• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

潜入!トヨタ86GRMNの秘密工場!

【第334回】 トヨタ86GRMN(開発者編・その1)

2016年6月6日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 全国のヨタ話ファンのみなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 本日も明るく楽しく自動車産業とは何の関係も無いヨタ話から参りましょう。

 私はトライアスロンを7年ほどやっているのですが、実は極端な練習嫌いでありまして、他の選手と比較すると練習時間は多く見ても4分の1以下。自主トレなんかまったくあり得ませんで、誰かと一緒じゃないととても走る気にはなりません。

 そんなナマケモノの私にピッタリなのが“合宿”であります。泊まり込みの練習会に出かければ、自分でダラダラ走るより何倍も濃い内容のメニューをこなせるのであります。

こちらは山本淳一コーチ率いるAthlete Worksの館山強化合宿。マジ死にました。

 写真手前のお嬢さん方は、東京女子体育大学のトライアスロン部所属の選手です。みなさん本当に倒れるまで追い込むんですよ。強くなるにはこれくらいやらなくちゃダメなんだなぁ…..いや、良い刺激を頂きました。

館山にはレクサスのLXで向かいました。夕焼け時に海岸に出たら、カタログ写真のような良い絵が撮れました。

 レクサスが「SUVにおけるラグジュアリーの究極をついに具現化」と大見得を切るだけのことは有って、それはそれは素晴らしい乗り心地でした。それにしても何と押し出しの強い顔をしていることでしょう。

合宿が終わったら新宿へ急行。ホリエモンと浜田寿人氏が結成したWAGYUMAFIA主催の和牛イベントに顔を出して来ました。プロスノーボーダーのゴッチ氏、アルピニストの栗城史多氏と。

 尾崎牛と築地より直送された日本の魚貝に日本酒をペアリング。疲れた身体に最高のプロテイン補給となりました。美味しかった。

 所変わってこちらは横浜スタジアム。横浜vs.広島の試合を見に行きました。

「カープ カープ カープ 広島カープ」と所謂ラッキー7で風船を放っての応援歌斉唱。カープの歌くらい練習してくれば良かった。ちなみに広島県民は全員がこの歌を歌えるそうです。

 この日は6対1といいように横浜にボコられましたが、快適な気温の中、何杯もビールを飲んで実に楽しい時間を過ごしました。ハマスタにはちょいとした縁が出来ましたので、今年はあと何回かこちらに通うことになるでしょう。

こちらは週刊エコノミストの書評欄。何と気鋭の経営学者、一橋大学の楠木建教授が、拙著「仕事がうまくいく7つの鉄則」を取り上げてくださいました。

 雲上人の偉い先生に褒めて頂き恐悦至極であります。え?まだ読んでおられない?そりゃマズいですよ奥様。お買い求めはこちらから。

こちらはフェル初出の自動車雑誌NAVICARS。適当に喋ったことをバシッとした記事に仕上げていただいて感謝です。

 今号はクルマの買い方特集で、様々なローンの組み方やら個人リースの仕組みやらの記事が並ぶ中、「ローンはアカンで」と特集の趣旨とは正反対なことを話してしまいました。相変わらず空気が読めなくて申し訳ないです。

 ということでボチボチ本編へと参りましょう。

 今回はトヨタの元町工場へ潜入して参りました。

コメント10件コメント/レビュー

徹底したマーケットリサーチの結果「ユーザーに必要とされて生まれてきたクルマ」とは真逆の、メーカー自身が「自分たちが本当に造りたかった、欲しかったクルマ」を具体化したのが“86 GRMN”だと思う。だから、その考えに共感できる人が買うべきで(といっても、カネさえ出せば買えるモノではないが…)、他と競合させて云々いうようなヤツでは、一生かかってもその価値が分からない。「分かるヤツには分かる」…そこなんだよね、大事なのは。(2016/06/18 13:08)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「潜入!トヨタ86GRMNの秘密工場!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

徹底したマーケットリサーチの結果「ユーザーに必要とされて生まれてきたクルマ」とは真逆の、メーカー自身が「自分たちが本当に造りたかった、欲しかったクルマ」を具体化したのが“86 GRMN”だと思う。だから、その考えに共感できる人が買うべきで(といっても、カネさえ出せば買えるモノではないが…)、他と競合させて云々いうようなヤツでは、一生かかってもその価値が分からない。「分かるヤツには分かる」…そこなんだよね、大事なのは。(2016/06/18 13:08)

もしかして「マイスター」は "my star" なんじゃないでしょうか?

mein = my だし Stern = star なので、"mein Stern" の英訳 "my star" をカタカナにして「マイ・スター」 . . . とすると辻褄が合いますが . . . そうではなくて、"mein Stern" は「私」とも「星」とも関係なくて、本当に "tuned by" という意味のドイツ語なんでしょうか?(2016/06/07 12:57)

車重が同じでも、これだけ補強とブレーキ替えたら
走ったら別物の車になっているんだろうな!
スバルのボルトオンターボにしてCPUかえるだけで
化け物になりそうだね(2016/06/07 11:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長