• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ジョーカー、戴冠へ

2016年11月11日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 米国の大統領選挙は、ご案内の通り、ドナルド・トランプ氏の勝利で決着した。
 お恥ずかしい話だが、私はこの結果を、ほとんどまったく予期していなかった。

 3カ月ほど前までは、トランプ氏が大統領の椅子に辿り着く可能性を、多少は勘定に入れていた。

 が、10月の最終段階のテレビ討論会を見て、私はトランプを見限った。
 この様子では、仮にクリントンの側が多少のスキャンダルに見舞われたとしても、逆転することは不可能だと判断した。

 両候補の間にある実力差は、私の目には、メジャーリーガーと甲子園球児の間にあるそれと比べても遜色ないほど明らかに見えた。

 対外的に話をするケースでは、発言の語尾に一応の含みを残すことを心がけていたものの、それも、言ってみれば、断定を避けるものの言い方を通じて自分の知的さをアピールしていただけの話で、内心では100パーセント、ヒラリー・クリントン氏の勝利で鉄板だと確信していた。

 それが、フタを開けてみれば、こういう結果になっているのだから、世の中はわからない。私は、民主主義への信頼を撤回するか、でなければ、自分の脳みそを信用することをやめるべきなのかもしれない。

 いずれにせよ、こういう時は、何かを改めなければならない。 
 でないと、先に進むことができない。

 8月30日の夕刻、私はツイッターに以下のようなコメントを書き込んでいる。

《ここへ来てのトランプ候補の自滅っぷりを見るに、アメリカは、大統領選挙の手順の複雑さ(というか、約一年に及ぶ慎重な選出過程)に救われているように見える。大統領選出レースが、もっと単純な一発勝負の人気投票だったら、ずっと早い段階でトランプが勝利してしまう結果もあり得たと思う。》(こちら

 この見方は、つい昨日まで変わらなかった。
 私は、米国の大統領選挙の選出過程の複雑さを高く評価していた。

コメント74

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ジョーカー、戴冠へ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

高齢者に配るお金はあるが、少子化対策のお金はないと言うのは、おかしいでしょう。

小泉 進次郎 衆院議員