• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

他社みたいなことをSUBARUが言うんじゃないよ!

第409回 SUBARU(スバル) インプレッサ【開発者編・その4】

2017年11月20日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 みなさまごきげんよう。
 フェルディナント・ヤマグチでございます。
 今週も明るく楽しくヨタ話から参りましょう。

 クボタの欧州事業を取材するために、オランダ、ドイツ、ベルギーと駆け足で巡っております。クボタ様には友人が経営する田中農園で田植え機とコンバインの試乗をさせていただくなど、相当にムリなお願いをしておるのですが、今回はクボタ最大のトラクターM7シリーズの試乗を行うという、さらなる無理筋を含んだトラベルであります。

 出発前の羽田空港のJALカウンターでチェックインをしていると、「フェルさ~ん」と呼ぶ声が。振り向くとALAPAのチームメートであるJuri Ko Edwards嬢が。ニューヨークへヨガの武者修行に行かれるのだとか。いや、グーゼンでした。

正確に言うとヨガではなく、The Class のGlobal Immersion.なるセッションに参加するそうです。徹底的に身体を追い込んで、「自分の体、頭、心を繋げる」クラスなのだとか。同じチームなのに、この気合の差は何でしょう……。オジサンももう少し頑張ります。

 そしてパリへ向う機内でBALSの高島郁夫社長と邂逅。さらにさらに、パリの空港ではSolaの吉武広樹シェフにバッタリ。Solaは開店からわずか2年でミシュラン1つ星を獲得し、予約が取れない店として有名です。シェフとは一昨年コペンハーゲンのNOMAでご一緒していたのでした。

いやはや、こうもグーゼンが続くと恐ろしい。どこで誰が見ているか分かりません。マジメに生きていこうと思います。

 こちらは世界最大の農機具ショーである、ハノーファーのアグリテクニカ会場。開場を翌日に控えたクボタのブースは最後の仕上げに大わらわであります。ミシュランのスタッフが、巨大なタイヤにデカール貼り付ける作業をしていました。

クボタ最大のトラクターM7。6.1L 170馬力。デカいです。このマシンはフランス製で、日本で売られている車体もフランスからの逆輸入品です。

 しかしアメリカの穀倉地帯で使われるトラクターはさらにデカい。中には500馬力なんて化物のようなトラクターもあります。クボタの大型も、彼の地では中型扱いです。ところがこの「中型」には、これまた特殊なディマンドがありまして……これは後々書いていきましょう。マーケティングの妙が分かるお話です。

アメ車はトラクターもデカい!CASE IH社の巨大なトラクター。

 会場ではクボタの木股昌俊社長にインタビューのお時間をいただきました。こちらの内容は年明けに公開となります。社長の就職秘話も収録予定。これは今までどのメディアにもお話されていない内容です。お楽しみに。

豪放磊落で知られる木股社長ですが、明らかに困惑しておられるご様子です。誠に申し訳ございません。

 設営会場ではランボルギーニの古いトラクターが現役で働いていました。珍しいので写真をパシャパシャ撮っていたら、「そんなに好きなら乗っていいよー」と。ランボはもともとがトラクターのメーカーですからね。

オペレーターの人にいやこれは珍しいですね、と話しかけたら、あんたのほうが珍しいよと言われました。ありがとうございました。

 ということで本編へと参りましょう。SUBARUインプレッサの開発者で、商品企画本部のプロジェクト ジェネラル マネージャー、井上正彦氏のインタビュー最終回(4回目)です。

コメント70件コメント/レビュー

スバルって3ペダルのMTとアイサイトの組み合わせできないんですね。
その時点でマツダより劣りますね。

マツダのアテンザなんかは3ペダルMT+MRCC(マツダの自動ブレーキ、速度追従式オートクルーズ)
の組み合わせが可能で、3ペダルの楽しさ、安全さ、楽さを享受できます。

SKYACTIV-MTをや、NDロードスターに搭載されたFR用3ペダルMTを内製してたり、CVTや
2ペダルではなく、トルコンATを主要ミッションに選んだことを考えても、走りに拘ってる
メーカーはマツダだけでスバルではありませんね。(2017/11/27 13:40)

「フェルディナント・ヤマグチの走りながら考える」のバックナンバー

一覧

「他社みたいなことをSUBARUが言うんじゃないよ!」の著者

フェル

フェル(ふぇるでぃなんと・やまぐち)

コラムニスト

堅気のリーマン稼業の傍ら、細々と物書きの真似事をしております。最近は講演やらテレビ・ラジオへの出演も増えてきました。いったい本業は何なのか自分でもよく分からなくなっています。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

スバルって3ペダルのMTとアイサイトの組み合わせできないんですね。
その時点でマツダより劣りますね。

マツダのアテンザなんかは3ペダルMT+MRCC(マツダの自動ブレーキ、速度追従式オートクルーズ)
の組み合わせが可能で、3ペダルの楽しさ、安全さ、楽さを享受できます。

SKYACTIV-MTをや、NDロードスターに搭載されたFR用3ペダルMTを内製してたり、CVTや
2ペダルではなく、トルコンATを主要ミッションに選んだことを考えても、走りに拘ってる
メーカーはマツダだけでスバルではありませんね。(2017/11/27 13:40)

コメントへ
>MT乗りの人のほうが運転はうまい人が多い気がするけどな
>なにか理由があるのかもしれない

暴走する集団を除けば
・運転と車に対する制御意識が強く、運転中は運転主体の意識が強い
※左手が空くからとスマホいじりとかする集団が少ない
・アクセルによる加減速(得に減速)のレスポンスが良いので少し上手く出来る
※アクションゲームの操作遅延が与える影響に似ている
・操作・運転下手だと不快になるので上手く出来るように意識を高め易い

自分としては、アクセルでの加減速のワンペダルとそのレスポンスが
アクティブセーフティーの一つだと思うね
それでクラッチがあれば遅れて反応するエンジンの動力をカットしてミスのリカバー要素あり

アクティブセーフティーでは最近の
・リアや左後部視界軽視の流れ
が気になるね

軽量化と強度と燃費とユーザの視界軽視(プライバシーとかで見え難くとかしてる)
代わりにカメラ視界でドライバーの視界確保はするけどね
※窓越しに前の車の動きを見る事は昔より出来なくなった(2017/11/26 14:06)

スバルは惜しいんですよね。デザインさえ良けりゃアウディの位置に行けるのに、野暮ったい。
外装デザインは難しいかも知れないが、内装な、ばきちりとバウで作ればセンス良く見えるのに‥
普通の人には車はデザイン8割、残りが2割ですよ。燃費みたいなバカみたいなとこで、競うから車が面白くなくなる。そう思います。(2017/11/24 21:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授