• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

ミニバンのFF2シリーズはBMWの主力になる!

第316回 BMW 218d アクティブツアラー【インポーター編】

2016年1月25日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 先に当欄でも告知いたしました、オートモーティブ ワールドの特別講演会で、モデレーターを務めてまいりました。

 レクサスRCFの矢口さん、X-TRAILの東倉さん、S660の椋本さん、ロードスターの山本さん、そしてランエボの布野さんと、超が付く豪華な開発責任者が一堂に会した夢のパネルディスカッション“名車の開発秘話 と 真の「ものづくり魂」とは?”であります。

ご覧下さいこの豪華メンバー。こんなメンツが揃うのは滅多にありません。

 当日は実に1800名もの方にお集まり頂きました。こうした無料講演会は、申し込むだけ申し込んでおいて、当日はダマキャンしてしまうバックレ客が多い。運営する側は来客数を読むのが非常に難しいのです。

 今回は歩留まりがとても高かったそうで、用意していた1000名収容のホールだけでは足りず、急遽サテライト会場まで用意して、結局1800名の方が聴講されたそうです。ご来場いただいたみなさま、お楽しみ頂けましたでしょうか?

開場前のホール。ホントにこの客席が埋まるのでしょうか…ちょっと不安です。

 しかしまあ、パネラーのみなさまのお話の上手なこと。文字通り立板に水。私なぞ「それでは次に◯◯さんどうぞ」と言うだけです。本業でもこうした司会をやる機会が少なくないのですが、これだけ進行がラクな講師陣は珍しい。講師のみなさま。お疲れ様でございました。楽しゅうございました。

本番前のリハ風景。主催者であるリードエグジビションジャパン社は、大規模展示会を年に約120本も行うプロ集団。スタッフ諸侯はテキパキと手慣れたものです。女性社員がみなさん美人で目の保養にもなりました。

 講演会の主催はリードエグジビションジャパン社。大規模展示会を年に約120本も行っているそうで、聞けば国際ブックフェアもリードの主催なんですと。国際宝飾展などのメジャー展示会ともなると、そこだけで1年分のビジネスを仕込んでしまう中小の業者さんも少なくないのだとか。いや、いろんな仕事があるものです。

帰りがけにレクサス矢口さんから「最近マツダさんばっかりで、全然ウチに来ないじゃないの」とチクリと言われてしまいました。うぅ…スミマセン。それじゃRCF行っちゃいますか。

 とはいえレクサスは広報の方が変わってからプッツリ連絡が途絶えています。果たしてどなたに連絡を入れれば良いのやら……。

 話は変わりまして、久しぶりにゴルフに行って来ました。

 天候にもメンバーにも恵まれ、楽しい一日を過ごして参りました。

左から私、柏木二郎氏、茂木潤一氏。茂木氏の左腕にご注目。しかし僕って本当に顔が大きいです。小顔になりたいです。

 最高の天気。最高のメンバー。最低のスコア……。ゴルフは難しいです。

 さてさて。それでは本題へと参りましょう。

コメント9件コメント/レビュー

ミニバンは使い勝手の非常に良い生活道具です。私も乗ってまいす。対してBMWはステイタスや、走りを売りとしてきたプレミアムブランドの最右翼。2シリーズはあくまで道具として割り切って、BMWブランドを認めてくれる人に向けて普通の車=生活道具を提供すると言う商品なのだろう。ポルシェのSUVがスポーツカーオーナーに同じブランドマークの付いた実用車を提供する手段である事と似たようなものかと。それがなまじプレミアムカーに縁が無かった層に受けたりして数が見込める車種になってしまったりすると、ベンツがA/Bクラスの拡販で、今や高価な大衆車のメーカーになってしまったように、BMWもブランドのポジションを崩す引き金になりかねないですね。ドイツにVWが何社もあっても競争が厳しいだけではないでしょうか?日本車メーカのように。(2016/01/26 18:13)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ミニバンのFF2シリーズはBMWの主力になる!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

ミニバンは使い勝手の非常に良い生活道具です。私も乗ってまいす。対してBMWはステイタスや、走りを売りとしてきたプレミアムブランドの最右翼。2シリーズはあくまで道具として割り切って、BMWブランドを認めてくれる人に向けて普通の車=生活道具を提供すると言う商品なのだろう。ポルシェのSUVがスポーツカーオーナーに同じブランドマークの付いた実用車を提供する手段である事と似たようなものかと。それがなまじプレミアムカーに縁が無かった層に受けたりして数が見込める車種になってしまったりすると、ベンツがA/Bクラスの拡販で、今や高価な大衆車のメーカーになってしまったように、BMWもブランドのポジションを崩す引き金になりかねないですね。ドイツにVWが何社もあっても競争が厳しいだけではないでしょうか?日本車メーカのように。(2016/01/26 18:13)

これに乗ったら「シトロエン・ピカソ」にも乗ってくださいね。

<北海道北部在住 ざく たんくろう>

追伸:Y田さん、お悔やみ申し上げます。(笑)(2016/01/26 15:49)

ホンダのFITみたいにこれ一台でいいみたいなことより
割り切ったBMWはまだいいけど・・・らしくないよね
ポリシーを貫いてほしかったな

ポルシェも空冷やなくなったり水平対向じゃないのもあるし仕方ないのかな・・・(2016/01/26 13:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者