• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える ハイラックスを選んだのは、ハイラックスだから

レビュー

とても参考になった
 

29%

まあ参考になった
 

49%

参考にならなかった
 

21%

ぜひ読むべき
 

28%

読んだほうがよい
 

33%

どちらでもよい
 

38%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

>そんなにユーザーに責任感じてるんだったら、ジムニーみたいにモデルチェンジせず20年売り続ける選択肢もあったでしょ。

海外でのピックアップトラックの需要はあったのだからモデルチェンジするのは当然でしょう。
今回の機種が日本市場最優先だったらあんなサイズにはなってないでしょうし。
ファッションとしてはなんちゃって四駆のSUVが全盛であることに変わりはないですよ。
マーケティング最優先のマツダの車種別売れ行きを見れば一目瞭然ですね。(2018/05/17 09:42)

記事とは関係ありませんが、マツダの人事で藤原大明神が副社長(候補)になられましたね。
同時に北米事業統括ということで、これまでとは少し違った立場になるのかなと思います。ぜひインタビューをお願いしたいです。(2018/05/17 06:01)

なんか元Top Gearのジェレミークラークソンが借りたハイラックスは電子制御が壊れちゃったらしいっす。

タイムズ紙のクラークソンレビュー(https://www.thetimes.co.uk/article/jeremy-clarkson-review-toyota-hilux-9bpgpqdr7)の締めの言葉は、

The fact is that there is only one reason for buying a Hilux. It’s going to be unbreakable. But mine broke.(ハイラックスを買う理由はただ一つしかないのが事実だ。それは壊れないこと。しかし、私のは壊れた。)

とのこと(笑(2018/05/16 21:01)

>軽自動車は4WDでも車高がそこまで高くないので荒れた林道を走ると下回りをぶつけてしまう。

この文脈だと、車高→最低地上高ですね。


>ビジネス話のついでに重箱の隅つつきですが,与太話の中の"amazon",ビジネスマンであるならばちゃんと"Amazon.com"ないしは"Amazon"とするべきではないでしょうか。「キヤノン」と同じ話だと思うのです。

こちらは、"Amazon.com"ないしは"Amazon"ではなくて、"Amazon.co.jp"ですね。
重箱の隅つつきですが。。。(2018/05/16 15:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

そもそも後藤という人間を理解してもらわなくてはならない。

後藤 高志 西武ホールディングス社長