• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える GT-R田村さん「ボウズもボウズ、丸ボウズ」の巻

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

2年という短い期間で好成績を残すことは誰でもできると。それだけで「頭を取った」なんて販売店のスタッフの前で言うことができるのだろうか?
自分が販売したお客様と長い付き合いを続けながら、コンスタントに好成績を残してから言うべきだろう。(2017/03/23)

購入を決定するのは最終的には会社ではなく人である。
営業マンが一番偉いとは思わないが、ユーザーとの窓口であるのは
間違いない。
色んな営業マンがいるから、自分とあう人と出会える。
いくらNo1営業マンだとしても自分と合わない場合はやっぱり買わないと思う。
良いとこと悪いところちゃんと言ってくれる人が一番安心する。(2017/03/22)

熱い人だなあ
他のメーカーもこういう人をガンガン出して欲しい
GT-Rは無理なので北米日産が市販化を検討してた
iDxを出してくださいよ(2017/03/22)

私が大学4年のときにマツダのディ-ラ-へファミリアを購入するために一人で行きました。そのときに応対してくれた方は広島の工場から出向されて来た方で、セ-ルスト-クは何も出来ませんでした。でも私がほしい車種、グレ-ド、色、オプションを黙って注文書の記入してくれ、大幅な値引きもしてくれたので、1時間程度で欲しい車を購入できました。トークがうまい営業マンが必ずしもたくさん売るとは限らないですね。(2017/03/22)

「どうやってそこまでたどり着いたか」の話って面白いですねー!

それがアノ名車を作った方々なら尚の事。
「作った人の顔」が見たいんですよ僕らは。

各メーカーさんはこういう「自分」を持った人が居たら隠さないで欲しいです。
それが一番の営業ですよ(2017/03/21)

倉庫会社に勤めており、リフトの購入担当ですが、
リフト販売店の営業マンには大雑把に分けて2種類の人がいます。
サービス(メカニック)の経験がある人とそうでない人です。
買いたくなるのは前者の営業マンの方が多く、
ユーザーに勝る知識がないとユーザーが困っている点を解決できないからです。

高い買い物ほど、ほとんどの場合、結局は人で買うんです。(2017/03/21)

なんかいつもよりも短く感じました。

人と同じことをやっていても『あたまは取れない』し、考えたことを実際に行動に移すことでその先に道が開けるものだと改めて思いました。

生き方に1本筋が通っているというか、ポリシーがある人はやっぱり素敵ですよね。(2017/03/21)

読んでいて面白かったのは今の日産の不振の原因が書かれている事です。
20世紀末に日産は破産寸前まで追い込まれました。
なぜそうなったのかは色々ありますが、ゴーン氏が社長になって漸くここまで来ました。
しかし、悪しき社内文化は何も変わっていないようです。
これじゃぁ会社が左前になるのも頷けます。
この御仁は何をする為に会社にきているのかなぁ~・・・(2017/03/21)

田村氏はちょっと凝り固まりすぎかな。営業が一番えらい?そうだろうか。営業は,それこそ田村氏のような知識を持つ人が少ない(メーカーによっては保守と営業を行ったり来たりの所もあるようだが)。結局,ある意味売りっぱなしで後は放置というパターンも多い。ではその後は誰がフォローするのか。アフターサービスを担当するエンジニアだ。実際,エンジニアの出来不出来でその後リピーターになるか別のメーカーの車を買うかも決まってくるのではないだろうか。車は絶対にメンテナンスが必要。その時の顔は営業以上に重要。

一方で,ユーザーのニーズに応える車作りも重要だ。これは企画・設計の人たちにしか出来ない。もちろん,ディーラーからの情報が重要なのは確かだが,センスはその個人に依存する。

何が言いたいかというと,結局どこを切り出したって「えらい」んだと思う。営業が一番えらいか?違うでしょ。一番なんてないですよ。(2017/03/21)

水野さんも営業で売りまくったと言ってませんでしたっけ?前にも何処かで聴いたような武勇伝でした。そんなに車の販売店の営業というのはぐずぐずなのでしょうか? 確かに以前は堅気じゃなさそう?な輩も見かけたりしましたね。最近は来客待ちのスタンスに転換する店も多いようですが、イベントで集客し、顔を売って客を掴む、実演販売みたいなものですか。自分は車のケアに期待して買う先を選ばないし、担当が誰でも良いし買う店もバラバラなので、あんまり共感できる話じゃありませんでした。(2017/03/21)

30年ちかく前にカナダの居酒屋で、リタイヤして彼の地で余生を過ごしていた日本人の元経営者から聞いた話。保護のため年間何頭かの狩猟枠が決まっているが、自分で撃ちきれないと、日本から物好きを呼んで撃たせるのだと。撃ったらその右手をぶった切ってアイスボックスに詰めて日本に里帰り。熊の手を売りさばいたお代で、旅費と土産代はペイするとのこと。いくらか、盛ってたようですが、まんざらホラでもなさそうでした。フェルさんが食べたのは左手かな。どうせ食べるなら右手の方が美味しいそうですねW。ただ、最近では金満中国人目当ての密猟・密輸が問題になったりしているようですし、手を取るためだけに撃たれて捨てられる熊さんには同情を禁じえません。(2017/03/21)

>もうGTRはどうでもいいから、今回のような話をもっとしてくださいよ。

やめて.愚痴大会など読みたくない.(2017/03/21)

こういう感じの、仕事についての話は大好きです。
次回も期待してます。(2017/03/21)

田村さんの営業マン経験談、とても面白かったです。 やはりノルマ背負っている販売第一線でアタマとった人は皆さすが、とういう取り組みをしていますよね。 クルマってB to Cなんですが、食品や洗剤や文房具とは違い、棚に置いておいたら売れていくモノ(買われていくモノ)ではなく、買っていただくというか(言い方悪いですが)買わせるモノだと思います。 そうしたものを買わせる(買う気にさせる)というノウハウと行動は、営業マンとして見習いたい・身につけたいと思います。(2017/03/21)

GTRの進化の話よりも、今回のような成功話しの方が面白いですね。
車買うときって値引き額よりも、購入後のクルマのメンテを含めた対応がきちんとできるかの方が重要ですものね。ましてやその営業マンがお客の立場で考えてくれるかを見てます。
飛び込みセールスって押し売りと同じで百害あって一利なし。迷惑なだけ。

冒頭のヨタですが、19日の日曜日の奥志賀高原は曇りで午後1時までゴンドラも運休。午後3時ころからは雪でした。フェルさんが滑ったのは20日月曜日のまちがいですね。天気も快晴でした。
ジャイアントの下のトンネル事故も月曜日です。(あのトンネルは本当にトラップです。快晴の日は特にそう。トンネルの外はドライ路面なのに、トンネル内はツルツル凍結。しかも道があ曲がってる)凍結路はフェルさんの指摘の通り四駆もFRも関係ないですね。(2017/03/21)

田村さんにしろ、水野さんにしろ、できる人はやっぱり色々と苦労されてますね。
勉強になります!(2017/03/21)

●田村セールスマン(笑)
確かにクルマ談義としては面白そう。しかし、昨今それを面白がってくれるオーナーが激減しちゃったんだよね~・・・
でもFRの仕組みから入るの?ここに書いてあることはクルマ雑誌にも書いてあることだけど、おそらく田村さんの話術もあるんでしょうね。でなきゃ3台/週も売れないでしょ!
また、ここに書いてある程度ではブラックではないよね?まだまだもっとあるんじゃないの?(笑)
しかし、自部門の下流工程はお客様との意識のほうが良いんじゃ?最終的には顧客と直接接触する営業マンなんだけどさ。偉いとは違うと思うけどね?
●日経Automotive4月号
2025年の世界的な変速機の比率は38%がMTを維持する見通しとありました。コスト的に新興国の要求が高いとあります。現状とそう変化はないんですね。DCTと7速以上のステップATが少しずつ割合を増やしていくようです。
まだまだMTの絶滅はなさそうですね。日本以外では・・・
(GT-Rへの携わり部分を楽しみしていますよ!けど、コーンさんもルノー、ひいては日産はどうなっちゃうのだろう?のMAZDAファンの自動車曲げオタクより)(2017/03/21)

電子部品の製造販売業にもう40年近く勤めてます。部下になった人間には田村さんと同じ趣旨の質問をします。「うちの会社は何の会社ですか?営業畑を経験したことの無い人間のほとんどが「電子部品の製造業です」と応える。こういう部下は放っておいたら通り一辺の仕事しかしないしできない。「電子部品の製造販売業です」と答える人間なら自分の仕事の最終工程が顧客へ売り込みや採用決定を経ての納品や検収であることを理解してくれる。結果営業が自信を持って販売できる優れた製品ができるようになる。だがクルマをのぞく日本の製造業の多くは営業以前の製造を安いからと言うだけの理由で、日本とは政治体制も国民性もことなる中国へ持って行ってしまった。中国で生産された製品はしばしば全数選別しないと顧客に売れないような品質レベルだった。いくら管理基準を高めても従業員がジョブホッピングでどんどん変わるのだから作りこみなんて出来ない。
その結果が今の日本の製造販売業の衰退に繋がっていると思われてならない。もうGTRはどうでもいいから、今回のような話をもっとしてくださいよ。どうせヤマグチさんもGTRを買う気はないんでしょう?(2017/03/21)

一番参考になったのは、スキー場が空いているというと。昔はリフト乗るのにディズニー級の待ち時間だったのに。(2017/03/21)

ええ話や・・・(2017/03/21)

う~ん、まだ本題に入ってない感じがモヤモヤ。
月1回で良いから、もっとまとまったものが読みたいもしくは、待ちの1週間の間に考えさせる部分、宿題、問題提起が欲しい。

読んでへーそうよかったね、以上の感想をもてなかった。(2017/03/21)

トヨタはマーケットインって仰りますが最大市場の地元のマイルドヤンキーに媚びているせいかデザインが酷い事になっていますが良いんでしょうか(2017/03/21)

むむー、何か釈然としませんねぇ。そんなに営業に人件費を掛けるのをやめて、その分値段を下げてもらいたいものです。営業の人は販売店に常駐していて、車にやたら詳しくて、質問したら喜々として教えてくれる、ってだけでいい。販売店ももっと集約して規模を大きくして、実際に見て触って比べられるように。. . . イメージはやたら詳しい店員さんのいるCD屋さんです。

. . . まあ、これは、車そのものに強い興味があって、自分から積極的に情報を集め、自分なりに比較検討する、という行動様式を取る客にしか通用しないやり方ですよね. . . .(2017/03/21)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧