• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「唯一無二、唯我独尊。NISSAN GT-R」

第380回 NISSAN GT-R【開発者編・その7】

2017年4月17日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 これで最後、今度で最終回と(まるでスティービー・ワンダーの最終来日公演のように)言いながら、延々と続いて来たGT-R田村さんのインタビュー。これでもかなりオイシイ部分を切り捨ててお伝えしているのだ。

 本当はテープからオコした文章をそのままナマでお届けしたいくらいなのだが、それでは私の役目がなくなってしまう(それに田村さんのお立場も危うくなる)。最後の最後は、前回書きかけたポルシェとの比較から始めよう。

「あのクルマは本当に凄い。最高のスポーツカーなんだ」

「NISSAN GT-R NISMO」2017年モデル

F:ちなみに、GT-Rがポルシェ911ターボと真剣勝負をしたら、どちらが速いんですか。

田村さん(以下、田):また嫌な質問をするんだな。

F:これはコンプラにも触れませんよね。

:この話をするのであれば、本当に正確に書いてもらいたい。とてもセンシティブな問題だから。

F:わかりました。

:ポルシェ911ターボは決してバカにしちゃいけない。あのクルマは本当に凄い。本当によく出来た、最高のスポーツカーなんだ。

F:へぇ。驚きました。田村さんなら「ポルシェなんて楽勝でブッちぎってやるぜ」、くらい言うのかと思っていました(笑)。

:俺がそう言えば、物書きフェルとしてはウケが取れて良いんだろうけどさ(笑)。

F:やはりお立場上言いにくいことなのでしょうか。「会社員としての田村さん」としては。

:違う。立場とか関係ない。今から話すことは、エンジニアの田村として、また走り屋の田村として言うことだ。

F:はい。

:まずスタンディングスタート。これをやると、やっぱりまだ負けちゃうと思う。ポルシェ911ターボのSには。

F:あれ。でも0-100km/hのテストデータだと、コンマ1秒GT-Rが勝っていないですか?

:それだって路面のコンディションによる。計測した場所だって気温だって違うのだから、まったくのイコールコンディションじゃない。俺がこんなことを言うのはアレなんだけど、そんな数字にはあまり意味がない。

F:はぁ……。

コメント44件コメント/レビュー

あー今更だけど、一言。
田村氏と日産の悪口も良いけどGT-R乗った事あんのかって言いたい。
俺はR35を2016年に新車で買ったけど良い車だよ。
このシリーズで前にもコメントしたんだけど俺はS550+レンジ+R35その他を所有してるけど
コメントしてる人達、何に乗っててコメントしてる訳。
911買うかR35買うか迷って結局R35買ったんだよ。
911はそりゃーいい車でしたよ、プレミアム感で言ったら、R35はちょっと落ちる感じはあったけれども、水野さん好きで買っちゃいましたよ。
でも、新しい方向性を作り出そうとしている田村氏の考え方も間違っちゃいないんじゃないの。
やっすいスポーツカーってなん十年前の話だよって感じ。
企業の在り方の文句言う前に自分の属性を何とかしろってぇの。
GT-Rを購入して乗ってみろよ。
きっと田村氏の考え方が理解できるようになると思うよ。
俺に言わせればレンタカーでもいいから乗ったら解かるよ。きっと。
R35の2017MYも試乗したけど、田村氏がR34の時から考えていたであろうものが
感じられる一台に仕上がってると思う。

そんで「田村氏の卒論」って言葉、心に残ったね。

フェルさんいつか「田村氏の卒論」を記事にしてよ。
楽しみにしてるよ。
フェルさんの記事こそ「唯一無二」って感じだぜ。(2017/05/16 14:57)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「唯一無二、唯我独尊。NISSAN GT-R」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

あー今更だけど、一言。
田村氏と日産の悪口も良いけどGT-R乗った事あんのかって言いたい。
俺はR35を2016年に新車で買ったけど良い車だよ。
このシリーズで前にもコメントしたんだけど俺はS550+レンジ+R35その他を所有してるけど
コメントしてる人達、何に乗っててコメントしてる訳。
911買うかR35買うか迷って結局R35買ったんだよ。
911はそりゃーいい車でしたよ、プレミアム感で言ったら、R35はちょっと落ちる感じはあったけれども、水野さん好きで買っちゃいましたよ。
でも、新しい方向性を作り出そうとしている田村氏の考え方も間違っちゃいないんじゃないの。
やっすいスポーツカーってなん十年前の話だよって感じ。
企業の在り方の文句言う前に自分の属性を何とかしろってぇの。
GT-Rを購入して乗ってみろよ。
きっと田村氏の考え方が理解できるようになると思うよ。
俺に言わせればレンタカーでもいいから乗ったら解かるよ。きっと。
R35の2017MYも試乗したけど、田村氏がR34の時から考えていたであろうものが
感じられる一台に仕上がってると思う。

そんで「田村氏の卒論」って言葉、心に残ったね。

フェルさんいつか「田村氏の卒論」を記事にしてよ。
楽しみにしてるよ。
フェルさんの記事こそ「唯一無二」って感じだぜ。(2017/05/16 14:57)

やはり、というか、当然、というか、所詮日経読んでる社会の歯車ちゃん層wなんかに理解できる世界の記事ではない、とここの多くのコメント欄を見て再確認できた。私は素直に読めたし、なるほど感しか無かったし、そもそもがメーカー側に対する依存性すらないのでむしろ楽しめたが。
作り手側が与えられた条件の中で最大限以上の努力しても、引き出しの少ない、Takerで依存性剥き出しの大多数層にはそんな推測力なぞ微塵もないwとはいえ、これは多くのもの作り側とユーザ側の乖離現象でもあり、古今東西とりたて珍しくもないのだろう。
寧ろ、烏合の集の如くしょーもない依存群衆に呑まれる事なく作り手側が存在していた事にやや安堵感も覚えたくらいである。
32GT-Rに乗って久しいが、この記事を見て、やはり、今のGT-Rを買うよりも総額で圧倒的に上回るコストをかけてもMatureなチューニングとフルレストアを開始したのは間違いではない、と再確認した。何も今のGT-Rを欲しくないと言ってるのではない。私が目指す、ストイックとコンフォートのいいとこ取り、をGT-Rがやってる事で、少しでも肉迫する目標ができたのである。追い越せなくても、現代の技術でどこまで迫れるかをやってみたい。とは言えこの記事による宣伝効果はNISMOにしか起きないのを親会社はどう思ってるかは想像の範疇外だが。(2017/05/12 01:24)

>理想の工業製品へと昇華しつつあることが、インタビュー当事者の言葉の端々からうかがえる。

世の中に変化と流行り廃りがある限り、
理想の工業製品など存在しない。
それはあなたの理想に過ぎず、それが世の中にも適用できると考えるのは、ただの錯覚だ。(2017/04/23 15:35)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表