• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学 職場に異変?「オス化」した女たちの逆襲

レビュー

とても参考になった
 

27%

まあ参考になった
 

18%

参考にならなかった
 

54%

ぜひ読むべき
 

27%

読んだほうがよい
 

10%

どちらでもよい
 

61%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

オス化しようがメス化しようが
ジジイになろうがババアになろうが
私は人間としてぴんと背を伸ばして生きていきたい。(2018/02/10 11:30)

ネットにあふれるババア呼びはスルーで、ジジイ呼びにはやたら敏感なんですね。
サラマンダーの話は、女性だけの街に住みたいと呟いただけで、ヒステリックにインフラはどうすんだだの、悪意ある拡大解釈をしたことに対する皮肉なんでは。
女性は、一部男性が期待しているような陰湿な人はばかりではないですよ。残念ですね。(2018/02/10 01:30)

> 当家では逆ですよ。

元のコメントをした者であるが、これは統計を取っていない。そのため前提として、我が家は違うと言われても水掛け論にしかならない話である。だがこうやって反応いただけたように、多くの方の考えるきっかけの一つとなれば幸いだ。

さて、内容については真意が伝わっていないようである。少し考えればわかると思うが、セリフは勿論、責任感の有無と解決方法は無関係だ。また、これは我が子だけでなく、周囲の子供たちを見ていて気付いたことであり、一家族だけの話ではない。それと、女の子とよく遊ぶ男の子は他者に依存する解決法をし始める。逆もまた然りで、他者の影響を受けやすいことも理解しているつもりだ。

そもそも元のコメントは、他者に依存した解決を志向するか否かという能力傾向の話であって、人としての優劣の話ではない。だから「仕事の上では」「本来対立する必要自体が無い」と書いた。偏見の目で見ているというセリフはそのままお返しする。

そしてこれは子供が例であるが、あくまで大人の話をしている。大人に当てはまるという一例として、読者が知っている筆者の話を出した。賢い人は、筆者の主張の多くがこれに該当することに気付くだろう。他にも、嫁姑問題であったり夫の家事を妻が責めるときでも何でも良いが、身近に思い当たるケースがあるかと思う。
とここまで書いて気付いたが、男性目線のため女性には理解し難い内容だったかもしない。少なくとも、ストライキの件を批判的に捉えられない人は「他者に依存した解決」を指す事象が理解できないはずだ。(2018/02/08 21:58)

>ゴマスリ、ヨイショ、密告はむしろ女性の専売特許でしょう?
いつ誰が「専売特許」にしたのかぜひ教えてほしいですね。
従来よりマスメディア含め日本社会で発言力が一貫して高かったのは男性です。その男性達が「専売特許だ」と言い続けてそれがあたかも真実のように思われているだけなのではないでしょうか。

ほかならぬ女性達自身が言っているじゃないか、と言うのなら、なぜ女性は言って男性は言わないのか考えることが必要でしょう。

例えば女性は電車内の化粧など同性の行いを厳しい目で見ますが、男性は痴漢する男性に厳しい批判をしますか?

「パートで悪口ばかり聞く。だから女性の職場は嫌」という女性は多いですが、「パワハラに足の引っ張り合い。だから男の職場は嫌なんだ」という男性に私は会ったことがありません。

河合さんは「出世願望の高い男たちがやってきたような、ゴマスリ(以下略)」と書いていて男性全部がそうだとは言っていないのに、痛い所を突かれたからなのか逆切れして女性全体を貶めるようなコメントを読むと、とても残念な気持ちになります。(2018/02/08 16:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

マネジメント層こそ無人化されるべきだ。

野口 悠紀雄 早稲田大学ビジネス・ファイナンス研究センター顧問