• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 三菱自の技術者は今何を考えているのか(1)

レビュー

とても参考になった
 

65%

まあ参考になった
 

22%

参考にならなかった
 

11%

ぜひ読むべき
 

62%

読んだほうがよい
 

17%

どちらでもよい
 

19%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

リコール隠しで起こした死亡事故を否定しながら発売した、「まじめな車」コルト。
そのリコール隠しの「みそぎは済みました。」と言いながら発売したアウトランダー。
上記を含む(ほぼ?)全ての車で燃費測定の不正を続けていた三菱自動車。

普通の会社なら一度不祥事を起こしたら社内を総点検して問題点を出し切るだろうにリコール隠しの後もリコール遅れや燃費偽装を新たに起こすのは何故なのか?これが知りたい。

三菱自動車の人は「もう二度と信用されない」と言うことを覚悟しているのか?
それとも「三菱自動車は生まれ変わりました。信頼回復されるよう頑張っていきます!」などと夢を見ているのか?
インタビューがどのように纏められるのかにも注目しています。

モータースポーツへの参戦は、負ければ「やっぱり技術が無い」。勝っても「どうせ不正してるんでしょ」と言われるだけだからやめたほうがいいと思う。(2017/09/15 16:21)

鳥居さんが今のポジションにおられるうちに、MMSP(三菱自動車モータースポーツ かつて鳥居さんが社長でした)かラリーアートを復活させて、規模は小さくともモータースポーツに関わって欲しいと願う三菱自動車OBです。(2017/09/13 16:42)

過ちを糾弾するだけの記事にはして欲しくないですね。
不倫報道で「奥さんにワルイと思ってないんですか」とか「なんで不倫したんですか」って鬼の首取ったみたいに記者が詰め寄るのを見ると腹が立つときがある。その記者が普段何やってるのか検証されていない状態で、口だけは成人君主的な糾弾して、大衆の代表みたいな物言いしてるのってむしろ気分悪い。「俺、オメーに代理頼んじゃねーよ」って言いたくなるしね。

もちろん、会社の罪そのものをなかったことにしようとは思わないけど、保身のためじゃないなら釈明してもらって全然いいし、そうそうそんなズルは僕らも結構するしなぁ~とかそんな状況が重なってたんだねぇ・・・ぐらいの気持ちにさせてくれていいと思います。三菱自動車という会社に対して許すとかまた好きになるとかはないにしても、フェルさんに直訴した若い女性社員やインタビューイの人格そのものを傷つける気持ちはないですから。次週「楽しみに」待っています。(2017/09/12 10:43)

昔と今ではいじるところが違うから、もう全然面白くないな。
しかし、三菱のエンジンが良く回り壊れないってのはどうなのだろうか?
確かにGTOの高速有鉛モデルはそれなりに楽しいエンジンだったが、その後の時代のランサー、ミラージュ、ギャラン辺りは結構エンジンに致命的な故障が発生し、人命に影響しそうなものまであった。その度にディーラーの対応は自工からの命を受けて動いていたようだが。(2017/09/12 08:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員