• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

拝啓 「遅刻は絶対に許さない」派の皆さまへ

「たかが遅刻、たかが会議」と割り切ることがあってはダメ?

2016年1月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 今回は「時間と決断」がテーマです。

 事件は、インドネシア空港を午前1時に出発した“機内”で起きた。同機は予定どおり午前8時半頃、徐々に高度を下げ着陸態勢に突入……する予定だった。

 ところが、「着陸準備が出来ていません!」とチーフパーサー(CP :客室乗務員の責任者)から連絡。「エコノミークラス約70人分の食事トレーが、まだ回収できていない。もう少し待って欲しい」というのが理由だった。

 そこで、機長は急遽着陸を断念。上空を旋回して待つことに。

 1回目のトライアルから20分後。「着陸準備完了!」の報告を受けた機長は最終の着陸態勢に入り、同機は午前8時59分、“無事”成田空港に着陸……したはずだった。

 いや、着陸はちゃんとした。だが、ホントは着陸しちゃいけなかったのである。

 な、なんと恐ろしいことに何十キロもあるカート2台を、CAが座席に座り、両手で押さえたままの状態で着陸していたのだ。大惨事にならなかったのは、不幸中の幸い。着陸の衝撃でカートが通路を暴走していたら――。

 実は、これ2005年5月15日の日航機726便で起こったこと。当時、かなり話題になったので思い出された方もいるかもしれない。

「手で押さえて着陸しちゃった事件」を思い出したワケ

 2005年は、飛行機事故の“当たり年”で、前半はJAL、後半はANAで数多くのトラブルが発生。幸い死者や重傷者の出る事故には至らなかったが、少しでも状況が変わっていれば、 大惨事につながっていたトラブルも散見された。

 その中で、もっとも関係者の背筋を凍らせたのが、この「手で押さえて着陸しちゃった事件」だったのである。

 そもそものきっかけは、食事のオーブンスイッチの入れ忘れだ。自らのミスでサービスが遅れていることを正直に伝え、1回目の着陸は回避。が、2回目はウソをついた。

 20分のディレイ(Delay)、さし迫る地上の風景、機長からの2度目の連絡……。そのすべてに、CAたちは極度の緊張状態に追い込まれ、“ありえない決断”をしてしまったのだ。

 「押さえて着陸しよう!」「両手で押さえれば、大丈夫!」――。

 CAであれば、“アノ”カートが、いかに危険か? 何十キロもある“アノ”カートが、着陸時の衝撃で飛び出したらどうなるか? その恐さを百も承知のはずだ。

 にもかかわらず、「着陸準備完了」と機長に虚偽の報告をし、乗客に 「トレーの回収がまだの方は、座席下に収納してください!」と指示を出し、収納が間に合わなかった2台のカートを手で押さえたまま着陸したのである。

 ありえない。正気の沙汰とは、到底思えない。

 ひょっとしたら、あの男性もそんな状況にいたのかも? そうです。み〜んなに迷惑をかけた“アノ”人。

 「大事な会議に遅刻しちゃう!!! もう、歩いていく!!」

 と言い放ち、駅に向かって線路を歩き始めた、40代の男性である。

 「何? それ? 知らないよ~~」と言う方の為に、「大事な会議で降りちゃった事件」をざっとおさらい。

コメント35

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

機械を売るんじゃなくて、電気が欲しい方に電気が起きる装置をソフトも含めて売るビジネスをしていこうと。

田中 孝雄 三井造船社長