• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明 トランプは横田に舞い降りた

レビュー

とても参考になった
 

40%

まあ参考になった
 

13%

参考にならなかった
 

45%

ぜひ読むべき
 

39%

読んだほうがよい
 

7%

どちらでもよい
 

52%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

「一番危険なのは北朝鮮ではなく米国だと思うんだけど、米国を頼ることの重要性を説く人が多いのに驚く。」

世界一の軍事大国に盾ついて、いいことはないですよ。しかも、専守防衛の日本がね。
9条をまず改正しないとね。

「国内に米軍基地があるのは我が国だけじゃないんだが。
旧宗主国の英国にすら米軍基地がある。
ドイツにもね」

まず片務的な日米安保がある限り、日本独自の防衛はできないでしょう。9条を改正し、自衛隊を国防軍に編成した上で、片務的でない「日米軍事同盟」を結んでから、属国ではないと言ったらどうですか?

日本の民間旅客機が東京の上空を飛べない。東京の空は、横田の米軍が支配しているのですよ。
首都上空を他国の軍に支配されて、属国じゃないと言われてもね。(2017/11/16 10:37)

確かに横田におりたことに関しては違和感がありましたね。(2017/11/15 10:57)

ここで書かれたような米国人は実際にいるでしょう。トランプが根っからそうなのか、テレビ(大衆)向けにそうなのかは分りませんが、いずれにしても、それを理解した上で、安倍首相は国益のためにトランプさんをうまく利用して頂ければと思います。こう書くと見も蓋もない不毛な人間関係で悲しくもなりますが、国のトップはすべからくそういう心構えでいないと大衆を幸福には導けないのでしょうから。根っからかテレビ向けなのかは、安倍さんとトランプさんお二人の間だけに知覚できる秘密として、歴史の中に埋もれていくのでしょう。10年後の爽やかな陽光の下、年老いたトランプさんと安倍さんが楽しくラウンドしている未来があるといいなぁ。(2017/11/14 14:58)

前任者の後始末に忙殺されているという点でも、両者は似てたりします。(2017/11/14 08:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長