• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「NOTEを選んだ理由?売れているからです」

第393回 日産NOTE e-POWER【ユーザー編】

2017年7月24日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

それじゃ写真は止めておきましょうか

 という訳で本編へと参りましょう。日産NOTE e-POWERの最終回は、恒例のユーザーインタビューです。

 日産の記事を書くと、必ずと言って良いほどコメント欄が炎上する。これは他の自動車メーカーには見られない、珍しい現象だ。(恐らくは昔のアンチ巨人と同じ仕組みで)トヨタが悪く言われる事も多いのだが、こと拙稿のコメント欄に関して言えば、「愛憎」ということなのだろうか、日産の回のほうが良くも悪くも圧倒的に盛り上がる。

 今回の突撃インタビューは、印刷会社に勤務する片田(仮名)さんだ。これまた興味深い方法でクルマ選びをされているので、また別の意味でマニアの方々から攻撃を受けてしまうかも知れない。それをお話したら、「それじゃ写真は止めておきましょうか(笑)」ということになった。イケメンぶりをご紹介出来ないのは残念なのだが、当コラムが原因で個人攻撃されてしまうのも問題であるので、今回は写真ナシでお届けすることにする。


 日産NOTE e-POWERのユーザーを見つけることは実に容易だった。何しろ日本一売れているクルマである。そこら中に走っている。しかも今回は、運良く一人目の方(大抵は2~3人に断られてから、ようやくお話をうかがえるのだ)がビンゴだったのである。

 平日の午後7時、環状八号線千歳台の交差点から西へ向かう道を走っていると、右側にあるファミリーマートの駐車場に金色のNOTEが停まっているのが見えた。これはチャンス。すぐに右折して駐車場にクルマを入れる。隣のスペースが空いていたので、NOTEの左側に自分のクルマを停めた。クルマを降りてNOTEを眺め回す。オーナーさんはじきに店内から出てくるだろう……と思っていた矢先。

 「何かご用ですか?」と背中から声がかかった。振り向くと、テラスの席から、一人の男性がいかにも訝しそうに私の方を眺めている。ここのファミマには、パラソルが設えられたテラス席が用意されているのだ。どうやらこの方がNOTEのオーナーらしい。私は躊躇せずテラス席に歩み寄り、クルマを眺め回していた理由を説明した。


片田さん(以下、片):なるほど。日経ビジネスオンラインでクルマの記事を。

フェルディナント(以下、F):はい。ちょうど今乗っていらっしゃるNOTE e-POWERの記事を書いておりまして。最終回はユーザーさんの生の声を聞くようにしているのです。ご多忙とは存じますが、少しお話をうかがえませんか?

:ここでコーヒーを飲んでいるくらいですから、多忙という訳ではありません(笑)。ただ、僕なんかにそんな大役が務まるのかなぁ……。何も面白い話はできませんよ。

F:いえいえ。なぜNOTEのe-POWERを選ばれたか、そして実際に乗ってみてどうだったか。それだけを教えてくだされば十分です。

:ですからその「選んだ理由」が面白くないと思うのです。私の話が日経に載るんですよね?どうだろうなぁ。極めて消極的な理由なので。

F:消極的、と仰いますと?

:早速インタビュー開始ですか。まだ受けるとは言っていないのに(苦笑)。

コメント132件コメント/レビュー

>レストランを「食べログ」「ぐるなび」等の星数で選ぶのと大差ない話

うーん.
ファーストチョイスとしては星で選ぶことはあるけど,セカンドチョイスはそうじゃないよね?
ファーストチョイスで失敗したら別の星数の高いものを,と選び続ける?ってことになるのかな.

うーん,自分と評価者の差異次第で,永遠に失敗続けることにもなりえるわけか・・・
「近視眼的に楽」とはいえるけど,「合理的でも正しくもない」かな.

楽を選んで失敗し(その後多分,星をつけた他人やサイトを批判)するのを是とするのは,個人的には「人間」失格に見え嫌だが,現実にはそういう人が多いんだろうなぁ.
奴隷のほうが楽らしいし.(2017/08/24 12:53)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「NOTEを選んだ理由?売れているからです」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>レストランを「食べログ」「ぐるなび」等の星数で選ぶのと大差ない話

うーん.
ファーストチョイスとしては星で選ぶことはあるけど,セカンドチョイスはそうじゃないよね?
ファーストチョイスで失敗したら別の星数の高いものを,と選び続ける?ってことになるのかな.

うーん,自分と評価者の差異次第で,永遠に失敗続けることにもなりえるわけか・・・
「近視眼的に楽」とはいえるけど,「合理的でも正しくもない」かな.

楽を選んで失敗し(その後多分,星をつけた他人やサイトを批判)するのを是とするのは,個人的には「人間」失格に見え嫌だが,現実にはそういう人が多いんだろうなぁ.
奴隷のほうが楽らしいし.(2017/08/24 12:53)

>フェルさんや車好きの方には興味がわかないかもしれませんが「メーカーは車に興味が無い人に向けてどのようなクルマづくりをしているのか」を記事化したら、マーケティング的に非常に面白いものになると思いますよ。

とても面白いです.
これに特化した記事を,ぜひ読みたい.
フェルさんの記事でやることではないかもしれないのでほかのだれかにでも書いてほしい.
分析的に.

以下に興味を持たせるかについては食傷気味なので,次をテーマにしてほしい.
・自動車に興味がない状態を保ったままで,いかに売るか.

(ドイツの自動車雑誌なら普通にやる記事だけどなぁという印象.
もしかしたらドイツの雑誌見たら書いてあるかな?)(2017/08/24 12:36)

>「売れてるから安心」という理由で車を買われている方は、恐らく車好きの皆さんが思うよりはるかに多いのが現実です。

その通りと思いますが・・・
売れているものが選ばれる→売れるものをどう選ぶか→売れるものとは何か→売れているもの
となったら何にも参考になれない・・・

開発者の方,これどうしているんでしょうね?

この部分認識だけして無視して,
統計的な購入者を想定し,実はこの部分に注目している,
としてその点重視して開発しているのでしょうけれど・・・

真のニーズと,統計的なニーズのすり合わせが難しいなぁ.

機能面で特徴づけるのは賭けになりかねないので,
売れるデザインとブランドとしたほうが良いのだろうけどなぁ.(2017/08/24 12:32)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授