• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 怒ってる人が一番言われたくない台詞について

とても参考になった
 

43%

まあ参考になった
 

13%

参考にならなかった
 

43%

ぜひ読むべき
 

42%

読んだほうがよい
 

9%

どちらでもよい
 

47%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

ここの欄で憲法改正を主張しているリアリストの皆さん、徴兵されたら喜んで軍隊に身を投じて、場合によっては血を流していただけるんですよね?(2017/09/21)

>>>憲法9条は無意味だ、対話は無意味だ、日本は核武装しろ、と
>>>おっしゃっている人たちは、憲法を改正して日本が核武装したら、
>>>現在の諸問題が全て消え去ると思っているのでしょうか。

核武装をして諸問題が全て消え去るはずはない。そう思っているわけでもない。
核武装をしていない現状から、核武装へと展開すれば、
メリットもあれば、デメリットもある。
憲法9条にも、メリット・デメリットがある。

問題は、どちらが大きいか?であって、核武装も、9条維持or改廃も、
(国会か、国民投票か、定かでないが)多数決で決めることになる。

多数決前には、キチンと議論をするべきだが、
多数決というものは、どんなに真剣に1票を投じようと、
不真面目に、いい加減な気持ちで1票を投じようと、本人の勝手。
(英国のEU離脱がイイ例だ。)

濃淡入り混じった、真面目不真面目入り混じった、投票結果に従うのみ。(2017/09/13)

北朝鮮の行動に怒っている人々がいて、小田嶋氏も最後には怒っているようです。しかし北朝鮮の立場になると核兵器と大陸間弾道弾を持つ事は米国と対等に話し合うためには必要な事なのです。要は日本を守る為にははどうするかと言う事です。アナーキストの小田嶋さんには関心の無い事でしょうけれども。(2017/09/12)

>「核武装できる普通の国」とかいう人は、韓国の核武装も容認するんですよね。(も、一番言われたくない台詞かな。「まずはパチンコやめろよ」と。)

我が国が核兵器を保有しているのであれば、別に韓国が核保有をしてもかまわんよ。(2017/09/12)

コメントの
>憲法9条は無意味だ、対話は無意味だ、日本は核武装しろ、とおっしゃっている人たちは、憲法を改正して日本が核武装したら、現在の諸問題が全て消え去ると思っているのでしょうか。

・憲法9条は(中国のような思想と行動には)無意味だ
・(軍事的も含めた制裁圧力の無い、または覚悟を決めた輩に)対話は無意味だ

核武装に意味がない?なら北朝鮮他が核を欲しがる理由を説明できる?

>日本が核武装したら、現在の諸問題が全て消え去る

極論ね、なんで「諸問題」「全て消える」と一気に突き抜ける極端なのさ。
自分は日本は核武装するべきではないと考えるが、
対話も含めた交渉の背景に有効なのは認める。
北朝鮮も持ちたいと思うのだから、核同士の抑止力を期待しての核武装待望でしょう?
ちなみに核武装反対の理由は、スパイ対策まで含めた平時の維持管理が怪しいから。(2017/09/11)

「憲法9条は無意味だ、対話は無意味だ、日本は核武装しろ、とおっしゃっている人たちは、憲法を改正して日本が核武装したら、現在の諸問題が全て消え去ると思っているのでしょうか。」

ただ、普通の独立国になるだけですよ。今はアメリカの保護国家です。(2017/09/11)

憲法9条は無意味だ、対話は無意味だ、日本は核武装しろ、とおっしゃっている人たちは、憲法を改正して日本が核武装したら、現在の諸問題が全て消え去ると思っているのでしょうか。
私にはとてもそうは思えません。
9条がこれまで何の効力もなかったとのコメントが有りましたが、戦後日本の発展に少なからず貢献していると見ることもできませんか?見方一つで世の中は大きく変わります。
怒っている人は視野が狭くなり思考が短絡的になるのは、間違いなく真理です。(2017/09/11)

まじで何もしないことが有効だと考えている人がいるんでしょうか?

何もしない方がいいとか言ってる人に限って、
南京大虐殺とか、従軍慰安婦の人数が事実だったと思ってる人なんですよね。
この人たちは、抵抗しなかったんですよね。抵抗したらそんな人数になるわけないですから。

つまり、抵抗しなかったらどうなるか一番わかってるじゃないですか?

ま、結局、嘘ついてる人たちが、何もしない方がいい、戦うくらいだったら奴隷になった方がいい。支配されたり虐殺された方ほうがいいとか思ってるわけですね。(2017/09/11)

観念的平和主義者の発想
観念的平和主義者の発想の根底には「ヤバイ人には近付かない(目を合わせない)」といった庶民感覚の「生活の知恵」がある。まさに「触らぬ神に祟りなし」の発想である。この観念的平和主義者から見れば、安倍総理の行動は「日本に飛ばっちりが来ることをしている」「余計なことをしている」と写る。安倍政権に対する女性の支持率の低下はこのことが関係している。

意味不明の「対話」
この「対話」のイメージが全く浮かばないのである。これを主張する者のほとんどは「対話」の具体的な内容を言わない。とにかく話合えば揉め事は解決するといった「空気」を演出するだけである。たしかに彼等の発言を聞いている人々はそんな気がして来るかもしれない。少なくとも観念的平和主義者の賛同は得られるであろう。

これまでと同様、北朝鮮は核とミサイルの開発を続けるはずである。したがって「圧力(制裁)」のレベルは極限まで上がることになる。チキンゲームといった陳腐な表現があるが、米国と北朝鮮はまさにこのチキンゲームをやっている。我々は近くでそれを眺めているのである。

トランプ大統領の信念がどの程度のものなのか不明な点がある。しかし「一国平和主義」のバノン前主席戦略官を更迭したことを見ても、トランプ大統領はこの問題では妥協しないという決意を固めたと感じる。今回の6回目の核実験でこれが決定的になったと考える。(2017/09/11)

「先の大戦を『誇り高き自衛戦争』と思う人たちはもう少し現在の北朝鮮に同情してやっても良いのでは?と思うのですが。」

今日本を攻撃しようとしているのは、北ですよ。日本も早く北と「誇り高き自衛戦争」をできる日本に、もどしましょう。(2017/09/11)

「感情の問題だからこそ対処がむずかしいのであって、国際社会を構成するメンバーの誰もが冷静で理性的で紳士的であるのなら、そもそもミサイルは飛んで来ないはずなのだ。」

おっ、9条の無意味さを認めましたね。ついに、憲法改正に賛成したようです。
まず、序文を改正すべきです。「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。」

平和を愛する諸国民など、どこにもいなかったのです。安全と生存を、他国の善意に期待するという「欺瞞」、「空想」はやめて、憲法を改正しましょう。

オダジマ氏も、ミサイルが飛んできて、気づいたようですよ。オダジマ氏ファンの方々も、いっしょに宗旨替えをしましょう。教祖のオダジマ氏が「ころんだ」のですからね。(2017/09/11)

トランプや自分を批判する日本人を、ヤクザ呼ばわりしているが、一番のヤクザはキン ショウオンであろう。
ヤクザをかばうものは、何と呼べばのだろうか?(2017/09/11)

怒りに任せて、正常な判断ができないのではない。
アメリカの軍は、冷静にオプションを進めている。後は、トランプがどこまでの犠牲を覚悟するかだ。
正しい判断を、無知な空想主義者が批判するから、怒りが爆発するのである。(2017/09/11)

最悪の状態を想起しつつも頭を冷やせということですか。(2017/09/10)

「核武装できる普通の国」とかいう人は、韓国の核武装も容認するんですよね。(も、一番言われたくない台詞かな。「まずはパチンコやめろよ」と。)(2017/09/10)

すごく単純化した話をすれば、北朝鮮を物理的に攻撃するか、言葉で責めるか、相手を宥めるか、無視するかって選択肢があって、宥めるか無視しましょうって言いたいんですよね。
そういった主張って、憲法9条を信仰する人と合い通じるものがあります。要は、「自分はしないからお前もするな。先に自分が手を上げるからお前もその後手を上げろ」みたいな、相手が同様の価値観を持っている前提の主張です。
でも、現実を見ましょうよ。北朝鮮も、中国も、韓国も、ロシアも、日本の憲法9条の上に胡坐をかいて、自分がされたら嫌なことを繰り返しているんです。憲法9条を見て、彼らが少しでもブレーキをかけましたか。憲法9条は、少なくとも今の時代では間違っていたんです。それは認めなければなりません。
私たちは様々な意見を持った人間の集まりです。それを民主主義って形で束ねています。その時、誤った前提で意見を戦わせるわけにはいかないのです。現実を正確に見て正しく言うならば、「北朝鮮を物理的に攻撃するか、憲法9条の理念に殉じて北朝鮮の核に泣き寝入りするかって選択肢を提示した上で、間違っているかもしれないし後世の子供達に多大な迷惑をかけることになるかもしれないが、憲法9条の理念に殉じようではありませんか」といったトーンの主張が、この筆者のような人たちがすべきことです。(2017/09/10)

我が国が、かつて通った戦争への道を、北朝鮮はまっしぐらに進んでいるように見受けます。
それに対し、【二度と過ちは犯しません】と誓ったわが国民が、怒っている。
「堪忍袋の緒が切れた」と戦争も辞さないような意見が蔓延している。
「国家扮装を【戦争】と言う手段を使わず、最後まで交渉の努力によって解決する」と言う崇高な憲法の精神はどこに行ってしまったのでしょう。

それを煽っているのは【報道】のバイアスかも。それを誘導しているのは政府かも。

【圧力】のネタが尽きて、恫喝もできない現状を打破するためには≪憲法を改正≫しなければならない。という【誘導】が透けて見える気がします。

北に対しても、南に対しても半島国家に対しては『無視』することが、一番の【圧力】の様な気がしてきました。(2017/09/10)

北朝鮮のミサイル実験と核実験を挑発と取っておられるようですが、そうは思いません。彼らは切実に核抑止力を持ちたがっているんだと思います。彼らがしているのは挑発ではなく「自分たちに手を出すと大変なことになるぞ」という威嚇でしょう。
イラクやシリア、リビアなどでアメリカがやったことを見ればそうしたい気持ちも分かります。まして彼らは現在もアメリカと戦争を継続中です。そしてアメリカは北朝鮮をひねり潰すだけの軍事力も核兵器もICBMも持っています。そういう国に普通の国並みの穏便さを望むのは無理というもんでしょう。
北朝鮮はひどい国ですし、世界中の多くの人たちから「あんな国なくなってしまえばいいのに」と思われていますしそのことは自分たちも重々承知で、何かのきっかけでアメリカが軍事行動に出るんじゃないかと常に恐怖を感じてるはずです。
核兵器を持つことが現状では唯一その恐怖から逃れる方法なんだからそりゃ持とうとしますよ。(2017/09/10)

うわぁー
コメントしてる人達、怒ってる方が大いですね(;・∀・)
読んでもらい「ん?待てよ」と考えて欲しい人にこそ、なかなか真意が伝わらない。
小田嶋さんは、もちろん重々承知の上でしょうけれど、やはりそうなっちゃいますね。

小田嶋さんは、読む人々皆にそれぞれに「では、どうしたらいいのか」考えて欲しいのではないですか?小田嶋さんが言ってもいないこと勝手に想定して、さらに怒ってる人が結構いるのがなあ…

北朝鮮には残念ながら、日本一国で対峙することは無理があるから
アメリカとの同盟関係をより堅固なモノにしつつ、
核シェアリングしてもらって核抑止力を得る
防衛力の増強は、人口減社会の日本において量的に増強は難しいので
質的な部分でより良いものにする方向で行くのが
持続的コスト的にベターじゃないかなと自分は考えました。(2017/09/10)

オダジマさんの国際社会に対する認識がそもそもおかしいです。

国際関係なんて「ヤクザのシマ争い」そのものなんです。
「力」があって、そこに理屈がついてくる。
北朝鮮の瀬戸際戦術なんてヤクザの因縁とハッタリそのもの。

元超武闘派、現経済ヤクザ日本組として、「銭の力」じゃなんともならないとこにいるので
ドスやダンビラをチラ見せする段階に来てると考えるべきかと。(2017/09/10)

「もっと現実を見ましょうよ。日本・日本人は北朝鮮に対して何もしない選択をするべきじゃないですか?」とはね・・・

そういうご本人が一番夢の中なのですが、ご自覚が無いようで。 あなたが座して死を待つのは構いませんよ、邪魔をしなければ。 どこの国の代弁者なのですかね。 我々は、子孫に自由な世界を残す責任があるので、あなたのような無責任なことは言っていられないわけです。

現実的に言えば、核抑止力は完璧に機能していますから、日本も核武装(アメリカの核のレンタルでも可)してしまえば、北朝鮮の核と対峙することができます。 実際に使うかどうかは別の話ですが。(2017/09/09)

独裁者に対する宥和政策は悪い結果しか生まない、それこそ先の大戦の最大の教訓だろうに。

「ヒトラーの尻尾」は迷惑な存在、オダジマさんに代表される「チェンパレンの尻尾」はある意味それ以上に迷惑な存在。

「平和」にとってね。(2017/09/08)

いつもながら面白く読ませて頂きました。小田嶋さんの本文はもちろんそれに対するここでのコメントも。
相変わらず批判コメントが多いのは想定内と思いますが、意味不明なんて書いてる人もいますね。
こういう題材で小田嶋さんが書きたいことはみんなわかってるくせに、オブラートに包むと何を言いたいのか分からないなんてね!

確かに北朝鮮のやってることは癪に障りますが、米国から核攻撃の対象にされている訳だから、攻撃されないようま対抗措置も仕方ないと思いますけどね。

小田嶋さんもそう思ってるんでしょ!!!(2017/09/08)

つい数十年前、プロパガンダに乗せられて戦争に突っ走ったことを考えれば
一国民としてもまずは冷静さを保つことが重要と考える

まだもりかけ問題も解明されていないし、政権としてはこれを機会に忘れて欲しいと切に願っているだろうけれど(2017/09/08)

>9条を書き換えて何ができますか?先制攻撃ですか?

報復のための核ミサイルを保有する事が出来る。
「核ミサイルなんぞ打ち込んでみろ、北のみならず南も中国の朝鮮族もまるっと皆殺しにするぞ」と凄んでやりゃ、流石なカリアゲ君も我が国に対して核のボタンを押せないだろうさ。(2017/09/08)

> あの思考のさまたげになっているにちがいない凶悪に食いこんだメガネのツルを

あー。私も小田嶋さんと同じとこ見てました。あの部分はどうなっているのだろう。
つい気になって見入ってしまう。(2017/09/08)

怒っている人をもっと怒らせる言葉は『落ちついて下さい』、真理ですね。
加害行為を継続している加害者が、怒って抗議してきた被害者に言う言葉なら、もうカンペキですね。

被害者の怒りは限界を突破しますよ。
『こいつには話し合いで解決するつもりがない、殺すしかない』
まで行きます。

私自身は、怒っている人に『落ちついて下さい』なんて失礼なことは言いませんが、
(どう考えても理由を聞き出して対処するのが落ちつかせる早道)
母がよく言うセリフであり、そのセリフで私を激昂させます。

なるほど。(2017/09/08)

 どの程度の日本人が北朝鮮に対して怒ってるかは別にして、興味深い内容でした。「怒り」のエネルギーはものすごく、もしこれをポジティブな方向に向けられたら、と思うことかあります。
 青色LEDの中村修二の「私の活動の源は怒りだ」旨の発言からの連想ですが、、、、

なんにしろ、我らが平和ボケ日本。核弾頭が2,3発炸裂すれば、少しは真剣に安全保障を考える、かな???(2017/09/08)

ヤクザの相手をするのにヤクザになる必要はない。だが、武器は必要だ。

北の豚勝将軍にくよくよイライラするのはやめて、とっとと核武装を進めよう。
トランプ大統領に、日本の核武装を容認するか、核シェアを認めるか迫ってみるべし。(2017/09/08)

小田嶋さん大分叩かれていますね。これだけ人の感情を逆なでさせることができるのは一つの才能なのかもしれませんね。でも、読者にはもう少し大人の対応を期待しますね。◆私は、国民としては、冷静に構えるのが得策だと思います。北朝鮮は、遅かれ早かれ、そこの国民が立ち上がります。ミサイル撃っているのを見て、「さすがジョンウンさんだ。」と思う人がどれほどいることでしょうか。ロシアや中国が制裁に乗ってこない以上、ヒートアップして何も良いことはありません。一方、安倍首相が北朝鮮の脅威を他国の首相と相談する時、心なしか笑顔で話しているような気がして、薄気味悪いです。◆国を守ることの中身が東日本全体へのJアラートや避難訓練であるということの方がよほど滑稽です。国民が馬鹿にされているとは思わないのでしょうか。竹槍だと思わないのでしょうか。◆ただ、私も個人的にはジョンウンさんには閉口です。ビビりの独裁者の目を覚ますのは確かに難しいです。カダフィやイラクのフセインなども最後まで行かないと分からなかったというのは事実です。粘り強く交渉するしかないでしょうね。あ、中国とロシアとですよ。北朝鮮の核の脅威なんて、中国とロシアの脅威に比べたら大したことないでしょうに。(2017/09/08)

記事に対する反論がそのまま記事が指摘する世論のヤバさを証明することになる仕掛け、お見事。
北朝鮮に対する過度な不安や怒りは安倍政権に利用される危険がある。それは、多くの歴史が証明するところであり、いくら強調しても強調しすぎる事はない。(2017/09/08)

「ミサイルの爆風や破片であなたに近しい者が亡くなったとしてもそれをいえますかねぇ」なんてナンセンスだなぁ…
そうならないように、実力行使するべきか、それとも強硬な圧力をかけるべきか、それとも対話の努力をすべきか、それとも他の手段は無いか、という話なのに。
だいたい、「ミサイルの爆風や破片であなたに近しい者が亡くなったとしてもそれをいえますかねぇ」という言葉は強硬手段を訴える人に言うべきでしょうね。強硬手段をとったとき近しい人が巻き添えを食わない自信はどこから来るんでしょう。(2017/09/08)

現実を見るなら、日本も核武装をして、金正恩に「俺達にミサイルを撃ったらお前も道連れにしてやる」と言うのが一番ですね。
自分たちが何もしない限り相手も何もしてこないなどという考え方こそ現実を無視している。
インドやパキスタンだって核兵器を手に入れたけど国連から制裁を受けたわけじゃないし。(2017/09/08)

「憲法9条を守ってさえいれば平和が維持できると思っている人」なんてどこにいるんだろ?
ここのコメント欄見ると、自分と意見を違えている人の意見を極端な形に曲解して反論しやすい形にする人がたくさんいてうんざりします…(2017/09/08)

最近の小田嶋さんの記事を読んでいると、世間とのズレを感じる。

まず、この記事の出発点となっている、北朝鮮に日本国民は怒りを感じている、という話が全く誤っていると思う。

日本に住んでいる人達はむしろ、北朝鮮問題は対岸の火事だと思っており、無感覚に近付いていると僕は思う。

この無感覚がまずいという話は理解できる。だが、怒ってもいないのに怒りがまずいというのはズレている。

日本の人達が怒っているのはむしろ嘘つきで卑劣な韓国であって、北朝鮮は継続的に示威行動をしているだけで、そこには怒りようがないと思う。(2017/09/08)

いつもながら、結局何を言いたいのかよくわからない。自分は理系の人間だが
文学作品も人並みには理解できるはずと思っている。しかし、この人の文章は、
言語明瞭意味不明という印象が強い。まさか論説文ではないですよね?
この人は政治のことはあまり書かない方がよいと思う。文化とかファッション
とかなら別に良いのかもしれないが。(2017/09/08)

北朝鮮は日本ではなくアメリカを相手にしているのだから、日本の憲法や軍備をどうこうしたところで何も解決しない。それよりも、沖縄に集中している米軍基地を日本海沿岸に移動してもらう方がよほど効果的なのに、不思議とそういう議論にはならない。迎撃ミサイルだって米軍基地に配備して米軍が打ち緒とした方がより確実なはずなのに。(2017/09/08)

結局なにを言いたいのか内容のない記事でした。
それが著者流だと開き直られてしまうのでしょうか。
原稿料もらっているのに。

台詞=落ち着いてください

ということでよいのでしょうか。

ジャーナリストとして稼いでいる方は
もっと方向性を指し示すことを意識してほしいです。
それができない方が多いですね。小田嶋氏に限らず。(2017/09/08)

経済制裁とか軍事行動をチラつかせることだけで大人しく引っ込むのかなあ、と思っていたところだったので面白く読ませて頂きました。今回も表に出てこないだけで、裏口で一生懸命交渉している人がいるんだろうか。頑張ってほしいな。
それにしても、相変わらずコラムに対してコメントを一生懸命書いている人がいて微笑ましいですね。その一生懸命なコメントを見るのもまた面白い。(2017/09/08)

へえ~面白いな。
小田嶋さん、北朝鮮に対して怒ってるんだ。

私は小田嶋さんから見るとずっと右側の考え方をしていますが、怒っていません。
将棋の対戦を見ているように、何が起こるか、何ができるかを冷静に見ています。

こういう状況では私のようなスタンスの人間が怒り心頭に発し、小田嶋さんのようなスタンスの人は冷静なのかと思っていました。

逆だったとはねえ。

状況が更にエスカレートしたら、本当に恐いのはどっちの人かというと…。
それを考えてちょっと怖くなってきました。(2017/09/08)

皆さん,本当に現実を見ているのですか?彼らがミサイルを日本に向けて陸上から発射したら,ほんの10分ちょっとで着弾(ないしは空中起爆)するんですよ?SLBMだったらもっと短い。この10分あるかないかの間に,いったい何ができます?地下に逃げる?頑丈な地下のある地域に住む人はどれくらいいるんです?第一,水爆だったら相当量の中性子が出ますよ。並みのコンクリートなら易々抜けます。構造物は破壊されないかも知れないけど,人は死にますよ。

撃ち落とせば良い?SM3はどこに配備されているんです?射程が500kmあっても,あちらは下手をすれば上空500kmからおっこってきます。そして,500kmの距離をSM3が進むには5,6分は必要でしょう。着弾する前に落とせる可能性はかなり低いです。つまり,彼らが複数発同時に撃ってきたら,何発かは確実にその役割を果たします。

9条を書き換えて何ができますか?先制攻撃ですか?それでも移動式カタパルトや潜水艦を同時に全部破壊することはできませんよ。


憲法を書き換えて好戦的になったって,何もできません。暴走した国を諫める手段を,日本は持ち合わせていません。金正恩を刺激すれば刺激するほど,日本は被害を被る可能性が増すだけです。もっと現実を見ましょうよ。日本・日本人は北朝鮮に対して何もしない選択をするべきじゃないですか?

って,こう言うことを書くと,まさに怒れる人々がもっと怒るんでしょうね・・・ (^^ゞ(2017/09/08)

『ミサイルの爆風や破片であなたに近しい者が亡くなったとしてもそれをいえますかねぇ?』

「怒ってる人が一番言われたくない台詞」だと粋がっている貴殿に多くの人がそう醒めた台詞を呟いたと思いますが。。。。

ところで、小田嶋さんも好きらしいサッカーのお題でも如何ですか。

そう、本田圭佑です。

多分、小田嶋さんは彼を大好きでしょ。(2017/09/08)

「冷静に対応すればいいのは、政権担当者であって
一般国民は素直に感情を発露してリャいいんです」

のコメントの方に賛同します。

小田嶋さんの言わんとすることもわかるのですが、、、政治、特に国際政治の問題は小田嶋さんには荷が重すぎますよ。(2017/09/08)

全方位に攻撃されないように防衛線を張った上で、結論もないまま国民感情を逆撫でするだけの無駄な記事ですね…。
どうしちゃったんですかね?
北朝鮮に対する日本の感情に警戒感を持っていることはわかったんですが、それを言いたいだけな記事にした方がまだシンプルで伝わったと思うんですが。
どこかでそのような記事を投稿した上で反撃されて狼狽してしまわれたんでしょうか?
手痛く反撃された言い訳を聞かされている気分になるました。(2017/09/08)

相手が馬鹿だからって自分まで馬鹿になることは無い。
クールになれ、ですね。
わかります、正論です。

まぁそのクールになった頭で
「やっぱり馬鹿ってのは死なないと治らないんじゃないか?」と
思う人々がどんどん増えてきてるんですけどね。(2017/09/08)

イラストレーターに転じられた方が才能発揮できてよいのではなかろうか。(2017/09/08)

日本に工作員を送って、工作員支持機関とともに日本人を誘拐拉致する国が北朝鮮。その国に寛容が必要という人間は北朝鮮の工作員か扇動員、或いは彼らに扇動された人たち。自国を守ることを恥と思わされる国民に国家は滅ぼされる。(2017/09/08)

私の知性も低いので今回の著者の言わんとするところが、さっぱり分からなかった。
慰安婦問題で怒っている韓国人と著者のそれについての見解も記述してほしい。(2017/09/08)

> 小田嶋氏と鈴置氏の対談を企画して欲しいですネ。?
やめましょう。鈴置氏の時間をどぶに捨てるようなものです。
このコラムでは、浮世離れした引き篭もりの”意味不明”を楽しく鑑賞すればよいのです。(2017/09/08)

>冒頭のイラストが非常に温和な人物のように描かれていますね。小田嶋さんご本人に似てるようにも見えます

毎回イラストを見るだけで、小田嶋さんがその人物をどう思っているか手に取るように分かってしまいます。ということは、小田嶋さんの画力はかなりのものだということでしょう。
今回も、愛とまでは言いませんが対象に対するシンパシーが透けて見えます。もしかすると小田嶋さんには御自身の過酷な体験と引き合わせて「四面楚歌のなか奮闘する孤軍の将」くらいに映っているのかも知れません。(2017/09/08)

北朝鮮・金正恩の行動は、怒りに駆られてのものかどうかも分析して欲しいが、日本国内での反応についての分析は分かり易かった。一つだけ、普段目にしない漢字に翻弄された。即ち、「滾る怒りの感情」の『滾』の字。広辞苑で「たぎる」と引いて、漸く出てきた。勉強になりました。(2017/09/08)

安倍政権になって、民主党政権時代より北朝鮮に対する制裁が緩和されています。
嘘だと思うなら、調べてください。
ここで小田嶋さんにかみついている勇ましい方々は、安倍政権の二面性を知らないのでしょうか。(2017/09/08)

ソ連崩壊により終結した冷戦、それにより世界各地の代理戦争も終結したかに見えたが・中国の台頭・ロシアの復活に加えて米国の外交力低下が中露の野望を育み、東アジアで代理戦争を起こそうとしています。
相次ぐ【北朝鮮によるあきれた振る舞い】に対して国境を接する中露は如何程の恐怖・懸念も示していませんが、日本は安保条約の軛と、点在する米軍基地と、安倍総理の言動により、その矢面に立たされんとしています。
もしこの三点セットが無ければ北朝鮮は日本にミサイルを向ける名分は立たない筈です。
私達が学生時代に恐れ、安保成立阻止を叫んだのはまさに現在の様な状況を危惧していたからです。
朝鮮半島の南北を引き裂いたまま終戦も実現させず、温存した火種を悪用する中露のたくらみを国連の場で糾弾し、安保理常任理事国から追放するべく国際世論を喚起すべきと考えます。(2017/09/08)

 みんな勇ましいなぁ。

> 20年ほど前、その種の借り主との交渉を担当したことのある人物から話を聴いたことがある。
> 大変に面白い話だった。

 とりあえず、この話の内容が気になって、仕事が手につかない…(2017/09/08)

金正恩は朝鮮半島を統一したい。アメリカはそれをジャマしている。だから北朝鮮はミサイルを射ち、核兵器を持つ。悪いのはアメリカだと思うのだが?(2017/09/08)

攻勢の非正式国際機関による暗殺が現実的には良いかもだなぁ.
その能力は十分でないし,違法とならざるを得ないが.

全面戦争はどう考えても現実的でないから,
戦争できる体制論は現段階ではあまり意味が無いかも.(2017/09/08)

よしわかった.
わかった上でコメント.

もう戦争しようぜ.(2017/09/08)

「いまどき、都内に犬がクソを残していくだけの庭を構えた一戸建てを持ってるなんて、いいご身分じゃないか、と、そんなふうにさえ感じている。」つまり、日本は豊かなんだからミサイルの一発や二発落ちて来るぐらい気にすんなよって比喩ですか?(2017/09/08)

>国際社会の協調を冒涜する卑劣極まりない暴挙であり、周辺国のみならず世界の平和と秩序を脅かす蛮行だ。

こーゆー感情的先導をする表現は嫌いだな.
北朝鮮みたい(2017/09/08)

私の目には北朝鮮がかつて大日本帝国が歩んだ孤立暴発の道を同じように辿っているように見えて仕方ないんですけどね。

かつて西欧列強からの勧告に従わず、軍拡路線をひた走った結果としてABCD包囲網なる「経済制裁」を喰らい、ハルノートにより当時国家の命運をかけて行っていた「大陸進出」を否定され、このままでは列強に嬲り殺されると絶望した我が国は真珠湾奇襲という後に戻れない一歩を踏み出した。にも関らず、当時の帝国指導者層は真珠湾でアメリカの士気を挫いた後に『講和する』ことを望んでいたといいます。

もちろん、当時の西欧列強が正義で日本が悪だったなんて単純な話ではなく、日本は『誇り高き自衛戦争』を行ったのだと見る識者は今日でも大勢います。

一方の北朝鮮、国家命運をかけて「大陸進出」ならぬ「核開発」に走り、それを成し遂げたらアメリカと対等の立場で「交渉の席に着く」のが目的なのだともっぱらの噂です。であれば、先の大戦を『誇り高き自衛戦争』と思う人たちはもう少し現在の北朝鮮に同情してやっても良いのでは?と思うのですが。(2017/09/08)

担当者さまのコメント>怒ることそのものじゃなく、怒りで知能を損なった状態で、
喋ったり書いたりするのがまずい…ああ!←これはきっと小田嶋氏のことかと腑に落ちました。
また、日経BPにせっかく両巨頭が執筆されておるので、小田嶋氏と鈴置氏の対談を企画して欲しいですネ。(2017/09/08)

北朝鮮擁護というよりも、海外に全く目を向けられていないことに問題があるのではないか。
知ったかぶりをする人間が多い中で、わからないことを書かないというのは美徳だが、自分が知っていることだけが問題のすべてであるかのような物言いは慎むべきであろう。(2017/09/08)

申し訳ないのですが、国民の生命が脅かされていれる現実的な危機に対する建設的な意見とは思えません。
この論考には、現在一番大事な具体的代替オプションの提案が掛けています。
この論考では意図的にかもしれませんが、危機の重大性が矮小化されています。例えるのであればペットの糞害ではなく、町でナイフを持った強盗に襲われた際にどうすべきかを論じるべきです。(2017/09/08)

冒頭のイラストが非常に温和な人物のように描かれていますね。小田嶋さんご本人に似てるようにも見えます。(2017/09/08)

コラムの主題とはずれますが、
「怒り」を「酔い」に変えても、
ある程度、内容が成り立つように感じて笑えました。

特に最後の編集さんのコメント。
「酔い」に変えると、かなり笑えます。
うん。自分のことがね。(2017/09/08)

いいですね.文才で飯が食えて.
 これは単純な話で,隣に核爆弾から銃,ナイフ,火炎放射器などありとあらゆる武器を持った一味が洗脳した一族や信徒とともにドデカイ敷地と家に立てこもり,ときどきミサイルをぶっ放して警察に対してデモンストレーションしているんだが,あまりにも敷地がでかいので警察や軍隊も部分的に攻撃すると,近隣に報復が及ぶので手が出せない状態なんですね.おまけに石油や食料を裏から供給している有力者もいて警察もうっかり手が出せない.もう残った手段は,敷地と家ごと抹殺するしかないという状態なんです.そして,もしそれができないとなると,一味はいつでも日本をなぶり殺しにできるんですね.なぜなら,日本は自力での対抗手段どころか法律で一味に武器を使うなと縛られているわけですから.一味がやるなら,まずは小田嶋さんから「どうぞどうぞ」とお薦めしたいですね,(2017/09/08)

このコメントは北朝鮮を出汁にして憲法改正反対を謳っているだけで、論理的な話がどこにもなく参考にならないね。(2017/09/08)

>周辺国にナメられないだけの軍備をきっちりと揃えて、
>周囲を恫喝するためには、とてつもないコストと、
>別次元のリスクを引き受けなければならない。

日本がナメられないだけの軍備を整えたら
国連の敵国条項が息を吹き返すでしょうしね。

憲法を改正するだけで敵国条項を
運用しそうな常任理事国が日本のすぐ近くに
居たりするわけですし・・・(2017/09/08)

小田嶋氏は別に国家の方針を決定する立場にないので
言いっぱなしでも何の問題もないですけど
とりあえず何らの自分なりの解決策は提示してないですよね
怒りにかられてではなく、合理的、理性的に圧力をかけた方がいい
と考える人の存在を無視しているのが笑うところですかね?(2017/09/08)

・・・で?
結論はどこですか?
小田嶋様も怒りで冷静さを失っている・・・
はい、それはわかりました。
・・・で?(2017/09/08)

オバマ前大統領は核兵器廃絶を主張してノーベル平和賞という世界最高の栄誉を獲得しました。核兵器のない世界を目指す世界最高の権威である彼が8年もの時間を費やし、対話路線で北朝鮮の懐柔を試みたわけですが、その結果が現状です。

小田嶋さん、あなたは目を塞ぎ、耳を塞いで現実を認識できなくなっているのですから、口も塞いでおいて下さい。(2017/09/08)

今回もコメント欄荒れるでしょうね。

小田嶋氏、今般の事案に対して憤りを感じている=最近のオダジマ氏の
非支持層に対して「怒ってるヤツには何言ってもムダ」みたいなことを
書いて「上手い言い方考えついた」くらいに思ってるんでしょうね。

「この文章読んで腹立てるなら、あなたは頭に血が上ってて冷静でないし、
 腹が立たないなら、私の意見に同意した」みたいな詐欺的文章で。

全く嘆かわしい。 ちょいと昔のサラリーマンの同調圧力やら
惰性で臨む自律社会を斜めのスタンスから軽妙におちょくってた
オダジマ氏はどこに行ったのやら…(2017/09/08)

素晴らしい、この時期にこのような理知的(ユーモアの含めて)な文を書ける人は少ない。
そして発表できる場を与えている日経ビジネスは尊敬に値する。
鈴置氏みたいな記事も必要だが、小田嶋氏のようなユーモアはもっと必要だ。(2017/09/08)

今回は,相当苦慮された感じがします。最初の導入と落ちなんか全然繋がらないし。でも,そうやって足掻きながら紡ぎ出すということが必要なんだろうな,と思います。単純に一つの感情や思考に捉われず,結論なんか出ないかもしれないと思いながら,それでも考えて考えて言葉にしていく。それを繰り返すことで,きっとより良い答えが出てくるはずだ,と信じて。
そう,それが信じられなくなった時,世界はそこで止まってしまうから。(2017/09/08)

コメントに対するナイスジャブ!
良くも悪くも小田嶋さんらしくておもしろかったです。次週にも期待します。
しかしまぁまたコメント欄が『怒りにまかせて』荒れるのでしょうなぁ・・・(2017/09/08)

 個人的には北朝鮮の強い思いを理解できます。しかし北朝鮮の核保有を許すことはできません。
 先の朝鮮戦争のときにキム・イルソンは、核の威力をちらつかせた米国から恫喝されたことに強烈なショックを受けたそうです。
 小田嶋氏は「周辺国にナメられないだけの軍備をきっちりと揃えて、周囲を恫喝するためには、とてつもないコストと、別次元のリスクを引き受けなければならない。」と述べられていますが、まったくそのとおりです。だから北朝鮮には核保有の資格はないのです。
 風聞ではなく、記録による史実が明らかにされつつある中、江戸時代から昭和初期にかけての欧米の列強国の傍若無人ぶりには驚愕します。有史以来、「敵を圧倒する攻撃力」を持った民族(国家)が隆盛を極めてきたことは厳然たる事実なのです。これに該当する国家として、近年は米国と中国でしょうか。日本は、これらの国々からアメとムチで支配されているようです。(2017/09/08)

日本政府の「圧力」発言は、この期に及んでも何もしない中国とロシア向けですよ。東南アジアあたりの北朝鮮と関係を持っている国々にもね。
日本単独では殆ど何もできないことなど判ってます。

あと、思考停止の多い問題である日本が軍事力を持つべきか。独立国としては存立要件として必須の力なのに、現実を見ようとしない輩が多すぎて話が進まない。強力な核抑止力や米軍そのものに非常に大きく依存しているという現実を認識し、それだけでは不足しつつあることに、日本が戦火に巻き込まれないと判らないのだろうか。(2017/09/08)

小田嶋さん。
いつもあなたのコラム楽しみにしています。
今回も滑ってますね。

まぁ、あなたの発信した内容にいつも批判が集まりますよね。
理由判ってますか?
頭使ってないんですよ、脳みそ働いた形跡が見えないんですよね。
今回の貴殿の主旨は「北鮮は頭にくる。しかし感情に支配されてはいけない。もっと冷静に頭使って対応しよう」ということですよね?
ところで、私のような(あなたの言を借りれば批判する「腐れマッチョ」です)強い態度で臨め、日本も防衛力強化しろ、という層は何故そう言ってるか判りますか?
あなたには脳みそが「腐れマッチョ」という分析が限界のようですから教えますけど、過去から現在に至る時系列の中でそう結論付けてるんですよ。かの国の振る舞い、バックについている国家の意図、いろいろ見えるはずなんですが。

小田嶋さん
あなたが冷静な頭で考えた対応策ってなんですか?
まさか「冷静な頭で考えた対応しろ」が結論だなんて無いですよね(笑)
小学校低学年のホームルームじゃないんですから。

せめて朝鮮総連解体、登録在日朝鮮人強制帰国、資産凍結、アンダーマネーの徹底摘発、北系パチンコ・パチスロ業界の殲滅くらいの案は出ませんかね?
いつもいつもホームルームの「みんな仲良く」くらいの結論しか書かないから、馬鹿にされるんです。お判りになりました?(2017/09/08)

小田嶋隆先生。
猪木先生と一緒に北朝鮮に行ってくればいいのに。
冷静に話し合って今の状態を改善してきてくださると日本国民は一人残らず小田嶋隆先生に感謝すると思います。(2017/09/08)

アレヨアレヨと言うまに、のっぴきならない事態になってしまいましたね。前の大戦でも、ほんとうにヤバイとなったのは昭和19年も半ばくらい、それまではなんとかなるだろうと思っていた、との思い出話をよく聞きました。小田嶋さんのおっしゃるように、多少の軍備をしていたところで、対抗できたとは思えないし。首都直下地震とか富士山噴火と同じレベルではないでしょうか。ほとんど対策は不可能な気がします。今から思えば、冷戦時代は平和でしたね。(2017/09/08)

> 安倍晋三首相ならびに菅官房長官は、この一週間ほど、北朝鮮に対して「圧力」という言葉を強い口調で繰り返すことで、国民の怒りに対応しつつ、マッチョなリーダー像をアピールしているように見える。

本当の腐れマッチョは、
「ただちに空爆しろ! 北朝鮮に核を落とせ!」
などと言い出す人です。

「北朝鮮に対して「圧力」という言葉を強い口調で繰り返す」
のは、戦争をしたくないからでした。
北朝鮮が核を持ったら、まず戦争は避けられません。

それに対してオダジマ氏は、いったい何を書いているのか。

> とはいえ、現状のわが国が、北朝鮮のミサイルや核兵器に対して、有効な「圧力」を行使するだけの「実力」を持っているわけではない。

中国、ロシア、韓国が北朝鮮を支援しているからですね。
もう完全に戦争は避けられない状態になりました。
いつ北朝鮮に空爆が開始されるかわかりません。
空爆は前置きなくいきなり行われます。
朝鮮半島は火の海になるでしょう。(2017/09/08)

とてつもなく悪いことをしているのだから、非難をするのは当然だ。
で、非難の次だが、対話をしても、まあ、無駄だろう。
一方、全面的な武力衝突というのも、避けて通るべし。

本当に優れた軍事力を持っているのは、英米2カ国、と聞いたことがあるので、
両国の精鋭特殊部隊100人くらいで(適正な人数は、お任せしますが)、

金さんと周辺の側近達を、こっそり、征圧して、
金さんのソックリさんを、こっそり、擁立して、
英米の傀儡政権に、平和な国家運営をさせて、

という、映画のような(漫画のような?)ストーリーが、
意外と現実的なのではないか、と思う次第です。(2017/09/08)

私は筆者の主張に賛同できません。
普段は大人しい、馬や駱駝でも、自分に危害を与えようとする相手には怒り、威嚇的な態度を見せます。
自己の生存や尊厳を脅かす対象に対して、怒ることは、生物として自然で当然のことです。
そして人間も生物なのですから、、私たち日本人の生存や尊厳を脅かし続ける北朝鮮の行動に対して、日本人が怒ることは当然のことでしょう。
にも拘らず筆者は、そうすることは「知能の働きを低下させる」と述べ、まるでそれが愚かで誤りであるかのように主張されます。
それと言うのも、
北朝鮮の核問題は、戦争の実施によってしか根本的に解決しない。=世界の現実
しかし、
戦争は何があっても起こしてはならない。=筆者の理念
この筆者の理念と現実との乖離が、筆者がこのような、とりとめのないコラムを書くに至る理由なのではないでしょうか。
人類の歴史を振り返れば、言論による対話ではなく、ただ暴力による戦争によってのみ解決可能な問題は無数に有るのに、筆者はそれを否定し続けるから、こんな珍妙な主張になるのではないでしょうか。
そしてそのことを、筆者自身が「私もアタマに来ているのだろうな。」と自覚されておられるようなのですから、小田嶋氏はご自分の理念が誤りであることを、率直に認められるべきではないかと思います。(2017/09/08)

冷静に対応すればいいのは、政権担当者であって
一般国民は素直に感情を発露してリャいいんです
そうれば、その感情を燃料として担当者も交渉し易く
なります。

もし北朝鮮が核保有国として認められてしまうなら
韓国や日本の核兵器保有が必要と、公然と論じられる
ようになってきました。
状況いかんでは、それが正解だと思います。(2017/09/08)

わが日本国は、政治的にはもとより、最近では既に、経済的にも衰退著しい没落の島国と化している訳だから、北朝鮮(ごとき)の攻撃に対してアタマに血が昇るのも、それはそれで無理の無い話、だと思う。

ただ、順番から言って、まずは攻撃の対象になるのは米国であって、次に韓国の米軍基地、その次に沖縄の米軍基地が来て、我が住居前の公園に落下するのは相ー当ー先の話であって、その事態になる頃には連中の懐も持たないとw

中国とロシアが国連の常任理事国をやっている以上は、北朝鮮に対する「圧力」というのは有名無実でしかない。この二国に対して国際社会が一斉に圧力をかけるのが無理なら、まずは中ロを分断させていくことから始めるしかない。
わが小国日本は、一方で冷静にその流れを眺めつつ、どうせ小さい国である特権として!国民は大いに北朝鮮に対して感情的になることを大いに楽しめばそれで良い・・と思うw(2017/09/08)

 北朝鮮のような腹立たしい国はぶっつぶせというメンタリティは、国家を個人に置き換えればそのまま先週の朝鮮人虐殺の話になる。怒りにまかせて気にいらない相手を抹殺する単純思考が人間本性であるにせよ、現代社会はそれが通用するほど単純でもない。
 近代国家は理性的に振る舞うのが建前だが、その実、軍事力という非合理な暴力機構によって裏打ちされているのだから、国家的理性にも自ずと限界がある。むしろ非合理な暴力と合理的な交渉を巧みに使い分ける必要があるという点では外交とはもともと理性を越えた「ヤクザ的」なものにならざるをえないのだろう。
 結局、近代資本主義国家の論理で世界を一色に塗りつぶせると考えるのが早計ということなのだろう。欧米や日本など西欧先進諸国の凋落、中国やロシアなど一筋縄ではない国々の台頭、その複雑化した国家の力関係の狭間に北朝鮮という国が漂っている状況の中でどのようにバランスをとっていくかが問題ではないか。
 そもそも日本も70年前の自らの姿を思えば北朝鮮を上から目線でバカにできる立場にはない。北朝鮮が特に能力や資質に劣っている根拠もないわけで、彼らには彼らの論理があることを認めた上で共存の道を探るしかあるまい。
 多くの日本人が北朝鮮に対していきり立つのも、自らの無力感、余裕の無さの裏返しともいえる。その点、中国指導層などは日本政府の幼稚な対応に比べ、余裕で大人の対応をしているように見える。他者を非難、攻撃するよりは、まずは自国の国内のことをしっかりすることに集中した方がいいのではないか。(2017/09/08)

全面的に小田嶋の言い分を認めることは無いが、今回の記事は筋が通っている。
読んでいて実に面白い。
こういう記事が有っても良いと思わせるのは流石だ。(2017/09/08)

「マッチョにはマッチョを。」が多分一番間抜けだけど、コメントの3割はそうなるかも。ただ、金ナントカのガイアツを利用して憲法改正しようとする人は、本音は北朝鮮の核武装をやめさせたくないんじゃないかな。  金ナントカとかケツ持ちのロシアに対しては、「どうやったら相手に嫌がられるか」を軸に対応を考えると、双方とも反応を示しているイージス・アショアでMDを(一部でも)無効化するのが一番効きそう。プーチンに対しては安倍さんが、「1年あれば核武装できるけど、攻撃用の核爆弾と専守防衛のイージス・アショアとどっちがいい?」って脅す。ま、核爆弾がなくても「軌道上を回っている衛星を地表に落としたら、核爆弾級の衝撃が発生する」と麻生さんあたりに失言させれば、向こうが勝手に勘ぐってくれるか。(2017/09/08)

 小田嶋氏もそろそろ、憲法9条を守ってさえいれば平和が維持できるとの空想的なガラパゴス平和主義がもはや通用しないことが分かってきて混乱しているようだ。
 こんな馬鹿馬鹿しいコラムを読んでコメントしてしまう私も阿呆だが...(2017/09/08)

うーん
感情に流されずに落ち着いて考えましょうって、ずれてますよね。

小田嶋氏は核爆発実験や人工衛星用と称してのロケット発射から何年経ったと思っているのでしょう。

拉致をはじめスーパーK製造、覚せい剤輸出を国家事業として運営している北朝鮮という国家体質を考えると、その時から対米向けにICBM開発・実戦配備の流れになるのはわかりきっていたことです。

開発スピードが思いのほか早かったのは誤算だったにしても、今から落ち着いて考えましょうっていうのは悠長過ぎますよ。(2017/09/08)

私は、全く怒っていません。
「子供のかんしゃく」に、いちいち付き合ってるほど、ヒマじゃないので。

一連の北朝鮮の行動は、漫画版パトレイバーで後藤が「内海の本質は子供だ」と喝破したように、
子供のかんしゃく(グリフォン爆破)だと個人的には思っています。
内海(北朝鮮)は大人になることを拒絶した子供。主人公は必死に大人になろうとしている女性。

せめて、パトレイバー最終回のように「負けない自信はありました。あの場合、引き分けなら勝ちなんです」と言い切れるようになりたいものです。
そして内海(北朝鮮)は・・・・・(2017/09/08)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「昔、SOMPOは保険会社だったらしい」と言われたい。

桜田 謙悟 SOMPOホールディングス グループCEO社長