• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

MIRAIは80kmで追突されても水素爆発しません

第325回 トヨタ MIRAI 【開発者編・その5】

2016年3月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 先日某都営住宅の接道で、事故ったクルマが放置してあるのを見かけました。人をはねてそのまま逃走してきたのではないかと思わせるようなバンパーとボンネットの潰れ具合。警察に通報したほうがいいのでしょうか。

まさかひき逃げのクルマでは……。ボンネットの潰れ具合が気になります。

 ここのところ続けて試乗車に乗っているので、自分のクルマに乗る機会がほとんどありません。納車から2カ月半が経過しているのに、走行距離は800キロちょっと。最近スキーには新幹線やら他の人のクルマやらで行くことがほとんどなので、せっかく用意したスタッドレスも出番がありません。そうこうするうちに雪はどんどん溶けていく。来週末には雪道を求めて上越辺りに出張りましょう。

 この日はクルマ関係者が集まって我がG君の納車を祝う会が華やかに開催されました。みなさま締め切りに追われる中、本当にありがとうございます。

左から自動車評論家の渡辺敏史氏、島下泰久氏、河口まなぶ氏、メルセデス・ベンツ中央の小林浩之氏、私、メルセデス・ベンツ日本の伊藤節弥氏。

 こちらは新生ALAPAの発起記念パーティー。この連載でも度々登場している、私が所属するトライアスロンチームです。メンバーがシャッフルされ、ややスリム化されたALAPA。今年も賑やかになりそうです。

遅くまで盛り上がりました。新しいビジネスを始めた人。出産間近の人。離婚5秒前の人。人生いろいろです。

 中学時代からの同級生と野郎飲み。彼はビジネスで大成功し、現在は社会貢献モードに突入した篤志家です。カネがあれば飲むか遊ぶか変なもの買うかでスッてしまう私とは大違いです。無農薬で安全なコメの生産を試験的に始めるとのこと。これは始動したら拙稿「美味礼賛」で紹介しましょう……って、アレも随分と間が空いてしまいました。書かねば。

彼とはこうして年に1回のペースで飲みながら近況を報告しあっています。私ももっと頑張らねば……。

 彼のようにドネーションを重ねる人もいれば、物を盗むクソ野郎もいるのが世の中です。サミットストア祖師谷店。この店のトイレからトイレットペーパーを盗む不届き者がいるそうです。物を盗むにしても、あんなにかさ張って安いものは割が悪いだろうに。

「警察に通報」ではなく、自ら「警察に連行」しようというのですから店長氏の覚悟も相当なものです。首根っこを押さえて近所の交番まで連れて行くのでしょうか。いずれにしてもお怪我のないようにして頂きたいです。

 さてさて。それでは本編へと参りましょう。

 世界初の量産型水素燃料電池自動車「トヨタMIRAI」の開発者・田中義和さんのインタビュー。まさかの第5弾です。しかし、引っ張ってるなぁ……。

コメント28件コメント/レビュー

 今後FCV車が大量に出回ってくると、FCV車が数台絡んだ事故も考えられる。先日のトンネル事故の様なケースも考えて、今の内から大規模事故を想定した実験・対策を考えていく必要があると思う。(2016/04/12 01:17)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「MIRAIは80kmで追突されても水素爆発しません」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 今後FCV車が大量に出回ってくると、FCV車が数台絡んだ事故も考えられる。先日のトンネル事故の様なケースも考えて、今の内から大規模事故を想定した実験・対策を考えていく必要があると思う。(2016/04/12 01:17)

誰もヒンデンブルク号の火災について突っ込みを入れておられませんが、あれは外装塗料が原因だったと発表されたハズです。(2016/04/04 18:11)

水素タンクは爆発しないとのことで安心しましたが、原発事故の前は、原発の関係者は安全性を強調していたことが気になりました。絶対はあり得ない訳で、逆にどういう条件だったらば爆発するのかを聞いて貰いたかったです。その条件が起こり得る可能性に基づいて、トヨタの方は爆発しないといっているのでしょうから、そこを知りたいと思いました。(2016/03/31 19:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長