• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

地獄の先に金メダルは見えるか

2016年8月19日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 お盆休みはあっという間に過ぎた。
 毎年のことだが、なにもできなかった。
 でもまあ、休むというのは何もしないということなのだろうからして、これはこれで良い。

 ただ、ちょっと残念なのは、本を読むつもりでいた時間のほとんどを、テレビの前で漫然と過ごしてしまったことだ。

 いまとなってみれば、夏休みには本を読もうなどと、中学生みたいな目標を立てていたことが恥ずかしい。ついでに申せば、その目標が達成できなかったことにも、恥辱を感じる。
 で、結局、あれやこれやと文句をつけつつ、だらだらとオリンピックと高校野球を交互に見ている。

 どちらかをやめるべきだと、ある男に指摘された。
 どちらかというのは、高校野球とオリンピックのどちらかを見るなということではない。テレビを見るのをやめるか、ケチをつけるのをやめるのか、どちらかにしろということらしい。

 まあ、おっしゃるとおりではある。
 いやなら見なければ良い。見るなら見るで、グダグダ文句をつけるべきではない。まったくだ。

 が、実際にテレビを見てみると、特に録画で見る競技には、やはりどうしても不満を言いたくなってしまうものなのである。

 責任の半分が、こちらにあることはわかっている。
 つまり、ナマで競技を追いかけている時には気にならない部分が、録画だと神経にさわるわけで、このことの責めは、実況をしているアナウンサーや編集を担当したスタッフよりは、ナマで視聴する時間にきちんと目を覚ましていないわれら視聴者の怠慢に帰するべきだということだ。

 ナマで見ていると、実況アナが大きな声を出しても気にならない。スタート前の準備の段階からドキドキしたり不安になったりしつつ、選手の身になって手に汗握る気持ちで見ている視聴者なら、思わず叫んでしまうアナウンサーの気持ちもわかるし、メダル獲得の瞬間の決め台詞がいくぶんあざとかったり形容過剰に陥っていたのだとしても、同じように興奮して見ている視聴者の気分からすれば、ごく自然に同調できるからだ。逆に、実況アナがあくまでも冷静沈着な態度で中継を続けたら、ナマで見ている視聴者は、むしろ淋しさを感じるかもしれない。

 しかし、朝のニュースの時間帯に、メダルの瞬間の録画VTRを、寝起きのぼんやりしたアタマにいきなりぶつけられることになる午前8時の視聴者は、違う。彼はスタジオの興奮について行けない。

「朝からやかましいなあ」
「うるせえな、メダルが何だっていうんだ」
「いいからわめくなよ」

 と、私は、選手のガッツポーズはともかくとして、その選手の快挙を芝居がかった拍手と歓声で煽り立てるスタジオの人たちの異様なテンションに、毎度毎度ドン引きさせられている。

 スタジオの中で五輪競技のハイライト映像を共同視聴する役割を担いつつ、映像へのリアクションをハンディカメラで狙われ続けているテレビ出演者が、勝利や敗北の瞬間を映し出す映像に対して、自分が本当に感じているよりいくぶんか大げさなリアクションを取ってしまう事情はよくわかる。

コメント72件コメント/レビュー

ブラバンの話は、部員の合意ならば選択肢としてありでしょう。そりゃ、反対した部員は泣くでしょうけれど民主的に皆で決めたのならそれはありる結論です。しかし、教師がそうすべきと誘導して、生徒が従わざるを得なかったのであれば、それは許されない強制です。高校野球は、不祥事の連帯責任が非常に不合理で理解できません。生徒に連帯責任を負わせるのに、校長や野球部部長、監督、高野連の県の役員などは連帯責任を撮って辞任することはない。これは、全く不合理な強制です。校長や部長には来年はあるけれど、3年生の選手には来年はない。全く腐った考え方です。いい加減、止めるべきです。処罰されるのは、不祥事を起こした本人のみか、加えて指導者である監督か校長などが連帯責任で罰せられるべきでしょう。(2016/09/07 15:48)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「地獄の先に金メダルは見えるか」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ブラバンの話は、部員の合意ならば選択肢としてありでしょう。そりゃ、反対した部員は泣くでしょうけれど民主的に皆で決めたのならそれはありる結論です。しかし、教師がそうすべきと誘導して、生徒が従わざるを得なかったのであれば、それは許されない強制です。高校野球は、不祥事の連帯責任が非常に不合理で理解できません。生徒に連帯責任を負わせるのに、校長や野球部部長、監督、高野連の県の役員などは連帯責任を撮って辞任することはない。これは、全く不合理な強制です。校長や部長には来年はあるけれど、3年生の選手には来年はない。全く腐った考え方です。いい加減、止めるべきです。処罰されるのは、不祥事を起こした本人のみか、加えて指導者である監督か校長などが連帯責任で罰せられるべきでしょう。(2016/09/07 15:48)

日本社会=ブラック企業は当たってますね。小田嶋さんは皆が見ぬふりをしている点に気が付くから素晴らしいです。要するに個人の人権はない社会で、大義名分が大手を振ってまかり通っている社会です。その中で指導者にある人は、オリンピックのため地獄のようなトレーニングを課そうが、甲子園出場のためにブラバン全国大会を棄権しようが(ブラバン全国大会はブラバン部員にとっては野球部の甲子園に値するはずですが)、関係ありません。また、当事者(選手たち)も自分の頭で考える癖がついていないため、言われるままになっている。
遥さんのエッセイの中でも暴力が取り扱われていましたが、根本的に日本社会では暴力が容認されているため加害者が警察、検察より法的措置を強いられることがない。地獄のような日々を提供していたのはコーチですかね。自分の意思でトレーニングして、自分のためにコーチを雇う、という概念はあまりないようですね。私だったら一回怒鳴られたらそのコーチを即クビにしますが。(2016/08/25 02:09)

どれほど厳しい訓練でも、それでメダルが取れたら天国です。
練習しすぎで体を壊したり、知らぬ間にドーピングコンソメスープを飲まされて、選手生命を絶たれるのが本当の地獄です。(2016/08/24 23:03)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授