• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

目に見えないものに幸いあれ

2015年12月4日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 漫画家の水木しげるさんが亡くなられた。

 はじめにお断りしておくが、私は、水木マンガの熱心な読者ではない。それ以前に、マンガというジャンル全般に対して、不案内でもある。

 同世代の出版業界人の標準からすれば、「あきれるほどマンガを読んでいない人間」に分類されるはずだ。

 なので、この分野にはなるべく口を出さないようにつとめてきた。
 これまでに何度か思いつきを口走って痛い目を見ている。

 なんというのか、マンガに詳しい人たちから見ると、読み齧りの素人がいきなりきいたふうな口をきくことは、しみじみと腹の立つ出来事であるようなのだ。気持はわからなくもない。おそらく、問題は、私の論評が当たっているかどうかではなくて、冒頭の3ページぐらいのところを読んで、いきなり感想を述べはじめる軽薄さがしゃくにさわるのだと思う。

「火の鳥ってさ」
「お前、全巻読んだのか?」
「ん? 全巻って、そんなに何冊もあったっけ?」
「ナニ篇の話をしてる?」
「なんとか篇とかは覚えてないけど、ほら、猿田彦とかが出てくるじゃん。御茶ノ水博士の顔で」
「もういい。わかったから黙れ」
 わかった。論評は控える。

 追悼も、実はちょっと述べにくい。

「お前なんかに水木先生を追悼する資格があるのか」

 と決めつけられた場合に、返す言葉が見つけにくいからだ。

 この気持には覚えがある。
 高校二年生の時、隣の隣のクラスの生徒が自殺した。
 で、そのG組のT君が座っていた机にはなんだかんだで1カ月ぐらい花が飾られていた。
 その花に腹を立てている生徒が、私の友人だった。

「女の子たちはけっこう涙流してたけど、なんで泣くんだ?」
「泣くぐらいかまわないだろ。クラスメートが死んだんだから」
「でも、あいつとは誰も口をきいたことなんかないんだぞ。なのに、なんでいまさら友だちでしたみたいな顔して泣いたりできるんだ?」
「いいじゃないか。級友の死に涙する自分が好きだから泣くとか、ありそうな話じゃないか」
「オレは迷惑だよ。花とかいいかげんにしてほしい」

コメント32件コメント/レビュー

最後に出てきたガンモドキのセカンドオピニオン外来、同じようなことをやっても祈祷師は逮捕、医者は繁盛とはまったく理不尽です。(2015/12/11 02:50)

「小田嶋隆の「ア・ピース・オブ・警句」 ~世間に転がる意味不明」のバックナンバー

一覧

「目に見えないものに幸いあれ」の著者

小田嶋 隆

小田嶋 隆(おだじま・たかし)

コラムニスト

1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、紆余曲折を経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

最後に出てきたガンモドキのセカンドオピニオン外来、同じようなことをやっても祈祷師は逮捕、医者は繁盛とはまったく理不尽です。(2015/12/11 02:50)

先週の、正義と暴力の親和性。絆の内側で、善意と犠牲は神聖を成し、冒瀆には私刑も共感される。「努力は人を裏切る、見えないものを信じる」はアンチテーゼに。行為の充足と結果の期待を分け、心中深く聖域を持てば冒瀆されることもない。小田嶋さんの回想で、同級生の悼み方が各宗派の様に様々なのは象徴的でした。
切迫や高揚は善と悪、真と偽、の二択を迫るけれど、未知の世界は混沌と広がり、それは恐怖であり希望でもある。
脳は感覚器官に頼って見えないものを信じ、身体は脳に頼って理解出来ない判断に従う。不安は、待っているのに情報が来ない暗闇状態や、手当たり次第情報を上げているのに判断出来ない新規事態。情報の多さと判断の速さは不安を忘れさせるが、熟練の勘は錯覚と偏見を含む。哲学は慢心を戒め不安の闇へ初期化を促す、初心忘るべからず。手持ちの僅かな知識で深遠の闇の可能性に挑むとき、常識と並ぶ力になる。
健常者である多数派の凡人も皆、変人、障害者、天才の部分を持っている。心の座敷童子は異界への扉。閉鎖も開放もせず、開閉するのが良いかと思います。(2015/12/09 13:21)

人知の及ばないものがあることを知って畏れ、謙虚になることは大切なことです。最先端の科学者はもっとこのことを語ってほしい。一方で、傲慢にもそれを恐れず立ち向かい、失敗して、なお立ち向かい、人知の境界を広げることも大事です。昔は、この謙虚と傲慢の間を哲学が取り持っていたのですが(今の哲学はその役にありません)。

人の生死をどうとらえるか、科学(医学)と宗教では違います。祈りによって病を救うことを現代の法律は認めません。一方で、正常な判断力が無かったとなれば、殺人も許します。

信じること(宗教)と疑うこと(科学)の仲立ちは、何がするのでしょうか。 (2015/12/07 15:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長