• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ミサイルと銅像の夏休み

2017年8月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 年々夏休みが短くなっている気がするのは、夏休みが短縮化しているからではなくて、おそらく私の時間感覚が老化したせいだ。なにしろ、ちょっとあくびをしている間に1週間が過ぎてしまう。そういうカラダになったということだ。

 思い出してみれば、中学生の頃は、「再来週の日曜日」すら、容易にはやってこなかった。「高校生になったら」ぐらいな近未来になると、地平線の彼方に霞んで見えたものだ。

 それが、50歳を過ぎてみると、5年程度の月日は、子供時代の5週間ほどの感覚で過ぎるようになる。

 てなわけで、2週間ぶりに眺める世界は、たいして変わっていない。
 見る人が見れば色々と違って見えるところもあるのだろうが、私の目には、2つの腐った玉ねぎみたいに同じに見える。

 ミサイルは、幸いなことにまだ飛んできていない。

 そういう意味では、世界は変わっていないわけだが、ミサイルが飛んでくる前提でものを考える人たちが増えたことで、おそらく、世界は少しずつ変わりはじめている。どういうことなのかというと、ミサイルは、実際にわれわれの頭上に落下することによってではなく、「いつか自分たちの頭上に落ちてくるかもしれない」と人々に思わせることによって世界を変えるツールだということで、あれは、実に、武器である以上に、われわれのアタマの中身を書き換えるアート作品なのである。

 

 私が夏休みをとっている間に、新しい防衛大臣が赴任して、その、前任者よりはいくぶんもののわかった人間に見える新任の防衛大臣は、早速、北朝鮮を出発したミサイルがグアムに向けたコースを外れて誤って日本に落ちてきた場合を想定して、地上配備型迎撃ミサイル「PAC3」を中国・四国地方の計4カ所の陸上自衛隊の駐屯地に展開する破壊措置命令を出した。なんでも、金正恩書記長が「警告」している、米領グアム島周辺の海域を狙って発射されるミサイルが、島根、広島、愛媛、高知の各県の上空を通過するであろう想定に対応した措置なのだそうだ(こちら)。

 

 一方、小野寺五典防衛大臣と同じく8月の内閣改造によって新たに赴任した佐藤正久外務副大臣は、北朝鮮発のミサイルが、わが国の上空を通過するかもしれない問題に触れて 「北朝鮮から日本の上空を飛び越えてグアムの方へ(ミサイルが)行く。そういう時、日本の自衛隊は本当に撃ち落とさなくていいのか。日米同盟の真価が問われている。リスクを共有しない同盟はない」と述べている(こちら)。

 佐藤外務副大臣が「撃ち落とす」と言っているのは、小野寺防衛大臣が言っていた「誤って日本に落ちてきた場合」の想定とはまた別の話で、より踏み込んだ対応を物語るものだ。

 彼は、「同盟国を狙っているミサイルは、撃ち落とすべきだ」という意味のことを言っている。

 領空とはいえ、はるか上空の宇宙空間をミサイルが通過することを、わが国が集団的自衛権を発動する要件の一つである「存立危機事態」と認定して良いのかどうかは、議論の分かれる問題だと思う。

コメント115件コメント/レビュー

前半は、小田嶋さんらしからぬ、いいことを言っているようでした。武器は、存在するだけで、周りの雰囲気を変えてしまうものですが、銅像もそれを見る人によってさまざまな意味がつけられていくことは、改めて考えさせられました。が、後半は、いまいちな感じがしました。死を美化することが、生を軽んじることには、つながらないと思います。そう考える人が少なからずいることが問題なのでしょう。死後の世界をもっと認識することで生を大切にする意識も育つのではないかと思います。(2017/08/30 09:38)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ミサイルと銅像の夏休み」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前半は、小田嶋さんらしからぬ、いいことを言っているようでした。武器は、存在するだけで、周りの雰囲気を変えてしまうものですが、銅像もそれを見る人によってさまざまな意味がつけられていくことは、改めて考えさせられました。が、後半は、いまいちな感じがしました。死を美化することが、生を軽んじることには、つながらないと思います。そう考える人が少なからずいることが問題なのでしょう。死後の世界をもっと認識することで生を大切にする意識も育つのではないかと思います。(2017/08/30 09:38)

小田嶋氏が支持する「特攻は無駄死にである」との言説の「無駄」には以下の2つの含意があると思う。

1. 作戦として無駄である
そんなことをしても大した効果が上がっていないではないか(朝日新聞とか毎日新聞とかがよく書く記事)。

2. 命が無駄である
どうせ負ける戦争なのに、いたずらに命を無駄にした。

まず1.については、特攻での戦死者数3,948名に対して、アメリカ軍の戦死者6,805名負傷者9,923名合計16,728名という記録がある。当時、日本軍の通常攻撃でこれだけの戦果を上げることはありえないので、十分以上の効果を上げたことは確か。その後、アメリカ軍は防御力を徹底的に強化し、戦果が上がらなくなっていくが、これは当初絶大な効果を上げたことを証明している。従って、明確に間違いである。

2.については、すべての戦闘について言えるので、特攻のみを取り上げても意味がない。作戦として外道であった(死を前提とした作戦はモラルとして許されないという意味)とは言えるが、日本人は国のために徹底的に戦うという事実が相手に与えた心理的影響は無視できない。その結果、天皇も戦犯として裁かれなかったし(サヨクの人はそれが不満なのだろうが)、占領政策も比較的穏便だった。その代わり、GHQによる愛国心を徹底的に破壊する教育が行われ、その影響は小田嶋氏に見られるように、現在でも根強く残っている。

そもそも、特攻隊員が全員ではないにしろ、自らの命を投げたして戦ったのは、多くの遺書が物語るように、国体の維持とか抽象的な目的ではなく、身近な人々(母や妹など)を救いたいがためだ。それは、国が占領されたら何をされるかわからないという当時の切迫感を感じなければ理解できないだろう。ソ連に占領された満州や、中国、朝鮮で何が起きたのか(あえて書かないが)? 通州事件や、尼港事件は当時の人はみな知っていたわけである(戦後の教育では教えなくなったけど)。

そう考えると、小田嶋氏がどのような屁理屈を組み立てても、「特攻は無駄死にである」は成り立ちそうにない。(2017/08/24 12:32)

リクエストがあったようなので。

>うーむ、すべてが続いているという大局観に立つのであれば、何が無駄死にでなく何が無駄死にであったのか、そして、彼らの死が、体制の崩壊転換がどのようにして今日の繁栄に至っているのか、説明願いたい。

 終戦で、それまでの日本を支えてきた人間がすべて死滅していたのならば、もしくは完了、議員その他もろもろ企業も含めて、人員が入れ替えられているのならば、跡形もなく消え去った、と言えなくもないだろうが。
 実際はそうではない。多くの大日本帝国を支えていた人間が一貫して戦後日本を支えてきたのだ。
 兵員の無駄死に、に関しては私は無駄死にした兵員はいないと思っている。すべての戦死者を平等に悼むべきだし、無駄死にしたというレッテルを貼るべきではない。
 また、今日の繁栄があるのは彼らの死だけでなく、戦前戦中戦後を通じて連綿と続く国民全員の努力によるものだ。(2017/08/23 15:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長