共和国との二重国籍、本人には三重国籍の疑惑すら持ち上がっている)。そんな人物が野党第一党の党首であることが怖ろしいんです。
・・・と書いたらヘイトスピーチに該当しますかね?(2017/07/14)

近代の初め,貧富の格差が拡大した中で魔女狩りも拡大したという。解決困難な問題を前にして,人は魔女という本質とかけ離れた敵を退治することで安心・安全を得ようとしたといえる。このことは,人が問題の実質的な解決よりも,心理的な「解決」をより欲しやすいという危うさを示している。

法的に問題ないことに問題を見いだす人が立法の場にいると言うことは恐ろしいことだ。人のもつ「危うさ」を立法の場でふるわれたら,もはや魔女裁判と同じプロセスを辿ることになるだろう。今回の事例をもって,その危険性を見せつけられてしまった。

魔女狩りは,各国における法の近代化に伴って急速に沈静化したという。ぜひ,うちの国でも,立法の場から率先して沈静化を目指していただきたいものだ。 (皮肉屋)(2017/07/14)

小田嶋氏は世間一般の人の考えを理解しているのか疑問に思う。政治に関心のある私の回りの人は誰一人と蓮舫さんの二重国籍問題は解決しているとは思っていない。彼女は民進党の代表でありながらこの問題から逃げている。彼女は若いときから台湾(中国)人であることにものすごい誇りを持っていて日本に対して偏見すらを口にしていた時期があったように思う。彼女は人の批判とかは口を尖らして言う時があるがこの二重国籍問題をはっきりさせてから言わないと説得力がない。小田嶋氏も時々、勘違いをしている記事を書いている時があるように思う。(2017/07/14)

コメント欄に目を通すまでもなく、小田嶋さんの意見はいつになく圧倒的に少数派だと思う。たとえ多数派だとしても私は政権を目指す代表者が二重国籍を有することには反対だ。

単純に選挙で間違いなくこの点を突かれるからだ。大きなマイナスだ。今回の都議選ではもともと民進党は埋没すると言われ続けその通りになっただけで二重国籍は全く関係なかったと思う。負けるべくして負けただけである。

でも国政選挙では、野党第一党の代表者としてマスコミにも大きく扱われる。そんなところで弁解は聞きたくないし、他党からこの点を間違いなくつかれる。

大きなマイナス要素なので、今のままではいけないと思う。一議員としてであれば問題ないかもしれないが・・・(2017/07/14)

今回はダメダメですねぇ
「本人の言動がむちゃくちゃだから証明してみせろ!」じゃないですかねぇ
アンケートの取り方が違うので刃ないかと。
蓮舫氏の言動をどう思うかアンケート取った方がよろしいかと。(2017/07/14)

小田嶋もいい歳なのだからこういうことは理解しないといけない。
公人と私人では立場が違うという事。

蓮舫氏は公党の代表であり場合によっては内閣総理大臣になり得る立場にある。
普通の個人とは全く違う。
当然の話として総理大臣就任の暁には自衛隊の最高指揮官になる。
その御仁が二重国籍で良いのか?

此処から先はもう書かない。
小学生でもわかる話だと思うが・・・(2017/07/14)

今回も冒頭から大暴投ですね。
世間は忘れていないし、大した問題ではない、という認識にも驚く。
公開も誰もが求められるわけではなく、公人であり、日本は多国籍を認めていないから、きちんと証明しなさいよ、と言われて逃げたからこうなっただけ。
ちょっと話が違いすぎませんか、小田嶋さん。(2017/07/14)

国会議員たるものは二重国籍は違法とはだれも言ってないんじゃないかな~。18歳になったら速やかにどちらかの国籍を選ばねばならないという法律に反していると言われているのだと思いますよ。
また戸籍謄本云々は自分から言いだしたことで、だれもそんなもの興味ないですよ。蓮舫のブーメランが面白くてマスコミにからかわれているんじゃないですか?(2017/07/14)

私は二重国籍それ自体は、「別に騒ぐことではない」と思っています。

2000年初頭の段階で3万人強の二重国籍者がいるといわれていました。
今はもっと居るでしょう。

小野田議員の例を見ても、法務省は二重国籍解消を努力義務くらいに考えていて、ユルい指導しかしていないようですし、増えるのは仕方ないですね。

ただし、大して問題にならないのはあくまでも一般人の場合。
あとは、直接外国との国益が絡んだ交渉事はしない地方自治体議員なら何とか許容ですかね。

では、国会議員は?

ここで、自称左翼(ネットではパヨク)と自称左翼の言うところ、右翼(ネットではネトウヨ)で意見が分かれます。

私は国益が絡むのでNGだと思っていますので、右翼(ネトウヨ)ということなんでしょうかね。。。。。

まぁ、罵りあっても何もないので、法的にはどうなのかを探ってみます。

まず公職選挙法。
第10条は冒頭で「日本国民」であることだけが、被選挙権の要件であるとしています。

■公職選挙法
(被選挙権)
第十条  日本国民は、左の各号の区分に従い、それぞれ当該議員又は長の被選挙権を有する。

小田嶋さんやはこれをもって問題なしという見解なんですかね。
多分、民主党の弁護士もそうだったのでは思います。

しかし、国益に絡むのにそれで良いのか?と思って他の法律も見てたらありました。

政治資金規正法です。

■政治資金規正法
第二十二条の五  何人も、外国人、外国法人又はその主たる構成員が外国人若しくは外国法人である団体その他の組織(中略)から、政治活動に関する寄附を受けてはならない。」


国会議員が国家権力を行使する立場にある。
なので、国会議員が外国の献金によって支配されれば国家権力を間接的に外国の支配下に置かれる可能性が出ますから、国会議員に対する献金には厳しい国籍の縛りをかけてあります。

国政を預かる国会議員の被選挙権規定に「日本国民」とだけあるのが大変な手落ちで修正すべきだと思うのですが。

それとも、政治資金規正法にある条文が悪意に満ち満ちていてて間違ってるということなのでしょうか?

「魔女狩りだ!」とか「ネトウヨが!」とか感情的でない、冷静な反論展開を希望します。(2017/07/14)

> 二重国籍であるのだとしてもそれがただちに法律違反にはならないということだ。

確かに「ただちに」法律違反になる訳ではありませんが、国籍離脱可能な外国との二重国籍状態を放置するのは違法ではないですか?(2017/07/14)

また荒れそうなネタを…。でも、小田嶋さんがおっしゃる通りです。戸籍なんか開示する必要ない。そんなのに固執しているのは、日本がこれだけ落ちぶれてノー・フューチャーであるにもかかわらず、

日本、マンセー

と思っているおめでたい連中なわけで、ほっときゃよろしい。どうせ金も脳みそも社会的影響力も、なんもない連中だ。

でもねえ、戸籍なんか開示すると迷惑する人が出てくるわけよ。センスないし、意味わからん。民進党の党首は、前川さんあたりにお願いしたほうがいいんじゃないかな。(2017/07/14)

小田嶋さんがご心配されるのは よく理解できましたし、もし、このような戸籍開示を求める
風潮が一般国民まで及ぶ事があれば、大変危険な事と考えています。

しかし、今回の蓮舫氏の件は、それとは違うと思います。

問題は、まだ台湾籍が残っているにも関わらず、「日本人になりました」「帰化しました」と
嘘を言って選挙に出たのではないか?という疑念が消えない事です。
しかも今は一政治家ではなく、将来の首相を目指す野党第一党の党首なのです。
ここは納得できるまでご説明頂かないと、蓮舫氏と民進党を応援する事はできません。
これは魔女裁判ではないと思いますが?
また、与党に対して「説明責任を果たせ」と要求するにも、迫力が大きく損なわれます。

国籍の問題は大変デリケートで、相手国の都合や法律で、戸籍削除ができない場合もあります。
削除されたか否か、確認するのさえ難しい事もあるでしょう。
ならばその状況を説明し、場合によっては陳謝や代表を辞退するなど、対応はいくらでもできた
と思いますが、蓮舫氏の場合、それがあまりに強引過ぎた印象です。

蓮舫氏には、ここを最後のチャンスとして ご説明頂く事を期待しています。
最終判断は、選挙によって国民が決めるでしょう。

奈良県在住 N.K.(男性 55歳)

PS: 
岡さんとウダウダとおしゃべりされていた時代が懐かしいです。
最近の小田嶋さんは、ちょっと左翼に走りすぎて、正直読むのがシンドイです。(^-^;)(2017/07/14)

日本国では2重国籍は認めていないはずです。 まして国権の最高機関で2重国籍者が国の指導者になる(権力者)のは認められないはずです。 外国の例を挙げても2重国籍を認めている国の話では全く参考になりません。 わが国に不利な政治を行い、追及されたら本国に逃げることも可能でしょう。 最も大陸中国は台湾は国ではないから問題ないというでしょう。(中国台湾省)ならより問題ですね。
 国籍離脱は離脱国が承認したならいいのですが、一方的離脱は認められないはずですね。
 一般人のプライバシーと国政の党首の国籍問題とは比べ物になりませんよ。
おそらく、マスコミ界に巣くっている変な人々が、国籍の確認を持ち出されるのが怖いのでしょうね。 一般人は入社時に本籍の確認を取れられますが何が問題なのですか?(2017/07/14)

最大野党の党首→次期首相候補、ということ。
首相→自衛隊の最高責任者であるということ。

自衛隊に入隊するには、戸籍謄本(自分以外も全部記載されているもの)が必須です。
外務省の職員も、二重国籍者はなれません。

首相と、防衛大臣及び外務大臣については、国籍に関する疑惑があってはならないでしょう。
一般人や、だたの国会議員、どうでもいい国務大臣とは話が違う。

一般国民に対し、蓮舫議員が戸籍謄本を晒す必要は無いでしょうけれど、与野党の重要人物に対し開示し、問題無いと証明してもらうことは最低限必須。

蓮舫議員が、国籍問題を曖昧にしたまま、最大野党の党首になった時点で、民進党はこの党首で政権奪還するつもりは無いのだな、と判断しました。

フジモリ氏の例ですが。

二重国籍者は、国を裏切った時に逃げる先があることを証明してしまっています。
外交、及び暴力的外交である軍(自衛隊)、及びそれらの指揮官である首相については、逃げ道が無いことを証明せねばならない。

国会議員である以上日本国籍保持者であり、外務省が二重国籍を認めていないので蓮舫議員は日本人である、という主張はまぁ分かりますが、実際は、外務省は二重国籍の放棄を求めたことが一度も無いので、事実上二重国籍を認めているような状態になっています。

首相になろうという人の国籍に疑惑がある時、戸籍状態を確認することは、やはり自然なことでしょう。
首相候補である、という一点において、他の全ての人とは異なることを認めねばならない。
そこに気付いていないのが、蓮舫議員と民進党の致命的欠陥だと思います。(2017/07/14)

蓮舫氏が戸籍謄本を公開して分かることは彼女が日本国籍を持っていると言うことだけである。
当然選挙管理委員会が立候補の時点でチェックをしているのでそれ自体は自明である。
二重国籍かどうかは戸籍謄本では分からない。
つまり戸籍謄本の公開自体に意味は無い。
なのに何故彼女はこのようなパフォーマンスをするのか?
たとえ圧力を感じたにしても彼女の選択自体は悪手である。(2017/07/14)

《自分以外の誰かに対して、戸籍謄本の開示を要求している人間は、結果として、自分が出自によって他人を差別する人間であることを告白しているのではなかろうか。》

戦後教育の大失敗やねん。 

魔女狩りにウツツを抜かしとる連中は、結局差別したいクセに、間違っている自覚があるから、差別と区別は違うだの、議員と一般人は違うだの、色々小賢しい浅知恵使うてるだけ。 

事の本質が全く分からヘン連中には、ヘイトスピーチ規制法を適用して、自分たちが何をしているか教えてやるべきヤ。(2017/07/14)

アベは、モリトモやカケで法的に問題ないとしても、悪魔の証明をしろよ。なぜならキライだから。ついでにスガもムカツク。

レンホーは、いいよ許してやる。昔世話になったから、グラビアで。(2017/07/14)

論議の本質も分からない人が、軽々にコメントするのは止めた方が良いと思う。
もっと、良質なコメンテーターを望みます。(2017/07/14)

(1) 国会議員がいわゆる二重国籍であることは問題だ 14.6 %
(2) 当初の発言と食い違っていたことが問題だ 15.5 %
(3) 日本国籍を持っており問題ない 30.4 %
(4) そもそもいわゆる二重国籍自体を問題にすることはない 31.7 %
おおよそ(1)及び(2)を足した数が、(3)及び(4)を足した数の半分なわけです。
3人に1人はなにがしか問題だと思ってるわけで、無視できる数ではないのでしょう。(2017/07/14)

了解しました。そういうことだったんですね。それにしても、小田嶋さんが東京生まれの田舎者だとは初めて知りました。(2017/07/14)

日本は言論の自由がありますので、筆者の考え、意見表明の権利は尊重したいと思います。
その中で幾つか疑問点と言うか、感想と言うか・・・。

筆者の思想信条的な立ち位置は

①人治主義を標榜し、法治主義を否定する。→遵法の意義を否定したいのでしょう。
 問題なのは、多数の人の関心無関心ではなく、公職選挙法違反等の法令違反容疑があり、
 その容疑に対する解決策の一つとして戸籍の開示示されているわけです。
 それも当の本人の説明が二転三転支離滅裂だから、物的証拠の提示が必要という情況です。
 多分筆者は、件の人の言う事は全て正しいのだという心証なので擁護しているのかな。
 いずれにしても、多数の人の意見といがと言う理由で法行為の是非が決定するのであれば、
 法律も裁判も必要ありませんね。
 もし多重国籍でもOKにしたいのであれば、法律を改正すればよいのです。
 そのために選挙でOK多数派を得る努力が必要ですね。

さらに、筆者は
 
②地球市民的な考えを支持し、国、特に日本国と言うもの否定したいのかなと思います。
 なので、公的権力者の本当の国籍なんて気にしないのでしょう。
 既存の国の概念を否定したい。日本を解体したい。だから、多重国籍を所持している日本人が
 他の国にも所属していてもまったく問題ないのでしょう。目的は日本を否定する事だから。
 
 ちょっと脱線気味に言えば、筆者はISISも心情的にはシンパシーを感じているのかと思います。
 彼らは現存の国の統治機構を否定しているのですから。 

上記の事をオブラートに包まないで、どうどう堂々と主張したら良いのにと思いますよ。(2017/07/14)

マスメディアはVR蓮方とかを面白おかしく報道していたが、私は全く笑えなかった。

タレント時代、水着姿でナンチャッテポーズをしていた姿を懐かしく思います。
(どんな番組だったかは忘れましたが・・・可愛かったなー)(2017/07/14)

もうほんとうに激しく同意です。
国籍に異常にこだわる連中。全く理解できません。
今は、大多数の人々が、どうでもいいと思っている風なのが救いですが、油断はできません。
橋下、小池、小泉(進)あたりが、口を挟んだりすると、わーっとなりそうでもあります。
オダジマさん、がんばりましょう!
それにしても、擁護するならもう少し可愛く描いてあげて。(2017/07/14)

要するに一部の人間は「信用出来るか出来ないか」で物事を決めてるんだと思う。
その対象は人間だけに限らず、組織、国家、宗教、妖怪変化の類まで
生き物だけじゃなく日常品や自然物も
ただ単に「自分が信用出来るか出来ないか」で生きてる
だから理屈じゃない、理性じゃない、思想なんてもんじゃない
本人の心の中の不信感や不安は本人にしかどうにもならない
右も左も関係ない 正しいか間違いかも関係ない
でもその直感が時々良い結果をもたらす場合が有る
特に中国みたいな魑魅魍魎相手なら
だから一応そういう人達も尊重している(2017/07/14)

魔女狩りの最大の害悪は、かわいこちゃんが同性の嫉妬からやり玉に挙げられてしまった?事にあると感じております。合掌。(2017/07/14)

蓮舫議員の問題の本質は、二重国籍ではなくて経歴詐称。時に華僑・日本人の立場を都合よく名乗り国民を騙してきてきた事の罪は深い。筆者はこの点を意識的に取り上げず、論点をすり替えて自分の主張をしていますね。(2017/07/14)

どうしていまさら蓮舫?と思ったら、最後のバックビューシリーズの挿絵を見てわかりました。
怖いおばさん議員月間だったんですね。
前週が小池百合子氏でその前が稲田朋美氏。
とすると来週はこのハゲ~!の豊田真由子氏あたり?ちょっと楽しみ。

蓮舫氏の戸籍公開は民進党内部からの魔女狩りですよね。
今回の小田嶋氏の言う通り戸籍公開は差別の助長の危険性がありますからよくないと思います。

そんな話題より、いまこそ加計学園問題の閉会中審査を取り上げてほしかったです。
追い詰められつつある前川前次官や問題の本質を突く青山繁晴議員、文科省OBの前愛媛県知事の加戸氏の指摘する獣医学部申請を認めない文科省問題。もう、今こその話題じゃないですか。
それとも安倍総理に利する話題は取り上げないってことでしょうか?(2017/07/14)

法律もろくに調べずに言及するのなら、もう沈黙した方が良いですね。二重国籍も批判されるべきですが、それは人の価値観の問題で、ご指摘のように法律違反まではいきません。

問題は「公職選挙法」での経歴詐称です。選挙の時に日本に帰化している、日本の国籍のみを持つ日本を愛する者、と散々口にしておいて実は違いました、と言うのは選挙では許されません。尚、当時の書類でもそう明記しています。

初めから台湾の国籍も持っていますと言っているのならば構いません。逆の事を言っておいて、指摘されてもずっと隠して続けていたのですから、批判されて当然です。

日本は法治国家で、違反されている事象は正されるべきで、批判されるべきです。国民が気にしないから問題にしなくて良い? どんなポピュリズムですか、それは。異常な感覚です。

自分が批判したいものには法に違反していなくても感覚的に批判して、擁護したいものは気にしなくても良いじゃないかとは、呆れるばかりのダブルスタンダードですね。まさしく、これまでのマスコミの発想そのものです。(2017/07/14)

そもそも、国会議員になる為の唯一の資格が「日本国民」である訳で、マイノリティー マジョリティーは全く関係の無い話です。
小田嶋さんは話をすり替えていると言わざるを得ない。
また、「現に国会議員に成っているから」国籍問題はクリアしている訳ではない。
単純に「選挙管理委員」の怠慢の問題も有る。
つまり、「性善説」的に自己申告を丸のみにして、確認を怠ったと言う事。
どうやら小田嶋さんは日本国民以外の日本国国会議員を望んでいるようだ。(2017/07/14)

関心のない人が相変わらず多い。ここを読みにくるくらいの感度はあるのにね。
些細なことのように思っていることから、いつのまにか自由が奪われていくことにもっと関心を持つほうがいいです。
まあ、そういう感度の鈍さが安倍でいいや(ほかにいないし)とか、都民ファーストを支持する、とかいう態度のベースになるんでしょう。(2017/07/14)

「戸籍を公開する意向」と聞いて、ああ「北朝鮮の『チャーハン』だな」と思いました(※ネット上の有名なコピペ。ご存じない方は「北朝鮮 チャーハン」で検索を)。公開するしないは蓮ホウ(なぜか変換できない)氏の政治的判断で、周囲があれこれ忖度することではないと思います。誰も強制してませんしね。それに公開されたとしてもどうせ「海苔弁」でしょうから。(2017/07/14)

台湾絡みなので中国のネット工作に一部が踊らされてる可能性も(2017/07/14)

 小田嶋さん、あなたの意見は完全に間違っています。貴方のような無国籍人間がこのようなメディアの場を使って偏った意見をまき散らし日本と言う国を貶めることに、とても腹が立ちます。
 あなたは、公人である国会議員のそれも野党第一党の党首が、もしかすると総理大臣になる可能性があるかもしれない立場の人が二重国籍であれば、日本の国益を棄損する可能性があることを完全に無視しています。
 一般の人の国籍を言っているわけではありません。何度も言いますが、公人たる国会議員の、それも総理大臣になる可能性がある野党第一党の党首の国籍を言っているのです。あなたは話をすり替えています。
 あなたのような浅はかな意見をメディアに開示するなんて、日経ビジネスの質も落ちたものですね。寂しい限りです。(2017/07/14)

>そもそも、質問自体が不当であったことを思えば、結局のところ、たいした問題ではない。
森本も加計学園も本質は同じだと思いますけどね。まさにパヨクお得意のダブスタ理論ですね。
先々週までの小田嶋先生()が戻って来てくれて嬉しい限りです。

ところで、先日の閉会中審査で朝日や毎日が森川発言だけを取り上げ、加戸前愛媛県の発言は全く報道しなかった件についてはどうお考えですか?(2017/07/14)

これは人種差別の問題ではない。
筆者は他の「進歩的な文化人」と同様に意図的に人種差別にもっていこうとしているが、蓮舫氏本人の説明が不自然に変遷していることから発生した問題であり、公党の党首たる彼女の危機管理がなっていないことがそもそもこの問題をこじらせている原因ではないのか。(2017/07/14)

「二重国籍で何が悪い」、ということには同意するし、そのことを前提にして言うと、

今回の件は、全て、「蓮舫代表が悪い」のひと言だと思う。それは、彼女の国籍に関する「証言」が、説明する度二転三転していたことも含めて、彼女自身の中に、日本国籍を有しているのだから法律的な問題は一切ない、ということに関する信念が欠落しているからだ。

仮に、彼女と同じ立場に、かの小池百合子議員が立たされたとしたなら、蓮舫代表の百倍位ソフトな口調で、様々なことを狡猾にオブラートに包みながらも、「二重国籍で何が悪い」を貫徹したと思う。

それが出来ずに、むしろ、結果的に自ら積極的に開示しようとしている時点で、帰化者や帰国子女等マイノリティに対する開示圧力の前例を作ってしまった。この時点で、彼女を代表にしている以上は、民進党を支持政党の選択肢に入れることは出来ないと思う。(2017/07/14)

相変わらず欺瞞満載な記事に思えます。

蓮舫氏の国籍開示を求めている人は、彼女が「公人」だから問題視しているのであって、

彼女が中国共産党の意向を受けて国政に当たっているのではないか?という疑念を晴らしてもらいたいだけ。

それが今後の個人の出自の差別に繋がる、とは言を左右するにしても論理が飛躍しすぎ。

選挙の際にクリアになってるって、選挙時には戸籍謄本提出が義務付けられているのでしょうか?それにしても自ら発信した「日本人ではない」コメントが多数残っているし。

しかし「参考になった」が3割もいることに正直驚いています。小田嶋氏と同年代の方々でしょうか。教育って大事だなぁとつくづく思います。日教組はとんでもない負の遺産を残してくれましたね…。(2017/07/14)

さすがに今回の内容はひどい。

そもそも二重国籍問題の解決を求めたのは民進党のお仲間で、別に国民ではない。さらにいえば、二重国籍問題も、先程の選挙時に安倍首相に対して「隠し事をするな」「説明責任」と声高に訴えて「お前が言うな」と散々突っ込まれる状態を自ら作るセンスのなさがそもそもの原因。
結局は政治のセンスがない人間が自ら自爆をしつづけているだけの問題。そのことに言及せず差別だのなんだのいう人も相当にセンスがない。(2017/07/14)

プレッシャーとか言うより、単に党首を辞任したい蓮氏が自爆しにいっただけだと思っています。
合法とするかどうかも含めての民主主義なので、「今、合法だから問題ない」と論ずるのは思考停止ですよね。
戸籍謄本の開示(結局、うやむやにするみたいだけど)は、二重国籍問題に対する答えになっていないので、開示したとしても無駄だと思いますよ。問題視している人の論点はそこではないので。(2017/07/14)

公人とはいえない安倍昭恵さんのプライバシーにはズカズカ土足で上がり込もうとした人達が、公人中の公人である蓮舫代表は擁護するわけですね。いつものダブスタ炸裂で嗤うしかありません。そして「魔女裁判」というラディカルなレッテル貼り。リベラル界隈のお手本のような自分よがりも相変わらずです。

こういう矛盾だらけの私見はどこかの飲み屋で知人相手にするならともかく、日本屈指の大手メディアで、しかもインターネットという全世界に通じている場所で開陳するようなことではないでしょう。恥知らずもここに極まれりですね。(2017/07/14)

すでに反対の嵐の予感。

しかし,そもそも論ですが,公職選挙法第10条によって「日本人である事」という規定はあっても,二重国籍を禁止としてはいないんですよね。そして,この10条に則って,立候補の時点で候補者は戸籍謄本か戸籍抄本を選管に提出しています。つまり,この時点で候補者が日本人か否かを見極められているわけです。開示される戸籍謄本の真贋なんか分かりもしないトーシロの我々がテレビを通してそれを見たって,何の役にも立たないのに,なんで開示するのか。その場にいる国会議員だって判断は出来ないのではないですかね。
ましてや,それを以て二重国籍ではないと言うことを証明するものでもない。つまり,次は「日本以外に国籍がないことを証明しろ」と言い出すに決まってる。ばかげてますね。

もう一つ付け加えるなら,国籍法においても14条から16条あたりまで読んでも,二重国籍を禁止してはいても法務大臣の催告がない限り二重国籍であり続けることに問題はない。小田嶋氏も例に出したフジモリ氏の例でも,法務大臣は催告を出さなかったと思います。つまり,蓮舫氏に対して日本国籍剥奪の催告を出すことはまずあり得ない。

愛国心がどうとか言う話も,すでに民主党政権時代に大臣を歴任していたわけで,もし何かアジテートしたいのであればその時がチャンスだったはず。ましてスパイなんて。スパイならもっと巧妙に母国(?)の国籍の痕跡を消すだろうし,こんな中途半端なことはしないですよ。

もう,こうなったら明らかに偏見に基づく差別ですよね。困ったものです。でもって,蓮舫氏も蓮舫氏です。また中途半端なことを。

長文失礼しました。(2017/07/14)

話としては全くその通りなのだが、この文章の書き方はプロとは言えない。考えをまとめてから理路整然と書けないものか?二重国籍を未だに問題視する輩は「民意が伝わっていない」わけではなく単にレンホウが嫌い、民進党が許せない奴らだろう。結局は弱いものいじめに加担するフォロワー的いじめっ子だ。
そもそも日本人なんて、アメリカと同様、元を正せば全員が移民だ。何が純潔の日本人かなんて定義できない。高々戸籍制度ができた明治以降の話だ。つまり問題となるのは国籍だけ。その国籍が日本にあるのだからこの問題はもはや本当の意味で解決済みということ。
それと『「東京出身者以外は田舎者だ」という先方の見解を認めたことになってしまう』ことのどこがいけないのか?勝手に言わせておけば言いだけの話だ。だって生粋の江戸っ子って何?今やそんなもの皆無に等しい。殆どが田舎モノだもの。東京で生まれた奴が江戸っ子?本当の江戸っ子から言わせればチャンチャラおかしいし、本当の江戸っ子はそんなもの屁とも思わないよ。それが江戸っ子だもの。(2017/07/14)

森友や加計の件を見ていてもわかるとおり、有権者は「情」で動くのですよ。

だとすれば、いくらあなたがここで「二重国籍は法違反ではない!!」と強弁したところで、
・日本国籍と外国籍を二重に有している
・外国籍をいつ放棄したかわからない
・上記についての説明が二転三転している
以上は、政権がかわれば首相になる可能性、もとい「おそれ」がある、
野党第一党の党首としてはふさわしくないと多くの人が考えているのではありませんか?

1社だけの世論調査を持ち出してきたり、
「あいつもやってるから悪くない」とばかりにフジモリ氏の例を出して来たり、
オダジマ氏の劣化が相当厳しくなっているなと感じました。

PVは稼げるのでしょうが、日経BPさんはいつまでこんな人に原稿を依頼するのでしょう?
もっとも、「あちら側」の人々の思考体系(笑)を理解する点では有意義なコラムですが。(2017/07/14)

本件に関しては、日本国内の「法」に照らして違法でなければ良いだけのことです。
小田嶋さんが述べられた「『終わった話』というのは、『きれいにカタがついた話』という意味ではない。『世間はもう忘れている』という意味に近い。」ということは人間の真実なのだと思います。
そこで「忘れることは素晴らしい。」とあらためて思います。
だから未来に向かって歩き出すことができるのでは・・・。
でも若年性痴呆が進行しただけなのかも(苦笑)。(2017/07/14)

まず、二重国籍の疑惑を「終わった話」と思っている事に驚愕した。
政党の代表を現在でも勤めている者が、いつ説明責任を果たしたのか?疑惑を解消したのか?他のニュースに押しやられて話題に出なかっただけで、何の解決もしていない。時間が経てば解決すると思っていたのだろうか?

蓮舫氏の多重国籍問題(中国籍?台湾籍?)は、明確に本人が証明できる問題であり、本人にしか証明できない問題であり、日本国民の税金を受け取っている者として、日本国民に潔白を証明する事は当然であり、魔女裁判では無い。
「魔女裁判」とは、民進党やテレビ朝日は、安部首相に常日頃「やってない」証明を求めている行為そのものである。(「やってない」証明を求められる「痴漢冤罪」も同じ)

小田嶋氏は「魔女裁判」という言葉を理解しているのだろうか?身内を擁護したい気持ちは分かるが、言葉を生業にしているのであれば、正しく使った方が良い。(2017/07/14)

時々面白い記事が載ると思ってはいましたが、世間が忘れた話だと思っていたとは驚きでした。まだまだ五大新聞のネットニュースで報道され続けている案件で、ダチョウが顔を埋める説的視点だったのでしょうか。

この件については、アベ以上にレンホーの悪質性は高いはず。彼女自身、国籍についての言動が二転三転どころではない変遷を遂げているにもかかわらず、詭弁で押し通そうとしたのだから。
さすがに都議選で大敗したせいで党首の座が危うくなって、渋々公開すると言い出したのが本音でしょう。

誰かに聞いておきたいのですが、「はじめからたいした問題だと思っていない。」というのは反アベ派の共通認識でしょうか。
南朝鮮のトップに北朝鮮出身者が着任した後、政府の発言として北朝鮮が有利な発言を繰り返していますよね。
日本に他国出身の総理大臣が着任したら、はたして日本有利=出身国不利の発言を継続できるのでしょうか。

旧民主党は、党創世記から何人かの他国籍人を国会議員に据えるという党策を実施してきました。
その政党が政権を担当してみたら、させるべきではなかった。ということが明確になったことを反映したのが野田政権以降の衆議院以外の地方選を含む選挙結果なのではないのでしょうか。

ちなみに、ほとんどの公務員は、日本国籍であることが受験前の条件として明示されています。(2017/07/14)

 加計学園の問題については「大した問題ではない」事が分かったのでもう触りには行かないんですね。そういう一貫した態度は大事ですよ。(2017/07/14)

 自分で開示するといったのに、何が差別的なのかわかりません。いろんな圧力があったってずっと無視してきたんだから、これからも無視すればいいんです。彼女は「終わった話」にしてたんですから。
 大体、他でも指摘されているように自民党議員が戸籍開示したときに、その危機感を表明し、反対行動を取っていたのなら整合性もあるってものですが、小田嶋さんはそんなこと一度たりともなさらなかった。つまり、戸籍の開示なんか、別にたいした問題じゃない、ってことですよ。

 在日外国人は、警察などから求められたら即座にパスポートなりを開示して身分証明をしなくてはなりません。それとどれぐらい大差あるって言うのでしょう?

 うそを重ね、小田嶋さんの大好きな言葉アカウンタビリティーを果たしていない、蓮舫氏にそれを果たせと有権者が求めることがいけないことならば、有権者は議員に対して何も要求できないし、監視の意味もなくなります。

 小田嶋さんは自分の過去のツイッターでも見直して、安倍首相への罵詈雑言と蓮舫氏への態度の整合性を取ることができたら、コラムでも何でも書けばよろしい。
 整合性を取ることもできず、撤回もしないのならば、この種のコラムを書く意味はない。(2017/07/14)

えっと…小田嶋さんの言うことは、まあ正論ですよね。

でもね、問題なのは彼女(レンホーさん)のいる党が民進党だと
いうことだと思います。

ただでさえ、我が国のために働いているのか某国のために働いて
いるのか時々わからなくなる政党なので、その党首ということで
すので、国籍はかなり重要視されても致し方ないように思います。

疑わしきは罰せず、なんていう言葉もありますが、信頼を得られ
ない政治家は政治家たる資格も無いのでは?(2017/07/14)

差別とは大抵
「伝統」とか「慣習」とか「素直な感情」そして「素朴な疑問」
って衣を纏っている。

思うにマスコミが「安倍首相は国民の素朴な疑問に答えよ」というフレーズを多用し過ぎました。

素朴な疑問を盾にすればたとえ一定の回答が示されても素直な感情を理由に幾らでも言い掛かりを付けられる事を覚えてしまった。(2017/07/14)

まず大多数の日本国民は
・日常の仕事や些末事で忙しく触れる暇はないが、決してこの問題を「忘れて」などいない
・二重国籍だろうがどうでもいいなどとは断じて思っていない

ここからは削除してもよいが、蓮舫氏を中国のスパイと中傷する声が~とあるが、これまでの論調からすれば正直小田嶋氏自身も相当に中国に「肩入れ」しているのは明白だ(2017/07/14)

「議員になっている時点で国籍の問題はクリアされている」とは法的にですか、感情的にですか、それとも議員である事実がすべてに優先しちゃうからですか?? 一般人の2重国籍と政治家の2重国籍は根本的に違う。政治家は国民の税金で活動している、国民のために活動している、それを明確に示す義務があるからこそ色々自己宣伝しているんでしょ。(2017/07/14)

この人のほうが、よほど偏った意見をもっているのでは・・・(2017/07/14)

私は言っている人ではなくその意見の内容によって評価したいので気にしちゃいませんが、気にする人が少ないことと公開の必要性は全く別の議論であろうと思います。
多数派が多数派がとおっしゃいますが、60%の意見で全部決めろっていうのは随分乱暴じゃないですか?相手が敵か味方かで意見を変えてちゃダメですよw(2017/07/14)

連日の暑さでくたびれているのは私だけじゃ無いようで、このコラムの方もそうらしい。

>蓮舫氏の説明が不十分だったことと、戸籍謄本を公開することは、話がまるで別だ。彼女の説明が不明瞭だったのだとして、だからといって、戸籍を公開して説明すべきだという話にはならない。←
蓮舫氏が自ら動いているが・・
>一人の人間としての蓮舫代表のこの度の決断に対して、外野からどうこう注文をつけようとは思っていない。←充分にコメントしている。
>戸籍の開示を求めていた人々は、会見や一部の公開をもって満足することはないだろう。彼らは、魔女が沈むまで次のツッコミどころを探すはずだ。←これが結論!?

蓮舫氏を非難しているのか擁護してるのかはたまた石を括り付けているのか、どうも頭が回らない。(2017/07/14)

何が問題になっているか判らない御仁の説明は、全く意味が無い。
自論あってのコメントにか過ぎず、
全く参考にならない。(2017/07/14)

日経ビジネスにふさわしくないバランスを欠いた内容だと思いました。

マーケティング手法として炎上しやすいトピックを選択するのは理解できますが、富山の社長の発言でも選ばれた方がビジネスにふさわしい選択ではないでしょうか。

トランプ大統領の長男に対する疑惑は良い魔女狩りで、民進党の党首に対する批判は、けしからん魔女裁判?(2017/07/14)

二重国籍問題などどうでもいい。私の妻は台湾出身で日本人に気化&台湾国籍離脱したが、妻の姪はUS生まれで台湾育ち、今も2つのパスポートを合法的に所有し使い分けしている。

そんな事は問題でなく、二大政党制を標榜する公党党首であるのに、自らの証言内容が説明の機会ごとに二転三転していた事だ。そんな複数舌を持つ党首率いる党に日本の将来を任せたくないだけである。もっとも、日本人がアホでも平和ボケしていても民進党などにせず、今回の都議選も惨敗したわけだが。(2017/07/14)

>もう一度言うが、世間は忘れている。
忘れてません、ずっと話題になり続けてきました
詭弁の特徴のガイドライン『主観で決め付ける』に該当です

>蓮舫氏は、この約1年ほどの間、戸籍の開示を迫る周囲の圧力をずっと感じていて、
あれ?世間は忘れてたんじゃないんですか?忘れた世間からの圧力が存在した?

>「マイノリティーの日本人」が、様々な場面で、戸籍の全面開示を求める圧力にさらされることになるはずだ。
なぜそんな話になるのでしょうか?日本の総理大臣になるかもしれない野党第1党の党首だからこそ
持ちあがった話を勝手に一般人に敷衍しないでください。
詭弁の特徴のガイドライン『自分に有利な将来像を予想する』に該当です

>つまり、二重国籍であるのだとしてもそれがただちに法律違反にはならないということだ。
なります
国籍法第十六条 選択の宣言をした日本国民は、外国の国籍の離脱に努めなければならない。
とありますが、政治家を志すなら、まず入り口で成すべきことを放置してました。

>が、そういう世界は、もう100年以上前に滅び去っている。
厳然として目の前に存在してます
詭弁の特徴のガイドライン『資料を示さず自論が支持されていると思わせる』該当です

>「疑われたら戸籍の公開が当然」のような社会になってしまえば、
何度も言われてますが、野党第1党の党首だから起きてきた要求です
詭弁の特徴のガイドライン『事実に対して仮定を持ち出す』該当です

>彼らは、魔女が沈むまで次のツッコミどころを探すはずだ。
勝利宣言ですか?(2017/07/14)

みずからを魔女でない事を証明しようとしない人について、"魔女裁判"というのは止めませんか?(2017/07/14)

ま、小田嶋がいくら庇おうが、世間は冷たく見てるよ。
それだけ蓮舫いや民進党は国民から人気が無いという事。

小田嶋がそんなに蓮舫を庇うなら加計問題も正しく書いたらどう?
お前も安倍攻撃に都合の悪いことは書かずに口を閉ざす、マスゴミと同じだな。
下らない文章を書くな。(2017/07/14)

半月程で世間が忘れたのではなく、忘れて貰いたくて報道を止めたのでは?
フジモリの時もマスコミはサラッと流しただけだから知らない人は多かっただけ。

魔女狩りをするようになったのではなく、マスコミが「(国家転覆に都合の悪い事は)報道しない」権利を公使する事を国民が良く理解して覚えているようになっただけに思いますが。

国会議員に限らず、国の機密を知る立場にある職務全てにおいて二重国籍は排除するべきです。
「全員が情報の横流しをしない善人であるわけ無い」からです。

日本人でも情報を流す事はあるでしょう。

しかし、単独国籍ならば亡命先に引き渡し要求をして引き渡される場合でも、二重国籍持ちは自国民
渡せるかと拒否される可能性が高くなる。

今から法律作っても良いと思いますよ?

あ~、あと、私は蓮舫の単独の国籍証明はしなくて良い派です。

だって、小田嶋さんみたいな事言ってウダウダしてる間に選挙全敗で民進党は消滅しますから。

このまま有耶無耶にして、国会の解散総選挙しましょうよ。(2017/07/14)

与党政治家に対しては、法律的に何の問題もない事項を、「疑惑」と呼びそれを問題視して魔女が沈むまでイチャモンを付ける人の典型的なダブスタにも、慣れてはきたけど容認する気には全くならないですね。(2017/07/14)

蒸し返したのは国民ではなく、選挙でぼろ負けしている民進党議員が、蓮舫にの責任にすり替えてるだけのこと。(2017/07/14)

誰もが大好き、女優の○○さんが、実は二重国籍でした、
好感度抜群のコメンテーター××さんも、実は二重国籍でした、
ということが発覚しても、大した問題にはならないだろうが、

一寸先は闇、周りは敵だらけ、の政界においては、
ケチをつけられる要素には、全てケチをつけられるのです。(2017/07/14)

すごいことです。
司法が判断すべき公職選挙法違反の疑いがある今回の二重国籍問題を、司法と無関係の方が問題なしと断言している。
しかも、自らは安倍総理に法治国家の危機と宣っているが、実は自身が法治国家を無視した論評を展開。
相変わらずの態度。
すでにネット上ではマスメディアの支持率はもう無く、如何にすれば是正できるのかを議論される段階に来ている。
嫌韓同様に日常生活に溢れ出すのも時間の問題でしょう。(2017/07/14)

まったくそうですね。法的には問題無い。問題があったとすれば、それは選挙管理委員会が立候補者として認めていない(事後的になら取り消している)はずというだけの話。
「首相の座を狙う野党第一党の党首という特別な立場」(http://www.sankei.com/politics/news/170713/plt1707130037-n1.html)だから特別というのなら、それは民意として選挙で落選させればいいだけだし、民進党内部の問題としては代表選挙あるいはもっと前の段階で党員資格(それをどう決めるかは民進党の自由だ)の問題として処理すれば済む話。
魔女かと疑うのなら、石をくくりつけ水に沈めるのではなく、はかりにのせて「ホウキに乗って飛ぶには重過ぎる」と判定(https://mainichi.jp/articles/20170714/ddm/001/070/173000c)してくれる社会の方が暮らしやすい。(2017/07/14)

民進党が衰退したきっかけを作ったのが蓮舫代表の二重国籍問題です。これにケリを着けない限り、民進党への信頼回復はあり得ません。
これを魔女裁判、大した問題でないという筆者は贔屓の引き倒しで、民進党の衰退を促進していることに気付いて下さい。(2017/07/14)

日本を敵視する中華人民共和国の国籍があるのでは、という懸念である。万マンがイチ民進党が衆議院第一党(ほぼあり得ないが)になった場合、内閣総理大臣になる人間が敵性国家の国籍があれば、国益を損なう事に繋がらないか。また、かの国は国家総動員法なる法律がある事はを(2017/07/14)

小田嶋さん、現実をよく見ましょう。

レンポーが代表になって民進党は凋落の一途をたどっているのです。

それがどういう理由にしろ「人選を誤った」という表現をしない限り、魔女裁判を求めてるのは当の民進党ですよ。

だから渋々と戸籍開示をするハメになったのだけど、開示したら完全に違憲で議員資格を剥奪されるのは確実なので必死に逃げようとしてる。今ここ。

仮にそれが通っても、今度は沈む泥舟から党員が次々逃げるのを止められますまい。
進むも地獄、止まるも地獄。

それがわかってるからアンチ民進党は黙って生暖かい目で見守ってあげてるだけですよ。(2017/07/14)

民進党が気を引こうとすると蓮舫の国籍問題くらいしか出てこない。政党として崩壊している状況を示している。蓮舫の国籍問題など、どうでもいいと思うのが大多数だろう。彼女が党首であることもどうでもいい。既にそうであるだけで民進党は終わったという前提である。人物と組織の両方がともにネガティブなので、あるいは些末すぎるので、もはや政党として影響力をもつことはなかろう。落ち目の芸能人じゃあるまいし、自爆ネタで注目されたいということなのだろうか。食いつくのは、小田嶋ツイートへのバッシングを試みる一群ぐらいだろう。野田幹事長の辞意“示唆”だの、どう考えても「政治」をする以前の壊滅状態だ。それでも、まともな主体は出てこない。暗い話だ。(2017/07/14)

 建前的な議論に終始して面白みに欠けるし、問題のえぐり方が甘いような気がする。二君に仕えることを潔しとしない忠義心は100年前に滅んだかもしれないが、同じ中世でも魔女刈りに快感を覚える民衆の心は今の時代も脈々と続いている。その民衆の暗い情念をこそもっと踏み込んで分析すべきではないか。
 今の時代「二君に仕える」ことはどうとも思わなくても「二股かける」ことについては抵抗があるのではないか。そこには、あいつうまいことやりやがって、というやっかみが込められている。浮気のひとつもしたいと夢見ながらひとりのパートナーとの結婚に縛りつけられて身動きもとれない。多くの異性を渡り歩き自由に恋愛を楽しむ人間を呪詛の眼差しで眺める。
 二重国籍にしても「二股かけやがって」ぐらいの調子で見ているのだろう。そこには日本人として生きるしかないという鬱屈がある。日本という国に縛りつけられて生きる以外に他に寄るべのない不自由さや抑圧が暗い情念となり、火刑に処される魔女を見て嬉々として快哉を叫ばせる。逆に言えば呪詛しつつ憧れてもいるわけだ。
 土地に縛りつけられ、地縁血縁のしがらみにまみれ、あるいは会社という村社会の抑圧の中で生きる日本人は、合理的に思考し国境を股にかけて活躍する人々に憧れ、また呪詛するのだ。(2017/07/14)

前回は小田嶋氏が路線変更したのかと思いましたが、コラムが正規の路線に戻って、参考にならなかった、どちらでもよいが増えたので、当分はコラムが続けられますね。よかったよかった。(2017/07/14)

今回、蓮舫議員をほんのちょっとだけ可哀想に感じました。戸籍の公開が遅れたことがかなり不信感を持たれたことを本人は実感しているにも関わらず、特に周囲から沸き起こっているイデオローグに縛られて身動きがとれないことが、です。

Yさんは最後の一言で、「小田島さんの意見が悪影響を及ぼすことがありますか?」といった擁護をされたことがありましたが、今回のこれは正直いただけないです。(2017/07/14)

蓮舫氏の戸籍公開云々に反対してる人たちで、自民党の小野田議員の戸籍謄本公開に反対、批判、同情した人ってどれだけいるんでしょうね?
結局なんだかんだ言ってはいても本当に差別反対とかそういう次元の話で反対してるのか疑問に思います。(2017/07/14)

ごく当たり前の話として、政治家というのは、熾烈極まりない権力闘争と足の引っ張り合いの世界で生きている。

そこに対して意義を差し挟む必要はない。

そもそも、理屈の通らない反論ばかりをして何の代案もないこのヒステリックな人に対して、我々はすでに辟易している。

その中で、この人にそろそろ退場してもらおうという話は、至極まっとうな話だと思う。

芸能人が自分を見世物にして稼いでいるのと同じように、政治家は常に衆目にさらされながら闘っている。その一環としてこのような話になったとして、特に驚きも反論もない。ぜひ、身の潔白と言えるものがあるなら、それを証明してくれれば良いと思う。(2017/07/14)

コラムの本筋から少し離れた話かもしれませんが、失礼します。
私は蓮舫氏がろくに確認もせずインタビュー等で誤った話をし、結果嘘をついたことになったことは政治家、あるいは社会人としてどうなのかという点で問題だと思います。
すべき手続きをしなかった、確認もしなかった、あるいはわかっていて嘘をついた、誤魔化した、どれが本当なのかすらわからない。
こういう人が野党第一党の党首になり、政権与党を追及する立場にあることに不満を持つことを差別だ何だとか言われて封じ込まれたらたまりません。

それと文中気になった点があります。
・フジモリ氏の件は当時の法律と違うので蓮舫氏の件と同列に論じられないのではないかと思います。
・国籍選択は相手側の事情がある、あるいは中国との問題があるという点は台湾が国籍離脱を認めていますので本件に関係ないと思います。(2017/07/14)

 小田嶋氏は自分のツイッターでの発言に対して、「手当たり次第に戸籍の開示を求めているのではない。蓮舫氏が国会議員であり、総理になる可能性を持つ野党の党首だから国籍をはっきりしろと言っているだけだ。論点をズラすな」といった反論が有ったと述べているが、その反論の意味が理解できていないようだ。
 即ち、自衛隊の最高指揮権なども有する総理大臣が二重国籍でもよいとお考えのようだ。やれやれ。(2017/07/14)

日本のパスポートを見せれば、戸籍謄本を開示する必要はないですね。

実際、アメリカのヒスパニック系の正規移民は、不法移民と間違われないためアメリカ国民でありながらパスポートを持ち歩いています。

そうしないと職質でしょっ引かれて面倒なことになるからです。

日本でも似たようなものです。インド人の友人が外国人登録証を忘れて渋谷に遊びに行ったら行ったら、職質でしょっ引かれてえらい目にあったと言っていました。

自民党や経団連は移民を入れたいのですよね。もし大量に移民(特に東洋人)を入れたら、正規の移民と不法移民の区別がつかなくなるから、皆、身分証明書を持ち歩かなければならなくなるでしょう。蓮舫が開示しようがしまいが関係ありません。(2017/07/14)

>>もう一度言うが、世間は忘れている。
それ以前に、そもそも、はじめからたいした問題だと思っていない。

いやいや、最近民進党を辞めた代議士さん達が一様に代表の国籍が・・・と言ってますが。
原口さんもツイートで言ってますが。
説明するとかしないとか代表が言う事をころころ変えることにみんなが引っかかっています。
説明すれば本当に簡単に終わる話なので早く終わらせるべきだと思います。
自民党の人が国籍を説明するために戸籍謄本を出した時にも小田嶋隆先生が今と同じ事を言っていたなら説得力がある話ですけどね。(2017/07/14)

> 魔女狩りって、教会や王様がやらせたわけではなく
> 民衆主導だったんだそうですね…

これは見当違いなコメントだ。
世間の多くの人は蓮舫代表に戸籍謄本開示を要求していないし、
それ以前に蓮舫代表に興味がある人は少ない。
まるで日本が中世の魔女狩り状態になっているかのコメントは、いかがかと思う。

> ただ、この状況のこのタイミングで、あえて自らの戸籍に注意を集める挙に出た蓮舫代表の政治的直感の鈍さには失望した、ということだけは申し上げておきたい。

まったくその通りですね。
また、世間の注目度だけで蓮舫を代表に選んだ民進党にも失望している人は多いでしょう。
世間が蓮舫代表に求めているのは筋道の通った原因の説明であり、それができないから戸籍の開示とは乱暴な話だ。
民主党時代から続く、内ゲバが原因で支持を失う悪習は、いつまでたっても直らないみたいですね。(2017/07/14)

戸籍謄本開示とか魔女裁判への懸念は理解できますが、
そこまでの論理展開が納得できないです。

世間がどう思っているかなんて話をしてどうするのですか。
多重国籍の禁止は、日本の法律で決まっている事です。
確かに世界の中でも特殊なルールかもしれません。

しかし、国会議員は法律を作る人たちなんですよ。
国会議員が法律を守らなくてどうするのですか。
問題があれば、修正するのが筋なんです。(2017/07/14)

このテーマに関して日本の分断というものを最も効果的に炙り出す書き口はさすが小田嶋である。

とりあえず、「議員になっている時点で、国籍の問題はクリアされているはずじゃないか」という中央選挙管理委員会という官僚組織か民主党・民進党へ向けられた全幅の信頼は全く共有できるものではないとだけ書いておく。(2017/07/14)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者