• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

お花畑は燃えているか

2015年11月20日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 パリで起こった同時多発テロ事件の衝撃は一瞬のうちの世界中を駆け巡った、というこの書き出しの一行の文体は、なんだか、夕方の民放の情報番組がBGM付きで配信している扇情的なニュース原稿のコピペみたいだ。

 実際に、あの事件以来、国際社会の空気は切羽詰まった調子のものに変貌している。

 私は、911のテロ事件を受けた半月ほどの間に、アメリカ発のニュース映像の基調がいきなりハリウッドっぽくなったことを思い出している。

 ついでにと言っては何だが、東日本大震災が起こった後に、私たちの国のメディア状況や世論のあり方が、なにからなにまですっかり変貌してしまったいきさつにも思いを馳せざるを得ない。

 世界を世界たらしめているのは、平時の人間の日常的な思想だ。
 が、歴史を新しい段階に追いやるのは、非日常のアクシデントだ。

 天災や、事故や、組織犯罪や、無慈悲なテロや、偶発的な国境紛争や、狂気に駆られた人間が引き起こす想定不能な出来事が、共同体の空気を一変させ、無茶な法律を上程させ、あり得ない決意に向けて人々を促すことになる。

 そして、それらの突発的な出来事がもたらした異様な空気は、集団のインテンシティを硬化させ、ジョークを駆逐し、笑顔を自粛させ、結果として、本来なら通るはずのない法律を成立させ、国家とその成員を、通常なら踏み込むはずのない新たな事態に突入させる。必ずそうなる。われわれはそれを防ぐことができない。

 今回は、テロ勃発後の空気を記録しておきたいと思っている。
 テロ対策への処方箋を提示するつもりはない。
 テロ事件勃発以来、われわれをとりまいている雰囲気が、いかにとげとげしいものになっているのかを、なるべくあるがままに書き留めておくつもりでいる。

 理由は、この先の10年ぐらいの間にうちの国で似たような出来事が起こった場合に備えたいと思っているからだ。私は、そういう非常時にあらためて読み直すための、人々の過剰反応を記録したテキストを書き残すつもりでいる。

 不謹慎と思われたかもしれない。
 だがアクシデントは、いずれ必ず起こる。
 天災なのか、事故なのか、軍事的な衝突なのか、越境事案なのか、テロなのかは、まだわからない。

 とにかく、そういう人心を一変させるような異常事態がこの国で起こった時、世論は、間違いなく沸騰する。必ずそうなる。テンパった顔のニュースキャスターが画面を指差して裏返った声で読み上げる原稿が、われわれを走り回らせることになるに違いないのだ。

 で、私としては、その沸騰しているであろう近未来の世論に小さな風穴を開けるためのテキストを、あらかじめ用意しておきたいと考えた次第で、その意図のもとにこの原稿を書いている。

「な、落ち着けよ」

 と、その言葉を言う人間は、おそらく、「非常時」が来たら、血祭りにあげられる。
 だから、非常時が来る前に、前もって

「なあ、兄弟、熱くなるなよ」

 という意味のテキストを書き残しておく所存なわけです。

コメント123件コメント/レビュー

小田嶋さんに限ったことではありませんが、『ネット世論』という虚像に拘泥するのはそろそろ止めにしては。 『人格』では無い『現象』と対話する事は不可能です。それは『テロと対話する』と同類の無意味語であり、文中にある通り、いずれ殺し合いに発展するリスクを人格同士の対話で抑止する、といった知性の真逆に位置するからです。(2015/12/03 21:52)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「お花畑は燃えているか」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

小田嶋さんに限ったことではありませんが、『ネット世論』という虚像に拘泥するのはそろそろ止めにしては。 『人格』では無い『現象』と対話する事は不可能です。それは『テロと対話する』と同類の無意味語であり、文中にある通り、いずれ殺し合いに発展するリスクを人格同士の対話で抑止する、といった知性の真逆に位置するからです。(2015/12/03 21:52)

話し合いは必要ない、やられたらやり返すのが当たり前だと言ってる人は、残念ですが、テロ擁護にしか見えません。
ISはやられたからやり返したんですよ。
犯行声明は空爆への抗議。
フランスなど連合国軍が先に、ISの人たちの大切な仲間や家族を空爆して殺したから、ISの人たちがやり返したテロを擁護する人かと思いましたよ。
話し合いは必要ないと言っている人の意見は、テロ側の意見とまったく一緒。
お花畑だなんだと、相手を知ろうとせずに言葉の暴力や軍事力で解決しようとする人のいる限り、戦争はなくならないのですよ。
あなたがたこそが好戦的だと言わざるを得ません。
自爆テロなんてものは、ものすごく酷い目に遭わされなければできません。
命より大切にしていたものを奪われた人間だけが、「命より大切だった、オレの仲間をよくも!」と、体に爆弾を巻きつけて、敵国に突っ込めるのですよ。
先に殺したのがどちらか知ろうともせず、やられたからやり返すで思考停止では、どちらかが全滅するまで終わりません。
連合国軍とテロ組織は、お互いに、「あっちが先に我々の仲間を殺した」と思っているんですよ。(2015/11/27 12:34)

きっと阪神淡路・オウム事件の頃からすでに戦前になっていて、東日本を経由して、一足先に、「戦時体制」に突入しているのでしょう、我が国は。人は同じ過ちを平気で繰り返せるのですが、次のチャンスはあるでしょうか。
テロリストが望む世界は、実は為政者が望む世界と表裏一体だったりして。正直うすら寒い世界です。(2015/11/26 23:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長