• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

美味い!安い!そして煙い! 焼肉ワンダーランド 「ヒロミヤ」

2015年9月26日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。

 前回ご紹介した日本一の呼び声も高い「鮨さいとう」。
 ミシュランの三ツ星ですから、当然といえば当然なのですが、半年は軽く待たされる所謂「予約の取りにくい店」であります。

 今回紹介するお店もまた、さいとう同様に非常に予約が取り辛い。
 半年とは言いませんが、4カ月くらいは覚悟しておいた方が良いでしょう。
 ここで書くことにより、ウェイティング期間がさらに伸びてしまう可能性もあるので、当店を愛する私としては、公開すること自体が自分で自分の首を絞める変態行為にもなる訳ですが、いつも当欄をご贔屓下さる読者諸兄のためです。思い切ってディスクローズ致しましょう。

 ビルの谷間に隠れるように建っている、日本一のバリュー店、「ヒロミヤ」であります。

こちらが曙橋の隠れた名店「ヒロミヤ」であります

 所は新宿曙橋。地下鉄曙橋駅の出口から至近ではあるのですが、ともかく場所が分かり難い。
 グーグルマップも全く役に立ちません。方向音痴の人は、先に行った仲間に電話で誘導してもらった方が良いでしょう。

 店は2階建てで、1階は質素なフツーの焼肉屋、こちらも常に満席ですが、目指すは客の完全自治が実現している、一日一組限定の2階の方です。
 ヒロミヤ2階は、店員さんが肉を運んで来るだけで、あとはすべて客にオマカセという自由放任主義の、肉と酒と煙のワンダーランドなのであります。

 高級焼肉店の一部には、店員が横に張り付いてアレコレと御託を並べながら焼いてくれる店がありますよね。急に売れたお笑い芸人などはそうした「特別扱い」が嬉しいのかもしれませんが、普通に焼肉を楽しみたい人間にはウザく感じることもある。
 女性連れの場合も過度なサービスは迷惑です。何しろこっちは口説きモードに入っているのですから(焼肉屋に行く場合は、既に口説き終えた女性の方が多いですが……)。

店員さんは肉とシメの冷麺を運んでくるだけ。あとは放置です

コメント1

「フェルディナント・ヤマグチの美味礼賛」のバックナンバー

一覧

「美味い!安い!そして煙い! 焼肉ワンダーランド 「ヒロミヤ」」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師