• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ジョン・レノンと日馬富士の共通点

2017年12月1日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 横綱日馬富士が引退の意向を表明した。

 私は、詳しい事情を知らない。
 引退を表明したというニュースの見出しを読んだだけだ。
 横綱を引退に追い込むことになった状況や、その背景に関しても、他人に向けて開陳するに足る情報は持っていない。

 ありていに言えば、私は、この騒動を、余儀なく知らされることになる断片的なウェブ情報として知っているだけで、きちんとした分析や背景を解説した記事は、ひとつも読んでいない。テレビも見ていない。なので、何も知らないと言ったほうが実態に近いだろう。

 にもかかわらず、今回は、大相撲の話を書くつもりでいる。

 まず、この半月ほどの間、世間を大いに騒がせていたこの日馬富士と貴ノ岩の間に生じた暴力事件について、当欄で取り上げなかった理由を説明しておく。

 私は、これまでに当欄において、大相撲関連の話題をテーマに4篇ほど(あるいは5つか6つぐらいあったかもしれない)の原稿を書いている。

 内容的には、朝青龍の引退騒動や、八百長疑惑問題や、暴力団との交際報道など、力士に関連する不祥事からわれわれの文化的な恥辱の部分を考察した記事だった。

 それらの原稿の出来に満足していないというのではない。
 というよりも、当欄にアップした大相撲関連の記事は、いずれも思うところを過不足なく表現することのできたそれはそれでまずまずの文章だったと思っている。

 ただ、それだけに、「大相撲と日本人」というテーマについては、ある程度書き尽くした自覚がある。だから、この先、大相撲の周辺で起こる出来事に関して何を書いたところで、重複は避けられないだろうとも思っている。

 とはいえ、書く書かない以前に、私自身が、この話題に関与すること自体を、当初の段階から明らかに忌避していたこともまた事実ではある。
 つまり、私は、大相撲から逃避していたわけだ。そうでなくても、情報を遮断していたことは間違いない。

 テレビはこの2週間ほど視聴していない。
 理由は、この話題を扱っているテレビの画面を見ると、ほんの10秒ほどで、画面の中にいる全員を嫌いになってしまうからで、無駄な敵意を燃やして体力を消費しないためにも、私は、この話題を扱ったテレビにはチャンネルを合わせなかったということだ。

 新聞の記事も、ウェブに流れてくるニュースも、見出しより先の部分は読んでいない。
 時系列に沿った主な記事は、習慣としてクリップ(エバーノートにコピペしています)しているのだが、まだ目を通していない。
 録画してあるニュースも再生していない。
 この記事を書くにあたって、20分ほど前から、クリップしてある記事にざっと目を通すことをはじめていたのだが、その作業も、さきほど投げ出した。

 というのも、このニュースに関しては、細かい情報を知れば知るほど、気持ちが沈んでくることをどうすることもできなかったからだ。

 なんというのか、大相撲への愛情が減退し、日本人と日本文化への忌避感が募り、われわれの社会を社会たらしめているものへの苛立ちが亢進することがはじめからわかりきっていたからこそ、私は、このニュースに触れることをためらい、この騒動を扱った論考へのアクセスを拒絶し、そもそも、日本に大相撲があることを思い出すことから逃れようとしていた次第なのだ。

コメント120件コメント/レビュー

相変わらず冴えてるオダジマ節! 意表をつくタイトル、その一方でよく練られた内容と文体。
相撲界の現在と将来にたいして何ら意見も関心もないけど、このコラムの正確な翻訳を(華麗な文飾にとらわれずに)日馬富士に伝えてもらいたいものだ。彼が自分の状況を理解する大いなる一助になるだろう。(2017/12/14 18:48)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「ジョン・レノンと日馬富士の共通点」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

相変わらず冴えてるオダジマ節! 意表をつくタイトル、その一方でよく練られた内容と文体。
相撲界の現在と将来にたいして何ら意見も関心もないけど、このコラムの正確な翻訳を(華麗な文飾にとらわれずに)日馬富士に伝えてもらいたいものだ。彼が自分の状況を理解する大いなる一助になるだろう。(2017/12/14 18:48)

貴乃花がとか、相撲協会がとか、言ってますが、結局は、いじめっ子といじめられっ子の話。
いじめっ子の番長が白鵬で、副番長が日馬富士。
いじめた方だけじゃなく、いじめられた方も責任があるっていう、よくある言い訳。
しかも、前々から、その親(貴乃花)もうるさくって、嫌いだったし。

いじめっ子グループが、みんなに嫌われている不良であれば、一網打尽に退学となったと思いますが、成績が良い奴が混じっているので、手を出したやつだけで丸く収めたいのでしょう。
秀でた才能があれば、素行が悪くても、排除しにくいですもんねー。(2017/12/08 14:10)

まあ、相撲は元々は闘犬やコロッセオで行われていた闘技等と同類ですから。全国各地の力自慢や素質のありそうな子供を集め、特殊な環境、教育プログラムで格闘マシーンに仕立て上げ、闘わせて楽しむという興行でしかなかった。そこに「品格」などを求めることが間違っているのです。
近代になって国技と呼ばれ、妙に有難がるようになった頃から、既に本来の相撲では無くなりつつあった訳です。「柔術」や「剣術」が「柔道」や「剣道」として生きながらえているように、「相撲」も「相撲道」などに形を変えない限り、かつての闘技を現在日本で存続させるのは無理がある気がします。
と、特に相撲フアンではない私は気楽に述べてみましたが、相撲協会にとっては深刻でしょうね。
むしろ、国技は返上し品格など求めず、ガチンコ闘技としての相撲を復活させた方が人気が出そうです。そんな団体であれば多少の暴力沙汰も特に国を揺るがすほどの問題にはならないでしょう。日本人、外国人の問題も解決。(2017/12/07 14:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授