• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える 超高速!時速7.2kmの世界を体験

とても参考になった
 

80%

まあ参考になった
 

13%

参考にならなかった
 

6%

ぜひ読むべき
 

73%

読んだほうがよい
 

16%

どちらでもよい
 

10%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

非常に興味深い内容でした。いいですね!
タイトルどおり、ちゃんと走りながら考えてるし。

開発者インタビューもして欲しかったな~。

もう、三菱とか日産なんてインチキ会社はどうでもいいから、トヨタ、ホンダ、マツダ、スバルあたりとクボタ、あとは部品メーカを持ち回りで入れてと回していけばいいんじゃない?(2017/10/13)

いつも楽しく読んでます
番外編も大好きです!
ワシもマスクすれば橋本マナミに会えるのかの?(2017/10/11)

今回の記事で1番すごいと思ったのはクボタの斎藤さん。津波に押し流されて、5日間かかって徒歩で帰宅したって書いてあるけどどんな状況だったのかと考えてしまった。(2017/10/11)

>耕耘・代搔き・田植え・稲刈り(脱穀)の 全てのッ工程を行える トラクターは、久保田では研究されていないのでしょうか?

えっ!クボタ以外の他社ではそんな機種を研究されているの?
実際使っているものとしては耕運と代掻き、天地返し、堀上は後ろのユニット交換して
トラクタでできます。
田植えと稲刈りは圃場が全く違うこと、作業が全く違うこともありかなり難しのでは?
もし研究されているのならどんなものか見てみたいものです。(2017/10/11)

●コンバイン
クローラー装着車って一度乗ってみたいですね。大昔、デリカにオプション設定があったような・・・今でも同様の乗用車に取り付けられるクローラーってありますよね。
CSの番組でAUDIのR8にクロ-ラー装着したり、R8をドリフト競技仕様にしたり、はたまたベントレーを狩猟用にオフロードを走行できるようにとか、GTRをヴェイロンのゼロヨン対決で勝てるようにするなど海外の番組には楽しいものがありますよね。
それにつけても国内の番組は・・・自動車会社や国交省、はたまた一般視聴者にに配慮しているんでしょうか?このあたりも自動車文化的に日本が劣っている部分だとは思います。

●農業
これからは大組織化して、工業生産的に営むのが効率的に良いんでしょうね。生育もしっかり管理し、安定的に生産・収穫できる。自動化・機械化も進めば肉体的な負荷も随分低減できる。これならば若手もリーマン感覚で就業可能と思います。
一方、日本ブランド的な高付加価値的な農業も並行して進めれば、多角的な経営もできるのではないかな?結構将来性ありそうだけど、結局は外野からの意見なのでしょうか?一番の弊害は農協及び既存従業者なのでしょうかね~。
(産業分野では自動運転は結構進んでますよね。高速道路隊列走行の実現も、もうすぐかな?のMAZDAファンの自動車曲げオタクより)(2017/10/11)

「水冷4気筒直噴ディーゼル」などと仰っていますが、近頃、直噴でないディーゼルが出回っているのでしょうか?
ところで、耕耘・代搔き・田植え・稲刈り(脱穀)の 全てのッ工程を行える トラクターは、久保田では研究されていないのでしょうか?(2017/10/10)

田植え機もコンバイン記事も非常に判りやすい内容で日本の機械類の技術革新を感じます。
クボタ筑波工場をトラクターの生産工程を見学したことも有しています。
一方で農機具の使用頻度や価格から日本の農業の今後を心配されます。
1家に1台の各種農機具や肥料を高い値段で売る農協の基本姿勢が問題です。
何でも高く売りつけるが利益が出る支援をしてくれない農協。
小泉さんも昨年迄農協改革に努力されましたが抵抗勢力は依然強力です。
トヨタの農業支援システムのような取り組みも含めて日本の農業の将来を考える時期だと思います。それでも農家の方々は今回の選挙でも自民党を支援するのだろうか?

記事は大変勉強になりました。(2017/10/10)

いつもの試乗記事も面白いのですが、これはその10倍面白かったです。稲作の作業のノウハウを織り込みながら、この機械のすごさを説明していく流れでその記事の濃さにしびれました。
乗用車の試乗もこれくらいでお願いしまーす!
あと、個人的には自動化・IOT化・運転快適化の著しい油圧ショベルも体験してほしいです。(2017/10/10)

本題からは外れますが、美味しい米飯を食べることのできる幸せに感謝します。私が小学校の社会科で習った時、稲作の北限は北海道の一部までしか達しておらず、また品種も一等米ではなかったはず。それが広い大地で日本人の舌を唸らせる銘柄米を産出するようになるとは、農家だけではない、品種改良の試験場や農機具メーカーも支えていることを実感しました。(2017/10/10)

クボタの農機を使っていますが
SR460インタークーラーターボ付を使っていますが
キャビンなしでも700万円超え・・・
乾燥機もトラクタも何もかも高くていつまでたっても利益なんて出ないのが
実情でして、車みたいに補助してくれんか・と思う次第です。
うちの周りも高齢化がかなり進んでいて集落農業への移行を進めようと
されていますが、変な人(ずるい人)が一人はいるだけでうまく回りません
私は加盟せず個人でやっていますが、機械が壊れたらもう廃業するかもしれませんね
ちなみに、いまのコンバインは全面狩りなので隅刈しなくても問題ないですよ
※オペレータの技術にもよりますが
圃場が緩い場合は、キャタピラを変形させて車高を上げると作業性がかなり向上します(2017/10/10)

農機の進化もさることながら、農業ファッションももう少し進歩してもいいんじゃないかと。農機ロゴのキャップに作業服orつなぎ、足元はゴム長。確かに自分も庭仕事などする時はそんな感じですが、ヤンマーで佐藤可士和さんが提案していたように見た目のカッコよさも農業の近代化や進化のイメージ向上、ひいては後継者問題にも重要な要素かと。カッコいいとか、今だとカワイイとかの要素が農業ファッションにも欲しいですね。最近ワークウエアの会社がファッション化を進めて来てますが、農業も乗り遅れないでほしいです。記念写真の腕組みは流行りなんですか。腕の組み方に個性があって面白いですね。かつてお年寄りから腕あぐらは相手を拒絶する不遜な態度なので控えるべきものと言う話を聞いたことがあります。心理学的にも防御の姿勢と聞いた気がします。企業の紹介写真などでも最近よく見るのですが、どうなのでしょうかね?(2017/10/10)

農業機械の自動運転、GPSを使っていると思いますが、本日上げられた日本の「みちびき」なども精度を上げるために使っているのでしょうか。
もし、みちびきがインフラとして重要になると、現状の4機では心許ない。バックアップに数機必要でしょうけど、予備機に予算ついてるんですかね…。
GPSの高精度化の方法はみちびき以外にもありますから、頼らない方法も採用するんでしょうけれど。
画像認識やAI化により、その場で判断するようになれば、GPSは必要無いかもしれないですし。

ところで、コンバインの開発者インタビューは無いんですか?
フェルさんなら面白い視点引き出してくれそうなんだけどなぁ。(2017/10/10)

身内に農家を営んでいる者が居る身としては、農業の機械化は効率化の重要な手段ではあるけれど、年に一度しか使わないのにも関わらず1千万を超える設備投資を行うことは、経営上のB/Sを圧迫する大きな原因にもなっていることについて触れて欲しかったなとか思いました。(2017/10/10)

じつに素晴らしい取材記事でした。すぐにでも日本の農業政策の抜本的見直しを実施してほしいですね。(2017/10/10)

三菱のパッとしなかった本編よりも今回の番外編の方が面白い!(2017/10/10)

多分一生乗ることのない農業車両なので、「ふーん、そうなんだ~」という感じですね。農業はサイエンスとありますが、もうその時代は通り越して、今や農業は工業と言われています。LED栽培や温度、湿度、pH等のセンサーを使ったIoT技術も浸透し数字で管理される時代になりました。(2017/10/10)

ヨタ話の「機内の湿度も快適なレベルに保たれている。これ、機体にカーボンを多用しているから可能なのです。」下りが気になってしまった。

カーボンは水分に弱いと聞いていたので、???でした。
カーボンで機体を軽量化した分だけ湿度を高められるということなのか気になってしまった。(2017/10/10)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官