• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「MINIなのにちっともミニじゃないよね(笑)」

第395回 MINI【インポーター編】

2017年8月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 まずはお詫びと訂正を。

 先週のヨタで書いたうなぎ屋さんの釜。コメント欄で「ご飯を炊いてるんじゃなくて、うなぎを蒸すための蒸籠がのっかってますけどね・・・」とご指摘を頂きました。お恥ずかしい。ご指摘の通りでございます。お詫びして訂正いたします。ご指摘いただいた方。ありがとうございました。

問題のお釜写真。うなぎを蒸しているのでした。

 さらにMINIの試乗記で給油をした際のくだり。給油後に「世田谷通りを左折して…」と書いたのですが、その部分にも「「技研の前を右折し、」ですね。左折すると、、、技研の中に入ります! 笑」とご指摘を頂きました。「砧の住人」さま。右と左を間違えました。ご指摘ありがとうございます。あー。なんかダメダメじゃないですか自分。まったく面目ございません。ユルフン締め直して気合を入れ直して参ります。

 と、反省したのも束の間。やはり心のどこかがゆるんでいるのでしょうか。ボサッと運転していたら、久々にやってしまいました。

 物陰に潜んでいた警官がニヤッと笑って寄ってきて。「標識が見えませんでしたかぁ?」と。まったく気が付きませんでした。「防止」ではなく「取締り」が主たる目的であるおまわりさん。お役目ご苦労さまです。初めて通った道なのですが、どうやら「名所」だったようで。

 しかしあんなに嬉しそうに言わなくてもねぇ。

やってしまいました……

 こちらはIronman Hamburgの壮行会。あたくしは昨年のバルセロナ大会で突っ込みすぎて、燃え尽きてしまった感がありまして、Ironmanからは引退しようと思っています。長距離のトライアスロンはIronman halfまでで良いかな、と。ゆえに今回は応援だけ。

Hamburgに出場するTRICERATOPSの選手諸君と。堀江氏はほとんど練習もしていないのに、毎年出場して、しかもキッチリ完走しています。多動パワーでしょうか。

 トライアスロン仲間の石原伸伍君と品川港南口にあるシャビーな焼肉屋で一杯。石原くんとは何度か大会で一緒していたのですが、ジックリ腹を割って話したのは初めてです。なんとなく「チョコを売っている若い衆」くらいの認識しかありませんでした。

品川の「いぶりや」で一杯。

 しかし話を聞いて驚きました。彼の売るチョコレートは、昨年のサロン・ド・ショコラで高い評価を得て、何と某航空会社のファーストクラスで供される菓子にも採用が予定されているのだとか。チョコの原料となるカカオ豆の生産量トップ3は、コートジボワール、ガーナ、インドネシアです。そしてナイジェリア、カメルーン、ブラジルと続きます。彼のチョコレートは(現段階ではマイナーな)コロンビア産の豆を使っています。

 コロンビア人はチョコが大好きで、近隣国からカカオ豆を輸入していたそうなのですが、最近になって国内産が、希少な「フィノデアロマ種」であることが判明し、国家戦略の一環として増産が図られ、今やカカオ豆の輸出国になったのだそうです。頂いたチョコを早速食べてみましたが、確かに上品で美味しい。CACAOというブランドで展開しています。これからが楽しみです。女性読者のみなさま。来年のバレンタイン、私にお送り下さるチョコは、こちらの製品でお願いします(笑)。

 クボタ様から素晴らしいプレゼントを頂きました。鋳物で作った完全にワンオフのフェル銘板です。重量実に15キロ。すごいですよ、これは。クボタ恩加島事業センターのみなさま。ありがとうございます。マジ嬉しいです。家宝にいたします。

真鍮製のフェル銘板。宅急便のお兄さんがヒーコラ言いながら運んできてくれました。

コメント25件コメント/レビュー

旧ビートルに対しザビートルは,外見まねただけの駄車という印象だが,
旧ミニに対し新ミニは,うまく引き継いだという印象がある.

これ,ただの主観かね?
なにか客観的理由があるのかなぁ.
ヘッドライトデザインが肝だとか,バリエーションの豊富さが肝だとか,全体に対する寸法比が肝だとか,乗り味が肝だとか・・・

これがわかれば,ブランドというものが理解できる気がする.

ところで最新のミニの顔は,ダイハツに近づいた感じねぇ.
ダイハツはまねしたのち先回りしておくのがうまい印象やなぁ.(2017/08/18 12:28)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「「MINIなのにちっともミニじゃないよね(笑)」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

旧ビートルに対しザビートルは,外見まねただけの駄車という印象だが,
旧ミニに対し新ミニは,うまく引き継いだという印象がある.

これ,ただの主観かね?
なにか客観的理由があるのかなぁ.
ヘッドライトデザインが肝だとか,バリエーションの豊富さが肝だとか,全体に対する寸法比が肝だとか,乗り味が肝だとか・・・

これがわかれば,ブランドというものが理解できる気がする.

ところで最新のミニの顔は,ダイハツに近づいた感じねぇ.
ダイハツはまねしたのち先回りしておくのがうまい印象やなぁ.(2017/08/18 12:28)

4駆について。
天使だか悪魔だか知らないけど、想定が公道だとしたら極限的な話をしてもあまり意味はないと思います。

一般的なドライバーは積雪路や凍結路なら「崖下に突き落とされるような運転」はしないだろうし、乾燥路でそんな運転をするなんて論外です。

知識やドラテクの披露も結構ですが、なんだか一般道での危険運転を誇示しているように思えます。(2017/08/15 22:05)

今回は相手方が技術者などの専門家でなかったぶん、面白さは少し薄まっていると思う。

初ミニが初耳というくだりは面白かった。フェルディナントさんはインタビューとその書き起こしが本当に上手ですね。(2017/08/10 13:07)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授