• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

KKコンビ世代を襲う「限りなく黒に近いグレー」

「同一労働同一賃金」+「均衡」=ミドル世代の賃金抑制

2016年2月9日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 限りなく黒に近いグレーでも、黒とは雲泥の差があることを思い知らされた気がする……。衝撃のドラフト。日本シリーズでの涙。同世代であれば、誰もが記憶しているドラマがあるだけに、ショックだった。

 戦うものがなくなった、天井ばかり見上げてた、「もう関わらないでくれ!」か。あ~、なんでやねん。というか、黒であることが決定的になり、自分がかなりショックを受けているという事実に、少々驚いている。

 「ってことは今回は、KKコンビについてKKが書くんかい?」

 いやいや、そういうわけではありません。

 ただ、グレーと黒の距離。それをメチャクチャ感じてしまったので、今回はもうひとつの「限りなく黒に近いグレー」を、取り上げようと思う。

 KKコンビ世代といえる40代、とくに40代前半の”氷河”を巡る「グレーと黒」についてである。

アベノミクスの恩恵を全く受けていない世代

 実はあまり報じられていないのだが、アベノミクスの恩恵を全く受けていない年代が、ピンポイントで存在する。

 “氷河期世代”の勝ち組、である。

 「中年フリーター」「中年パラサイト」など、切ないネーミングをつけられる非正規の人たちじゃない。厳しい就職戦線を勝ち抜いた、「大企業の正社員の男性」が氷河に襲われているのである。

 昨年11月に公開された厚生労働省の『賃金構造基本統計調査』によれば、40~45歳男性の賃金だけ、前年比マイナス0.6%。全体では1.3%と上昇しているにも関わらず(男性1.1%、女性2.3%)、この年代だけマイナスだった。

 しかも、

  • 「大学・大学院卒」の『40~45歳男性』は、マイナス1.1%
  • 「大企業」の『40~45歳男性』は、マイナス2.3%

 で、フツーであればエリートとされる人たちが、とりわけ冷たい風にさらされていることがわかった。

コメント24

「河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学」のバックナンバー

一覧

「KKコンビ世代を襲う「限りなく黒に近いグレー」」の著者

河合 薫

河合 薫(かわい・かおる)

健康社会学者(Ph.D.)

東京大学大学院医学系研究科博士課程修了(Ph.D)。産業ストレスやポジティブ心理学など、健康生成論の視点から調査研究を進めている。働く人々のインタビューをフィールドワークとし、その数は600人に迫る。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長