• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

三菱自の技術者は今何を考えているのか(1)

第399回 三菱自動車 執行役員 鳥居 勲氏インタビュー【その1】

2017年9月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 先日クボタの工場に見学に行ってきたのですが、その際のリポートができましたのでご報告を。日経ビジネスオンラインスペシャルでは、久保(俊裕)代表取締役副社長執行役員に工場をご案内いただき、日経テクノロジーオンラインスペシャルでは、おフランス帰りのピエール種田(敏行)エンジン技術部長にエンジニアのお仕事について詳しくお話をうかがっています。

1300度の高温で、鋳型に流し込まれるのを待つ鉄。10メートル離れていても顔に熱を感じます。

 クボタというと、どうしてもトラクターや田植え機などの農機具のイメージが先行しがちですが、実はもともと水道管の会社で、今では取水から排水まで、一気通貫で主要製品を供給する「水の総合ブランド」です。

 連結売上高は約1兆6000億円と兆超えの巨大企業。海外比率は実に65%と、「隠れたグローバル企業」でもあります。海外志向の学生さんはクボタに入りましょう(入れてくれればですが)。リストラに怯えながら南武線に乗って通勤されている方もクボタに転職しましょう(こちらも入れてくれればですが)。仕事はいくらでもあります。

鋳物が冷えて固まったら、砂で出来た鋳型を崩して中身を取り出さなければいけません。青い作業服姿のオペレーターが見えますでしょうか?アームスーツさながら。すごい迫力です。

 「せっかく工場に来てくれたので」と、鋳物工場の職人さんたちが作って下さったワンオフの鋳物製フェル印プレート。CADで図面を起こして、マシニングセンターでアルミを削り出して木型を作って、それを砂製の鋳型に転写して、ドロドロに溶かした1300度の鉄(現場では”湯を入れる”と言っていました)を流し込んで……。メチャ手間がかかっています。ありがたや。これは貴重品。重量は実に15kg。拙宅の玄関ホールにドカンと飾ってあります。

左からアルミ製の木型、砂の鋳型、そして鋳鉄でできた製品です。工場のみなさま。ありがとうございました!家宝にいたします。

 週末はスーパー耐久 第5戦 富士SUPER TECに行ってきました。先日我々がポルシェで出場した、もてぎのアイドラーズで腕を貸して下さった植松忠雄選手がドライバーを務めるY's distraction GTNET GT-Rを応援するためです。

GT3クラスのGT-R。コックピットはこのようになっています。左ハンドル仕様なんですな。うーむ。スパルタン。

 10時間の長丁場で争われるこのレース。最高時速が100kmも違う複数のクラスが、50台以上も入り乱れて走るので、乱戦が予想されます。

速いクルマにはウエイトハンディが課せられます。ST-XクラスとST-1クラスは、1位に30kg、2位には20kgそして3位には10kgの重りを、車両に積まなかればならないのです。助手席に当たる部分に、このようにネジ留めされています。

 前日の予選は、アタックラップでインタークーラーのホースが抜けて涙のパワーダウン。決勝は6番手でスタートです。順調に順位を上げ、これはイケるかも……と思った矢先に「クルマが真っ直ぐ走らない」と無線が入る。ピットインすると、まさかのドライブシャフト破損。

こちらは通常のピットイン風景。順調に順位を上げていきます。

 この修理に50分もかかってしまい、また他のクルマにさしたるトラブルも発生せず、結果は8位となりました。今回はマシントラブルに泣かされた結果となりましたが、来月の岡山で挽回して、年間ランキング3位入りを目指して頂きたいと思います。

「あー。折れてる……」と溜息が漏れた瞬間。来月の岡山に期待しましょう。

 さてと、久し振りにヨタが長くなりましたが、本編へと参りましょう。

コメント20件コメント/レビュー

リコール隠しで起こした死亡事故を否定しながら発売した、「まじめな車」コルト。
そのリコール隠しの「みそぎは済みました。」と言いながら発売したアウトランダー。
上記を含む(ほぼ?)全ての車で燃費測定の不正を続けていた三菱自動車。

普通の会社なら一度不祥事を起こしたら社内を総点検して問題点を出し切るだろうにリコール隠しの後もリコール遅れや燃費偽装を新たに起こすのは何故なのか?これが知りたい。

三菱自動車の人は「もう二度と信用されない」と言うことを覚悟しているのか?
それとも「三菱自動車は生まれ変わりました。信頼回復されるよう頑張っていきます!」などと夢を見ているのか?
インタビューがどのように纏められるのかにも注目しています。

モータースポーツへの参戦は、負ければ「やっぱり技術が無い」。勝っても「どうせ不正してるんでしょ」と言われるだけだからやめたほうがいいと思う。(2017/09/15 16:21)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「三菱自の技術者は今何を考えているのか(1)」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

リコール隠しで起こした死亡事故を否定しながら発売した、「まじめな車」コルト。
そのリコール隠しの「みそぎは済みました。」と言いながら発売したアウトランダー。
上記を含む(ほぼ?)全ての車で燃費測定の不正を続けていた三菱自動車。

普通の会社なら一度不祥事を起こしたら社内を総点検して問題点を出し切るだろうにリコール隠しの後もリコール遅れや燃費偽装を新たに起こすのは何故なのか?これが知りたい。

三菱自動車の人は「もう二度と信用されない」と言うことを覚悟しているのか?
それとも「三菱自動車は生まれ変わりました。信頼回復されるよう頑張っていきます!」などと夢を見ているのか?
インタビューがどのように纏められるのかにも注目しています。

モータースポーツへの参戦は、負ければ「やっぱり技術が無い」。勝っても「どうせ不正してるんでしょ」と言われるだけだからやめたほうがいいと思う。(2017/09/15 16:21)

鳥居さんが今のポジションにおられるうちに、MMSP(三菱自動車モータースポーツ かつて鳥居さんが社長でした)かラリーアートを復活させて、規模は小さくともモータースポーツに関わって欲しいと願う三菱自動車OBです。(2017/09/13 16:42)

過ちを糾弾するだけの記事にはして欲しくないですね。
不倫報道で「奥さんにワルイと思ってないんですか」とか「なんで不倫したんですか」って鬼の首取ったみたいに記者が詰め寄るのを見ると腹が立つときがある。その記者が普段何やってるのか検証されていない状態で、口だけは成人君主的な糾弾して、大衆の代表みたいな物言いしてるのってむしろ気分悪い。「俺、オメーに代理頼んじゃねーよ」って言いたくなるしね。

もちろん、会社の罪そのものをなかったことにしようとは思わないけど、保身のためじゃないなら釈明してもらって全然いいし、そうそうそんなズルは僕らも結構するしなぁ~とかそんな状況が重なってたんだねぇ・・・ぐらいの気持ちにさせてくれていいと思います。三菱自動車という会社に対して許すとかまた好きになるとかはないにしても、フェルさんに直訴した若い女性社員やインタビューイの人格そのものを傷つける気持ちはないですから。次週「楽しみに」待っています。(2017/09/12 10:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授