• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 戸籍謄本開示と魔女裁判について

レビュー

とても参考になった
 

32%

まあ参考になった
 

7%

参考にならなかった
 

59%

ぜひ読むべき
 

33%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

61%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

R舫を叩いてる方は、仕組みを理解する力がない
(あるいは、わかっててわざと間違えてる)ってことで、
まあ、相手にするほどのこともないですが、
おっしゃる通り、「私で最後にしたい」とかいいながら、
結局は、戸籍に関する情報を開示しちゃった方も、
とんでもない悪しき前例を作ってることについて
覚悟や意識が薄いですよね。
憲法の精神の根幹を否定するような、
戸籍によって生じる差別の問題をどう考えてるのか?
どっちもどっちというか、、、
今に始まったことではないが、
政権交代の受け皿になろうって人たちが、この調子では、
暗澹たる気分です。。。(2017/07/27 11:41)

国籍がふたつあっても、「わたしは日本のために働きます」という意志と宣言(証拠)があれば何国の方でもよろしい気はしますが…でも、何かあった時に疑う人は疑いますよね。「手心を加えたんじゃないか?」「こう言ってるけど本心はどうなんだ?」「ないない言ってるけど、本当はあったんじゃないか?」とか。…あれ、日本国籍のみであろう首相も言われてることですね。まとまらない。すみません。(2017/07/24 17:30)

「二重国籍」の問題と「戸籍謄本開示」の問題は別問題。

何があっても蓮舫氏は(一部であっても)戸籍謄本の開示をすべきではなかったし、周囲も戸籍の開示を求めるべきでなかった。

マイノリティに対する差別につながりかねない行為を代表自らが行ったのだから、これは民進党の自殺行為。極めて残念。

グローバルな時代、二重国籍者が増える一方、国籍に関する決め事は(我が国の承認の有無にかかわらず)それぞれの国家の法令によって決められているので国籍の離脱は容易でないこともある。法の建前から言えば、国家権力の行使に関わるものが二重国籍であっては困るが、今後、二重国籍者の国籍離脱あるいは他国の国籍を離脱したとみなすルールをきちんと作っておかないと、いずれまた魔女裁判が繰り返されるであろう。(2017/07/24 12:29)

経歴詐称による公職選挙法違反(時効だが)については、どう考えているのでしょうか?
法を作る立法府に奉仕する人間が、知らなかったので過去法律違反を犯していましたという言い訳がまかりとおる社会でいいと思っているとでも?(2017/07/24 12:27)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長