• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

過去を掘る者、手の平を返す人

2015年9月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 維新の党が分裂するようだ。

 この話題にコミットすること自体、炎上商法に乗せられている感じがして、気分が乗らない。
 できれば無視したい話題だ。

 とはいえ、いまさら五輪の公式エンブレムの話を蒸し返すのも気が進まないし、デモの人数をカウントする人間の列には、なおのこと加わりたくない。

 色々な出来事が、またたく間に手垢だらけになる。
 こういうことが起こるのは、われわれのようなド素人が、耳に入った話題のいちいちを、あまりにも無造作にいじくりまわしているからだ。

 私自身、最近では、話題の内容や性質よりも、その話題の表面に塗りたくられている手垢への忌避感から、言及をためらうようになっている。
 なんというのか、対象に群がる取材陣の輪が、ブチハイエナの食事風景みたいに見えるのだ。

 かといって、上品ぶって
「あの人たちと一緒にされたくない」
 ってな調子で群衆から距離を取っていると、じきに、何も言えなくなってしまう。

 話題にされている人間の立場から言えば、あまりにも注目され過ぎた事件は、人々の目を狂わせる。
 話題の焦点は、事態の本質からズレて行き、ニュース原稿は、最終的に、個人を標的としたリンチの文脈に着地する。

 たとえば、五輪公式エンブレムにまつわる一連の騒動は、ある段階から、作品としてのエンブレムが、誰かの作品の模倣であるのかどうかという、当初の論点とはまったく別の話になり、いつしか

「果たしてこの人間は、五輪という晴れ舞台の仕事を任せるに値する人物なのだろうか」

 といった感じの、欠席裁判のようなものになった。
 で、結果として、あのエンブレムは、作品の瑕疵によってというよりは、作者の不行跡の責任を引き受ける形で、表舞台から去ることを余儀なくされた。
 むごい話だと思う。

 当初は、「作品としての真贋の問題」であったはずの話題が、ネット内で検証が重ねられるうちに次第に拡散して、「作者であるS氏によるエンブレム以外の作品のオリジナリティーへの疑義」「S氏の作品が選ばれた選考過程への疑念」「デザイン業界自体に内在しているインサイダー体質への不信感」「S氏のクリエーターとしての資質の有無」「疑惑に対応する大会組織委員会の不遜さ」といった、作品そのものとは別の、属人的、組織的、社会的な問題に発展してしまったわけで、こうなってしまうと、もはや誰も設定を元に戻すことはできない。

コメント67

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「過去を掘る者、手の平を返す人」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授