• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

豊田章男社長「命を賭けてクルマに乗っている」

第347回 トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビュー (その1)

2016年9月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 先週の記事で既報の通り、トヨタ・豊田章男社長スーパーインタビューが遂に実現いたしました。

 ご尽力、またご協力頂いた関係各位に深く感謝いたします。ありがとうございました。

 いつもであればここからヨタに入るところなのですが、頭の固い編集担当者から「読者の皆さんが心待ちにしていたトヨタの社長インタビューです。今回はヨタは勘弁してくださいよ」と泣きつかれ…。ということで、全国1億2000万人のヨタファンの皆さんには大変申し訳ありませんが、早速インタビュー記事に突入いたします。

 豊田章男氏が目の前に座っている。

 連結売上高28兆4000億円の巨大企業の社長が。
 経常利益が3兆円に迫らんとする“あの”トヨタのトップが。
 年間1000万台以上も販売する、名実ともに“世界一”の自動車会社の総帥が。
 静かに微笑み、私の目の前に座っている。

 プリウスPHEVの試乗会に予告なし登板で突然現れた豊田社長。偶然近くにいた人間に声がかかり、緊急の囲み取材が行われた。

 ここで逢うたが百年目。この機を逃したら次はいつお目に掛かれるかも分からない。短い囲み取材の後、私はシツコク広報担当者に食い下がり、単独インタビューに成功したのである。

 広報部メディアリレーション室長の藤井英樹さんから、「社長。こちらが“あの”フェルディナントさんです」と紹介される。

 “あの”って何スか藤井さん。

 一瞬の間が有り、「ああ、あなたが“あの”フェルディナントさん(笑)」と豊田社長が返す。

 何で“あの”で通るんスか豊田社長。

 とはいえ「フェルディナント・ヤマグチ」の名前は天下の大社長にも認識して頂いているようだ。ありがたや。早速お話を伺おう。

 先にも述べたが、単独インタビューは囲み取材の後に、やや強行突破気味に行われた。

 本来であれば時系列に沿って囲みの話から書くべきなのだろうが、質問者が複数であったため、どうしても話の内容は薄くなってしまう。

 貴重な豊田章男社長のインタビューだ。読者諸兄にはコッテリ濃い部分からご堪能頂こう。ショートケーキのイチゴは最初から食べたほうが美味しいのだ。

コメント48件コメント/レビュー

大体、社長がシャリシャリ出て語り始めた企業の業績は、その後ろくな事になってません。トヨタは日本製造業最後の砦なんですから、もっと自重して欲しいものです。豊田社長のやってる事自体には好感を持ってますが、社内で頑張って、外に出るべきではありません。くれぐれも社長がシャシャ出ると会社が傾くジンクスが実現しないことを祈ってます。(2016/10/07 06:25)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「豊田章男社長「命を賭けてクルマに乗っている」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

大体、社長がシャリシャリ出て語り始めた企業の業績は、その後ろくな事になってません。トヨタは日本製造業最後の砦なんですから、もっと自重して欲しいものです。豊田社長のやってる事自体には好感を持ってますが、社内で頑張って、外に出るべきではありません。くれぐれも社長がシャシャ出ると会社が傾くジンクスが実現しないことを祈ってます。(2016/10/07 06:25)

「トヨタが変わった」ことの意味がわかる記事ですね。以前は「買える車」を作るのが「トヨタ」だった。だが,いまは「買ってもらいたい車」を作る「トヨタ」に代わってきているようだ。車好きが自動車会社の社長の条件であるべき時代はまだしばらく続くだろう。だが,一方で「下駄がわり」の生活に密着した車も必要だ。「車を楽しむ」と同時に「車で楽しむ,生活を楽しむ」ような生活のインフラとしてのクルマも見落とさないでほしい。
 ディーゼルエンジンは感慨深い。「日本にもディーゼルが残ったか。」という思いだ。ただ,中学の「技術」科の授業で「ディーゼルは圧縮比が高いから燃費がいい。」とならった気がする。さらに「構造がシンプルで馬力が出しやすい。」とか(予燃焼室とかいろいろ複雑な気もするが…)だから,この記事ではその「ディーゼルの良さ」を犠牲にして「環境性能」を実現しているようにも見える。シリンダーとクランクシャフトの間の部品を増やすか複雑化して「トータル性能」が本当に実現できているのか。そして「カタログスペック」がどんなに良くても,実際の利用場面での性能が明らかに見劣りするようでは,どこかで聞いたカブトムシの泣き声のようだ。「使う人」を一番に考えるクルマ作りであってほしい。この記事からはマツダのエンジニアも車付きのようで安心した。だが,車はエンジニアだけでは利用者に届かない。ディーラーも保守・整備も会社の人事や経理の人たちもみんなで作った「たのしいクルマ」が届くといいと思う。(2016/09/19 13:43)

トヨタ社長のインタビューの後に、マツダディーゼルエンジンのテクニカルインタビュー記事が掲載されたことについて、複数のアンチ意見があったので改めて読んで見ました。私としてはまったく問題はなく、「トヨタ社長に気を使って節操を保って他の週にこの記事を回す」ことの方がよっぽどオカシイです(意図的に回したことは読者に知るよしもないでしょうが)。むしろ特定の大会社に気を使わず、トピックの内容と時事性のみに従ってこれをこの分量で編集後記としてくっつけたことに賞賛を送ります(技術解説の内容は一部「車のうんテク」コラムに既にあるので重複掲載ですが)。フェルさんも、ADフジノさん、そしてヨダさん(Y田さんのこと)他のスタッフの皆さん、応援しています。(2016/09/17 16:58)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長