• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

NOTE e-POWERで最高速トライアル(笑)

第390回 日産NOTE e-POWER【開発者編・その2】

2017年7月3日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

炎上に近い形で盛り上がる

 日産の記事を書くと、コメント欄が“炎上”に近い形で盛り上がる。

 記事にしたクルマとは直接関係の無い、「販売」や「マーケティング」に関するご意見が多く、他の人の書き込みに対する意見で盛り上がることが多いのも日産の回の特徴だ。

 担当編集Y崎氏が、どこを閾値にして掲載しているのかは不明だが、基本的には、(フェルのバカ野郎とかそういうのも含めて)なるべく何でも載せてしまおうのが日経BP社の流儀である。ご意見ご感想があれば、どしどしお寄せいただきたい(Y崎:差別的なもの、誹謗中傷的な内容、事実誤認が明らかなもの以外はできるだけ掲載するつもりです)。

***************

F:NOTEのe-POWERは、EVですと言いながら、バッテリーのみで長い距離を走ることができません。モーターで走り出しても、すぐにエンジンがかかってしまう。設定上難しいかもしれませんが、仮にエンジンを止めて、搭載しているバッテリーだけでEV走行をすると、どれくらいの距離が走れるものなのですか?10キロくらいですか?

仲田氏(以下、仲):いえ、10キロも行きませんね。一桁台の数キロだと思います。

F:だから充電するためのコンセントも無い。

:ありません。e-POWERはもともとハイブリッド車として開発しましたので必要がないんです。

F:プラグインハイブリッドの要素はまったく不要であると。

:プラグインの要素は開発当初からありませんでした。コンセプトの中には。

:駆動するモーターはリーフと全く同じものですか。多少チューニングが違うという話も聞きましたが。

:いえ、まったく同じ物です。NOTE e-POWERは、スペック上リーフと全く同じです。出力80キロワット、トルク254ニュートンを出すことが出来ます。出せるんですけれども、動力源が違う。リーフは動力源全てがバッテリーですが、NOTEの方はハイブリッドの小さなバッテリーと、ウィズエンジンです。

F:それはリーフほど多くの電気を突っ込めない、ということですか。

:いえ、突っ込めます。ですが準備する“時間”が必要、ということです。バッテリーは、パワーが欲しいといったらすぐに取り出せるでしょう。リーフのバッテリーは大きいから、80キロワットを瞬時に取り出せる。ですが今回e-POWERに搭載しているバッテリーは、ハイブリッド用で小さいから40キロワットしか出せません。残りの40キロワット分はエンジンから、ウィズエンジンからのエネルギー供給になります。

F:ウィズエンジン……。

:ああ、要するに発電機です。

F:発電機から直接モーターに電気を送る電線はないのですか?カタログ等を見ると、必ずバッテリーを通るように書いてあるのですが、ウィズエンジンから産地直送の電源供給はないのですか。

:実はあるんです。あるんですけれども、そこは表現が非常に難しいところでして……。

F:今のお話だと、バッテリーから40、モーターからの直送で40。併せて80キロワットと理解したのですが、カタログからはそう読み取れません。

コメント37件コメント/レビュー

日産とアップルの広告の違い私見。
アップル:誇大気味。しかし、将来への夢を見せる誇大。
日産:誇大気味。他人の過去を盗む誇大。ありふれた来るべき未来で夢などない。

同じ誇大でもかなり違う。
イノベーションとは大きな革新でない。そのとおりだが、それを言い訳にすることで小さくまとまっている感じ。
正直、アップルがなくなると未来は詰まらなくなると感じるが、
日産がなくなっても未来は変わらないもしくは良くなると感じる。
ここがいけない。(2017/07/09 19:43)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「NOTE e-POWERで最高速トライアル(笑)」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

日産とアップルの広告の違い私見。
アップル:誇大気味。しかし、将来への夢を見せる誇大。
日産:誇大気味。他人の過去を盗む誇大。ありふれた来るべき未来で夢などない。

同じ誇大でもかなり違う。
イノベーションとは大きな革新でない。そのとおりだが、それを言い訳にすることで小さくまとまっている感じ。
正直、アップルがなくなると未来は詰まらなくなると感じるが、
日産がなくなっても未来は変わらないもしくは良くなると感じる。
ここがいけない。(2017/07/09 19:43)

もっとコンパクトで発電効率だけ重視したエンジンで
もう少し大きなバッテリーにしたら面白いと思いました。
EVがモータでのみ駆動するという理解なら、素晴らしい車だと思います
エンジンを積んでいない車をEVとするなら見当違いのEVとなる。
でも、電気って使用するとことで発電するのが一番効率よかったりする
送電するときのロスが一番でかいのでは?
発電機+ソーラーなんて車もこれから会ってもいいのでは?(2017/07/07 16:32)

コメントの
>今回日産の宣伝方式については誇張されている部分はあるなとは思いますが、あくまでわかりやすく、印象的に伝えるというマーケティング的には大成功しています。

誇張程度だと思っていない人が少なくないからの反発なんですよ。
「わかりやすく」っていうのは詭弁。
納得した気に成れば良いので、一見似ているが違う物に例えて勘違いさせるのが良くある手法。

>技術の日産でも、その内容がうまく伝わらないのではまるで意味がないのです。

いや、だから「うまく伝わっていない」と感じているのでしょう。(2017/07/07 02:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授