• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

蓮舫議員は別に好きじゃないが

2016年9月9日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 蓮舫議員の出自をめぐる話題が炎上している。

 騒いでいる人たちは、彼女が「二重国籍」である可能性を疑っている。そして、彼女が二重国籍なのだとすると、それは国を代表する政治家としてふさわしくないと言い張っている。

「私は蓮舫議員の出自を問題視しているのではない。国籍に関する法的な処理の細部をあげつらおうとしているのでもない。ただ、公党の代表選に出馬する人間としての説明責任を問うているだけだ」

 という感じの、より慎重な言い方で彼女の非を鳴らしている人々もいる。
 個人的に、後者の主張は、卑怯な姿勢に感じられる。

 実際には出自にツッコミを入れているにもかかわらず、表面上はあくまでも「政治家としての質問への答え方」を問題にしているかのようなポーズをとっているからだ。

 出自や血統が気に食わないのなら、思っている通りにそう言えば良い。
 出自を持ち出すことに後ろめたさを感じるのであれば、はじめから何も言うべきではない。

 ところが、卑怯な人たちは

「いや、オレは出身国を理由に差別してるわけじゃない。ただ、一般論として、エレベーターなんかで一緒になると、食べてるものの匂いとかが耐えられないよねって話をしてるだけ」

 てな調子で、実際には出自や民族性によって他人を差別していながら、その自分の差別感情を、個別の性質や特定の出来事についての理性的な判断の結果であるかのように見せかけながら、やんわりと差別を実行しにかかる。

 いやらしい話だ。
 私自身は、いまさらこんなことが問題になっているなりゆきにあきれている。

 なぜなら、蓮舫議員は、国政選挙に当選して議員になった政治家で、ということはつまり、その時点で国籍の問題はクリアになっていると考えるからだ。

「だって、そもそも国籍上の問題があったら、議員になれないわけだろ?」
「逆に言えば、国会議員として10年以上活動している人間の国籍をどうこういうこと自体がどうかしてるってことだよ」

 と、本当なら、この問題は、以上終了解散ご苦労さんで一件落着なのである。

 が、蓮舫議員の国籍問題は、へたをすると民進党の代表選挙に影響を及ぼす勢いで、様々な方面に予測不能な波紋を投げかけている。

 収穫がないわけでもない。
 そのひとつは、この話題がネット上で騒がれるようになって以来、国籍法の解釈やその運用について議論が深められつつあることだ。
 私自身、勉強になったと思っている。

コメント182件コメント/レビュー

国会議員に過去に中国籍だった今は日本籍の方がいて、過去に中国籍だったことを何故か犯罪であるかのように代表選の攻撃に使われている、という話ですよね。親戚にアメリカ国籍で成人するまで日本国籍と二重になっていた子がいます。二重国籍そのものは、日本では違法ではないはずです。

政治家としての資質を評価するのに、出自を問題にする必要があるとしたら、評価者のほうの国語力または論理的思考力が著しく低く、ご自身がなんとなく感じていることを正しく説明できないということにすぎないと考えます。対立候補は政治家としての資質が低いであろうことに同意します。国語力の低い政治家にいい政治ができるとは思えません。(2017/02/21 11:50)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「蓮舫議員は別に好きじゃないが」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

国会議員に過去に中国籍だった今は日本籍の方がいて、過去に中国籍だったことを何故か犯罪であるかのように代表選の攻撃に使われている、という話ですよね。親戚にアメリカ国籍で成人するまで日本国籍と二重になっていた子がいます。二重国籍そのものは、日本では違法ではないはずです。

政治家としての資質を評価するのに、出自を問題にする必要があるとしたら、評価者のほうの国語力または論理的思考力が著しく低く、ご自身がなんとなく感じていることを正しく説明できないということにすぎないと考えます。対立候補は政治家としての資質が低いであろうことに同意します。国語力の低い政治家にいい政治ができるとは思えません。(2017/02/21 11:50)

「二重国籍」には「二重請求」のようなマイナスイメージが伴う。日本の法律で認められているのなら「2つの国籍を持っている」で済むのではないか。日本に帰化したスポーツ選手を一般的には二重国籍とは言わない。政治家だからという点が問題なのか。初めての立候補時ならともかく、それなりの経験をもつ議員なのだから、いまさら問題になるのは日本政府の管理ミスという側面もあるのではないだろうか。それより大きな問題は蓮舫氏の政治家としての資質の方にこそあると思う。(2016/12/30 11:27)

要するに、人徳の無い人間は嫌われるって事でしょ。日本に移住して、日本で生計を立てさせてもらって、日本の政治家にまで登らせてもらった。ならば、一命を賭けて日本のために尽くすべきでは?帰化人が、日本にきて帰化人のための政治、出身国寄りの政治をするなら、お払い箱にすべきです。政治家は使い捨て職業なので、本物の日本人であるか、エセ日本人であるかに関わらず国民の利益にならない役立たずの政治家はさっさと見捨てて、新しいのと取り換えればいい。所詮、部品のひとつに過ぎないのだから。古い部品、性能の落ちた劣化部品は、廃棄しないと本体の性能が落ちるのでね。(2016/12/30 01:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長