• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ホンダS660は「モンキーみたいなものかな?」

第327回 ホンダ S660 【開発者編・その1】

2016年4月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 飲んでいます。毎日浴びるほど飲んでいます。

 このまま肝硬変になって死ぬのではないかと思うほど立て続けに飲んでいるのですが、先日受けた人間ドックでは尿酸値以外は全て正常値という、実にめでたい結果が出て参りまして一安心。さらに酒量が増える今日この頃であります。

毎年恒例となった「若井未来の未来を考える会 VOL.3」

 日産の広報部に勤務する美人広報。若井未来さんの未来を共に考えようと、自動車評論家の河口なまぶ氏、日経トップリーダー編集長の伊藤暢人氏と共に立ち上げたこの会も、早いもので3年目となりました。現在のところ見るべきような結果も出せず、伊藤理事長も頭を抱えておられるのですが、その一方で会の趣旨に賛同し、「それならアタシも」と参加を希望される女性が跡を絶ちません。このままで良いのでしょうか……。

 ちなみに未来さんは「自分からたくさん話してくれる男性が良い」とのこと。無口な男性はNGですが、私のように喋り過ぎる男もダメだそうで、なかなか塩梅が難しい。

 「勝手な事を言うんじゃないよ」という言葉を飲み込みつつ、絶賛彼氏募集中です。未来さんだけでなく、写真で一緒に並ぶ3名の女性も同時多発テロ的に彼氏募集中。我こそは!という方はぜひ立候補して下さい。結構マジです。

こちらはトヨタ広報の有田さん(左端)。西麻布のThe INNOCENT CARVERYで岡田さんを中心に。

 彼は非常に感情豊かな青年で、口角泡を飛ばし熱く語り合うと、感極まってポロポロと泣き出してしまうのです。女性に泣かれるのも困りますが、深夜に西麻布のバーでガタイの良い野郎に泣かれるのはさらに困る訳です。外人さんのカップルが怪訝そうに見ていましたが、ありゃ完全に勘違いしていた。僕らは純然たるストレートです。

彼は学生時代の後輩で宮崎くん。今は某地方都市で金属加工の工場を経営しています。

 リーマン・ショック直後は本当に大変だったようですが、どうにか乗り切って今はいい数字が出ているそうです。今後EVとPHVにどのような進展が予想されるのかを聞きたい、とわざわざ東京まで出てきてくれました。競馬の予想屋並みに勝手な話をしましたが、少しは参考になったでしょうか。

 最後に宣伝をひとつ。

 来週福岡でトークライブをやります。ご用とお急ぎの予定がない方はぜひお立ち寄りください。
ガチで盛り上げます。質疑応答の時間もアリ。

話の内容を無理矢理拙著に結びつけて、プロモーションもする予定です(笑)。

 当日は会場で拙著「仕事がうまくいく7つの鉄則」の販売も行います。

 本にサインは大喜びでさせていただきますが、割り箸の袋とかレシートの裏とかに書くのは勘弁してください(本当にこういう方がいらっしゃるので……)。

 さてと、それでは本編へと参りましょうか。

 ホンダが久々に放ったファイヤーボール、S660の若き開発責任者、本田技術研究所 四輪R&DセンターLPL、椋本 陵さんのインタビューです。

コメント21件コメント/レビュー

S660は四輪のバイクなんですね、自分の身ひとつで走るよりも少し速く少し遠くまで行ける道具。サーキットを走る必要もないし峠を攻める必要もない。また荷物をたくさん詰む必要もないし他人を載せるのもオプション。速く走りたい人、人や荷物をたくさん載せたい人はそれなりの車を買えばいい、という割り切り。これで表紙のモンキーにつながります。残念なのは二輪の形にはならなかったことかなぁ、バイクはスポーツカーやミニバンに煽られて危ない目にあうから。(2016/04/17 13:42)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「ホンダS660は「モンキーみたいなものかな?」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

S660は四輪のバイクなんですね、自分の身ひとつで走るよりも少し速く少し遠くまで行ける道具。サーキットを走る必要もないし峠を攻める必要もない。また荷物をたくさん詰む必要もないし他人を載せるのもオプション。速く走りたい人、人や荷物をたくさん載せたい人はそれなりの車を買えばいい、という割り切り。これで表紙のモンキーにつながります。残念なのは二輪の形にはならなかったことかなぁ、バイクはスポーツカーやミニバンに煽られて危ない目にあうから。(2016/04/17 13:42)

コメントが盛り上がって嬉しいです。ホンダのみならず他社の皆様にも読んでいただきたいと思う次第。各社独自の調査で先刻承知かもしれませんが。(2016/04/15 12:20)

自分で手直しできる、それも徐々に変化させられる車がないから楽しくない。メーカーの作った車を納得して乗るか、アホほど金を掛けてカスタムにするか。そんな車は楽しくない。まったくワクワク感がない。もっと荒削りな車を作ってくれたら買います。(2016/04/14 13:47)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リクルートは企業文化そのものが競争力です。企業文化はシステムではないため、模倣困難性も著しく高い。

峰岸 真澄 リクルートホールディングス社長